バラに水遣り

2010年5月30日 (日)

ひかりバラ園

Dvc00081 残念ながら我が家の庭ではありませんが・・・。 地元の「ひかりバラ園」を覘いてみました。

続きを読む "ひかりバラ園"

| | コメント (0)

2010年5月23日 (日)

Rosa "Butter Scotch"

2010_0523_004_2 雨の日曜日。 久しぶりに庭に出てみるといくつかバラが咲きはじめていました。
でも例年になく寂しいのは天候不順というよりも、世話係の怠慢によるところが大きいようです・・・。

続きを読む "Rosa "Butter Scotch""

| | コメント (0)

2009年12月27日 (日)

クリスマスローズ

2009_1227_003 昨日、今日と二日にわたって庭の片付け、整理に集中していました。 殺風景なこの時期の庭ですが、寒い中、新芽を伸ばし始めている植物がありました。

続きを読む "クリスマスローズ"

| | コメント (0)

2009年5月24日 (日)

カシワバアジサイ

2009_0524_003 最寄りのJR国立駅前に建っているマンション植え込みのカシワバアジサイは目一杯、房に花を咲かせているのに、ウチのはまだ3~4分咲きといったところです。

続きを読む "カシワバアジサイ"

| | コメント (0)

2008年7月21日 (月)

カサブランカ

2008_07210014 連日の猛暑でヨレヨレにヨタッている庭の草木のなかで、ひとり濃厚な香りを放っている主がこれ、カサブランカです。何年か前に球根を埋めたきり、何の世話もしていないのに毎年純白の大輪を開かせます。

2008_07210016 こちらは梅雨時に、あふれんばかりに沢山の小花を咲かせ重そうに頭を垂れていたカシワバアジサイ。

すっかり変色してドライフラワー状態ですね。

 

 

暑さにめげてしばらく放ったらかしだった庭の手入れ、つまり雑草とりでもするか、と思い立ったもののあまりの荒れっぷりに呆然・・・(笑)

蚊取り線香たきながら、少しずつでも始めるとしますか。

 

 

| | コメント (0)

2008年5月17日 (土)

真打登場

2008_05170024 ゴールデンウィーク明けから次々と咲き始めた我が家のバラも、まだ一生懸命につぼみを膨らませているものも一部あるものの、ほぼ咲き尽くしたようです。

なかでも、我が家のイングリッシュローズの姐御的存在の「アブラハム・ダービー(Abraham Darby 1985年 イギリス)」はまさに真打ちと呼ぶにふさわしい迫力です。

2008_05170021 何と表現するのが一番いいのか・・・、この色合いの美しさは他のバラを圧倒しています。

 

 

 

2008_05170017 こちらはフェンスにからんだオールドローズの「ルイーズ・オディエ(Louise Odier 1852年、フランス)」。小振りなカップ咲きの花を数多く咲かせてくれます。香りも濃厚です。

 

 

 

2008_05150029 バラの育種家なら誰でも一度は挑戦したいと思う「青いバラ」。現代の青バラといわれるバラのほとんどはこれが交配元となっている「カーディナル・ド・リシュリュー(Cardinal de Richelieu 1840年、フランス)」。

退色していくにつれ黒味が増します。

 

2008_05150018 こちらは一転、現代のミニバラ、「コーヒー・オベーション(Coffee Ovation 2000、オランダ)」。

確かに赤茶色ではありますが、コーヒーと名づけるほどコーヒー色をしているわけではありません。

 

2008_05150027 白雪姫の異名をとる「アイス・バーグ(Ice Berg 1958年、ドイツ)」。文字どおり純白のバラです。

壁面から垂れ下がった枝先に、今年はいっぱい花をつけてくれました。

 

我が家のバラの競演もいよいよ佳境を迎えようとしています。

いつまでも見続けていたいのですが、適当なところで花首を切ってしまわないと、ひとつの花で何十枚という花弁が散乱してしまい拾い集めるのが大変・・・(笑)

