« 八丁峠 | トップページ | 引越しました »

2014年11月 8日 (土)

大岳山 御岳山

Dscf2120

足下の秋を見つめてみたくて、御岳山。

Dscf1888

夕方には雨が降るというので、頑張って早起き。もちろん御岳山ケーブル下からは、ケーブルカーに吸い込まれるハイカーたちを横目に、45分間の参道歩き。

Dscf1892

特に色付くでもない、杉並木をひたすら・・・

Dscf1901

頂上集落ではモミジが真っ赤に。

Dscf1905_2

標高900m超の御岳山山頂の武蔵御嶽神社も今が真っ盛りと言っていいでしょう。

Dscf1907_2

黄色も紅もばっちり。

Dscf1909

あいにくの曇り空ですが、眩いばかりのオレンジ。

Dscf1911

いつもの狛犬っていうか、狼の前で。残念ながらこの青空はほんの一瞬だけ。

Dscf1922

本日の行程の無事をお祈りしたら、お楽しみのロックガーデンへ。

Dscf1930_2

まだまだ青い葉も多いのに、足下は落ち葉が積もって。

Dscf1937

苔と紅葉の組み合わせを探しますが、なかなか思い通りには・・・(笑)

Dscf1947

青い木々に混じって、黄色く染まった木々も。

Dscf1956

これまでの紅葉サイクリングとは違って、足下ばかり凝視して歩きます(笑)

Dscf1961

晴れていればもっと映えたのかもしれませんね。

Dscf1992

綾広の滝を振り返ってみたあたり。

Dscf2002

さて、ロックガーデンを楽しんだら、お次ぎは大岳山へ。

Dscf2007

ロックガーデンから約40分、大岳神社を過ぎると山頂ももうすぐ。

Dscf2010

天気予報どおり、ガスガスの山頂(1267m)。それでも次々にハイカーが到着します。

Dscf2013

保冷剤を巻き付けて担ぎ上げてきた缶ビールで乾杯! いつもの通り、カップラーメンとおにぎりのランチです。

Dscf2026

混み合ってきた山頂を後に、御岳山へ戻るとしましょう。

Dscf2043

杉の植林帯が多く、山肌全体が燃えるような光景は見られませんが、一生懸命頑張って燃えれば皆に注目されるっていうメリットが(笑)

Dscf2046

紅よりも黄色いモミジが目立ちましたね。

Dscf2051

ロックガーデンの手前で、少し寄り道をして。

Dscf2061

時間の経過で色があせてしまったのか、それとも元々こういう色のモミジなのかな・・・

Dscf2074

そしてこの圧巻! タイトル写真はこれにしようかと迷いました(笑)

Dscf2078

いやぁ、たまらん!

Dscf2086

足下の秋を、なんて言ってもやはり木々が燃えてこその秋です。

Dscf2089

これはなんという名前の木だっけ?

Dscf2102

同じロックガーデンですが、往路と復路とでは見える景色が違うこともあるだろうと、いつも往復(笑)

Dscf2118

山肌を賑わす紅葉も、こうして一葉一葉の美しさがあってこそ。

Dscf2133

そしてそれら一葉一葉と苔の絶妙のマッチング。

Dscf2137

時間は13時半。まだまだロックガーデンを訪れるハイカーは後を絶ちません。中間地点の休憩スポットはご覧のとおりの人・ひと・ヒト・・・。

Dscf2146

長尾平に戻ってきました。向こうに見えるのは日ノ出山(902m)

Dscf2159

御嶽神社の山門をくぐると、そこには十月桜が。

Dscf2168

青梅の街、その向こうは秩父の山々。

Dscf2169

この花の名は?

Dscf2170

御岳山、見納めの紅葉。

Dscf2175

ケーブルカー駅へ向かう途中、山頂集落の民家前で。張り紙のコメントが何とも気が利いてます(笑)

Dscf2183

さて、今日の行程もそろそろ終わり。右上が御岳山山頂の御嶽神社。それを取り囲むように山頂集落の家々。

Dscf2185

ケーブルカーの一番前に陣取って。ったく、小学生のガキじゃあるまいし・・・(笑)

Dscf2202

JR御嶽駅前の御岳橋から。玉堂美術館前のイチョウはあと少しかな。

Dscf2203

橋の反対側へ。今日はカヌーの競技会かな。

Dscf2209

駅前のコンビニで缶ビール買い込んで、15時39分のホリデー快速に乗り込みます。

週末はあいにくの天気予報。青空と紅葉のコントラストを楽しむような山歩きやサイクリングはできそうにないので、では、足下の落葉を楽しむ山歩きでも・・・。だったらここしかないでしょう、ってことで御岳山へ。
苔生す岩と落葉のコンビネーションは期待どおりでしたが、それ以上に今にも泣き出しそうな黒く厚い雲の下で燃えるような木々を楽しむことができたのは想定外のラッキーでした。

 

 


|

« 八丁峠 | トップページ | 引越しました »

ハイキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 八丁峠 | トップページ | 引越しました »