« 高尾山 景信山 | トップページ | 八ヶ岳高原ライン、瑞牆クリスタルライン »

2014年10月11日 (土)

編笠山 権現岳

Dscf1054

秋晴れの八ヶ岳。

Dscf0985

せっかくの三連休ですが、台風19号の接近で後半の天候が心配。
金曜日、会社帰りの電車のなかで「さて、どこ行こう?」と迷ったあげく、翌朝4時出発で中央道を飛ばして八ヶ岳へ。
予定通り1時間50分で到着した観音平の駐車場はすでにこの状態。ギリギリ滑り込みセーフ(笑)

Dscf0986

朝の清々しい林の中をスタート。ヒーン、ヒーンという鹿の鳴き声を遠くに聞きながら。

Dscf0988

トリカブト

Dscf0990

特徴的な花なんだけど、名前が・・・

Dscf0994

急登ですが、久しぶりの八ヶ岳という高揚感と紅葉の彩りを楽しみながら。

Dscf0995

そして振り返ると・・・

Dscf1001

あぁ、気持ちいい!

Dscf1002

勾配はさらに増し、岩がゴロゴロ。

Dscf1006

ヤマハハコ

Dscf1010

アキノキリンソウ・・・、だと思います。

Dscf1008

八ヶ岳といえば、苔!

Dscf1022_2

登山口から2時間40分、編笠山(2524m)に到達。※HDR撮影

Dscf1024

まずはお決まりの・・・

Dscf1040

右にターンすると、南アルプスの主峰たち。

Dscf1027

さらに右へ。ちょうど真ん中一番奥に今なお白い噴煙をあげ続ける御嶽山。
多くの犠牲者の冥福をお祈りするとともに、深い泥濘のなか懸命に捜索を続ける自衛隊の皆さんに心から敬意を表します。

Dscf1029

北八ヶ岳の峰々。左から蓼科山、北横岳、双耳峰の天狗岳。
この写真の左手には槍ヶ岳をはじめとする北アルプス連峰も見えましたがカメラには収めること叶わず、残念。

Dscf1057

360度の眺望を楽しんでいるうち、どんどん人が増えてきたのでそろそろ退散です。

Dscf1058

樹林帯を抜けると積み重なった大きなゴロゴロ岩。青い屋根の青年小屋から向こうに見えるギボシ、さらに右手の権現岳が今日の目標です。

Dscf1015

ゴロゴロ岩手前で、ホシガラス発見!

Dscf1062

青年小屋。「遠い飲み屋」、立ち寄りたいけどガマン、ガマン(笑)

Dscf1064

青年小屋からはご覧の急登。一歩、一歩・・・

Dscf1063

何という花か分かりませんが、花後の綿毛もキレイ。

Dscf1068

ようやく「のろし場」まで。まだまだ先は長い・・・

Dscf1069

のろし場から先はこのようなガレガレ。さぁ、登るんだ!

Dscf1070

ガレガレの急登の途中にこのような癒しが。イブキジャコウソウ。

Dscf1072

ほとんど葉を落とした稜線のダケカンバのなかでかろうじて・・・

Dscf1077

振り返ると・・・、編笠山、青年小屋、少しハゲたところがのろし場、そしてガレガレの急登を這いながら登ってくるハイカーたち。

Dscf1087

最後のクサリ場。さすがにすれ違いは気をつけないと危ないぞ。

Dscf1095

権現岳手前の特等席!
北八ツの蓼科山から南八ツの主峰、右から赤岳、横岳、硫黄岳、阿弥陀岳!

Dscf1093

さて、ラーメンを煮る準備ができたら、まずは乾杯だ!

Dscf1108

ラーメン食べてお腹を満たしたら、最後の目標、権現岳頂上(2715m)に。

Dscf1110

こんなスペースしかない山頂なので、記念写真も岩に張り付くようにして(笑)
背後の岩の上に立つ人も多いようですが、意気地のない僕にはとてもとても・・・(涙)
だって岩の向こうは垂直の断崖なんですよ。

Dscf1115

稜線はすっかり葉を落としていますが、2000m以下では紅葉真っ盛りの様子ですね。
谷のずーっと向こうが出発点の観音平。よく歩いたなぁ〜。

Dscf1125

三ツ頭(2580m)まで下りてきました。左が権現岳。

Dscf1128

もう少しアップで。左から、のろし場、ギボシ、権現岳。

Dscf1130

さあ、ここから樹林帯へ突入。

Dscf1138

関西弁で大声でしゃべりまくるジジババ隊。「町内会の役員がどーたらこーたら」などとしょうもない話。森に耳を傾けながら静かな山行を楽しみたい僕にとってはホンマ、迷惑千万やで・・・。

Dscf1141

遠望が利くのもこのあたりまで。編笠山とコル部に見える青年小屋。

Dscf1142

権現岳もこれで見納め・・・

Dscf1162

樹林帯、後半はこのような笹原の唐松林のなかを延々と・・・

Dscf1159

ハンゴウソウの花後でしょうか、綿毛が美しい。

Dscf1164

綿毛と打って変わってマムシソウ、ドギツイなぁ〜。

Dscf1169

最後は八ヶ岳横断歩道。よく整備された遊歩道ですが、以前、熊が目撃されたとの情報もありますので熊鈴必携で。

Dscf1172

三ツ頭からちょうど2時間半、15時に出発点の観音平駐車場に到着。
もう喉、からっから。さっさと片付けて、小淵沢IC手前のセブンイレブンへ急げ!(笑)

本日の歩行距離、約12km。
三連休のうち、晴れマークが出ていたのが土曜日だけ。日帰りサイクリングで行けるところはまだ紅葉には早そうだし、奥多摩の山々もまだだし・・・。前夜、急きょ決めた八ヶ岳行きですが朝3時起きの甲斐がありました(笑)
2年前(2012年)の7月にも同じコースを歩いていますが、その時は沢山の夏の花を撮りました。今回の写真を振り返ってみると、紅葉というよりむしろ秋晴れの青い空が印象的だった気がしますがいかがでしょうか。今も深呼吸すると標高2700mの山頂での清々しい空気が鼻を伝わってくるようです。

 

|

« 高尾山 景信山 | トップページ | 八ヶ岳高原ライン、瑞牆クリスタルライン »

ハイキング」カテゴリの記事

コメント

UGの兄♭♭♭さん

こんばんは。
UGの兄♭♭♭さんはTOMで八ヶ岳山麓を走られていましたね。
高原ラインの紅葉、そろそろ見頃のようです。今週末にしようか、来週末にしようか・・・。

限られた紅葉期間を限られた休暇のなかでハイクとサイクリングをどのように組み合わせて楽しむか、贅沢な悩みです(笑)

投稿: さだぼん | 2014年10月17日 (金) 22時43分

先日の信州ツーリングで観音平に登ったときに、駐車車両の多さに辟易したのですが、その先にこんなすばらしい世界があるのですね。

自転車ツーリングでは絶対に見られないような景色の数々、これからもたくさん見せてください。

投稿: UGの兄♭♭♭ | 2014年10月16日 (木) 20時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高尾山 景信山 | トップページ | 八ヶ岳高原ライン、瑞牆クリスタルライン »