そろそろツルバラの足元に植え込んでおいたカンパニュラたちがつぼみを膨らませてきました。そしてカシワバアジサイの花房も。

梅雨に入るまで、まだまだお楽しみは続くようです。

 

 

| | コメント (5)

2008年5月10日 (土)

薔薇、ばら、バラ・・・

2008_05100037 今日は朝からあいにくの雨。肌寒いくらいの気温ですが、庭に通じるサッシの窓を開けるとふわぁ~とバラたちの香りが冷たい風とともに部屋に流れ込んできました。

冬場、脚立に乗って多くの棘に悩まされながら壁面に誘引した「バター・スコッチ(Butter Scotch、1986年、アメリカ)」。あっと言う間に次々と花を咲かせてくれました。まだ開いていないつぼみも沢山あるので、明日、明後日にかけてさらに賑わいそうです。

2008_05100021 「フレンチ・レース(French Lace、1982年、アメリカ)」。小振りで細い木ですが、四季を通じてアイボリーホワイトの花を次々に咲かせます。

 

 

 

2008_05100031 ティーローズの「レディー・ヒリンドン(Lady Hilingdon、1910年、イギリス)」。文字通り紅茶の香り。赤く細い枝の先に俯いて咲く可憐なバラです。

 

 

 

2008_05100047 僕が好きなバラのベスト3に入るチャイナ系の「粉粧桜(Fen Zhang Lou、10世紀頃、中国)」。細い枝の先にずっしりと重い花を咲かせるものですから、皆、下を向いています。しかし、この花から漂う濃厚な香りには誰もがノックアウトされるはず・・・。

 

 

2008_05100046 続いてはイングリッシュローズシリーズです。

まずは代表格の「ヘリテイジ(Heritage、1984年、イギリス)」。五分咲きのこの状態から想像できませんが、満開の花はクシュクシュに花弁を詰め込んだ菊のように咲きます。

 

2008_05100023 こちらは純白の「グラミス・キャッスル(Glamis Castle、1992年、イギリス)」。病気に弱く、冬場、枯れてしまったかと半分諦めていましたが、どうやら生き返ってくれたようです。

 

 

2008_05100024 満開の「エブリン(Evelyn、1991年、イギリス)」。イングリッシュローズの中では一番香り高いように感じます。アプリコットオレンジの色合いはまさにイングリッシュローズ!といった印象です。

 

 

それぞれ、今朝の瞬間を撮影したものですが、開花が進むと「えっ?」と思うくらい別の表情を見せてくれるのも、バラの楽しみのひとつでしょう。

キラキラした陽光を受けたバラもきれいですが、どうも僕が収集するバラは今日のような春雨のなかでしっとりと咲くのが似合う種類が多いように感じます。

きっと一日中、ボ~ッと庭を眺めていても絶対に飽きないことでしょう(笑)

 

 

| | コメント (2)

2008年5月 6日 (火)

バラ開花

2008_05050087 ゴールデンウィーク、京都へ帰省している間に庭にあるいくつかのバラが開花しました。

まずは大好きな一重のバラ、デンティ・ベス(Dainty Bess、1925年、イギリス)。大きな花弁が風にゆらゆらと揺れる様はなんとも優雅です。

2008_05050088 オレンジというよりゴールデン色と表現するのが相応しい「ゴルデルゼ」(Goldelse、1999年、ドイツ)。名前の由来は以前、こちらに書いたとおりです。

 

 

 

2008_05050002 帰省する朝、撮影したチャイナ系の「コンテス・ドゥ・セーラ」(Comtesse du Cayla、1902年、フランス)。

 

 

 

2008_05050093 で、帰ってきたらすでにピークを過ぎていました。でもこのバラはまだ次々と花を咲かせるので、ベストショットはこれからです(笑)

 

 

 

2008_05060006 こちらは壁面に誘引したつるバラ「バター・スコッチ」(Butter Scotch、1986年、アメリカ)。

バター色というか、ミルクティーの色をした大輪の花を壁面いっぱいに咲かせてくれます。もうすでに数十ものつぼみがはち切れんばかりの状態でスタンバイしています。楽しみです。

 

2008_05060014 おなじみの「カクテル」(Cocktail、1957年、フランス)。一重咲きの小振りなバラです。赤と黄色の単純なコントラストですが、白いフェンス一面に咲くとやはりきれいですね。

朝の陽光を透かした様子はまるで電灯が灯ったようです。

 

 

2008_05060004 こちらはバラではなく、クレマチス。

北側玄関横のカーポートのフェンスに少し絡ませて放ったらかしにしていましたが、今年は多くの花をつけてくれました。

 

 

 

庭や玄関横の植栽コーナーに、およそ40種類のバラが植わっています。すでに足の踏み場はありません(笑)

これからイングリッシュローズをはじめ、まだまだ咲きます。毎朝、出勤前の庭チェックが本当に楽しみなシーズンになりましたね。

 

 

| | コメント (0)

2008年4月12日 (土)

ルイ14世

2008_04120028 春の陽射しをいっぱい浴びた庭では早くもルイ14世(Louis XIV、1859年、フランス)が咲いていました。今年の一番バラです。

しかし、このベルベット調の深紅のバラ、なかなか見たとおりには写真に写ってくれなくて苦労しました(笑) 手触り良さそうなベルベットの感触はなかなか伝わらないことと思います。逆にドクドクした葉脈がくっきり写っていたりして・・・難しいですね。

2008_04120003 こちらは地面を割ってニョキリと太い芽を出したユリ、カサブランカです。

また、今年もこんにちは!

 

 

2008_04120005 鮮やかなライムグリーンの葉を開かせはじめたニセアカシア「フリーシア」。

葉が繁ると特別な存在感を示します。

 

 

2008_04120008 「オーレオマルギナータ」という品種のホスタ。

これに限らず、開かせたばかりの瑞々しいグリーンの葉はどれも本当にキレイだし、見ているだけで元気が出てきますね。

 

 

2008_04120017

クンクンと鼻を鳴らして春の空気を吸い込んでいるパル君も気持ち良さそうです。

 

 

 

 

さて、ポカポカ陽気に包まれるかと思ったら、明日の日曜日は雨。来週も降ったり止んだりが続くみたいです。せっかくの春なのに自転車に跨るタイミングを捉えるのも難しいですね。

 

 

| | コメント (0)

2008年2月17日 (日)

バラの剪定③

さて、2週間にわたって(だらだらと・・・、笑)行ってきたバラの剪定ですが、これで終わりにしたいものです。

大輪の花をいっぱい咲かせてくれるつるバラ、バタースコッチ(Butterscotch 1986 アメリカ)の根元からニョキニョキと伸びた2本の極太シュートを壁面に誘引します。でも昨年、誘引用に壁面に張った針金では高さが足りなくなり、もう一段高いところに1本張ることに。

2008_02170002 まずはアルミサッシにドリルで適当な穴を開けます。

 

 

 

2008_02170003 穴には針金の一方を結わいつけるネジを取り付けます。

 

 

 

 

2008_02170006 針金のもう一方は、反対側のアリミサッシに開けた穴にご覧の通り結わいつけます。

 

 

 

2008_02170010 で、脚立にまたがって奮闘した結果がこれです。

ゴムびきの軍手をつけたままでは指先の細かい作業ができないため、素手で誘引しましたが、おかげでバラの棘で手の甲には無数のキズと血が・・・(笑)

バラの棘でやられたキズって結構ズキズキと痛みが残るんですよね。

 

さて、昨日以上に冷たい寒風吹きすさぶ中、鼻水たらしながら(笑)頑張ったんだから、いい花見せてくれよ! という感じでしょうか・・・。

来週末は天気がよければ久しぶりに自転車で遠出したいと思います。

 

 

| | コメント (0)