« 燕岳〜大天井岳〜常念岳 一日目 | トップページ | 巾着田、曼珠沙華 »

2014年9月15日 (月)

燕岳〜大天井岳〜常念岳 二日目

Dscf0320

北アルプス縦走、二日目。最高の眺め、最高の感動・・・

Dscf0310

昨夕、メシ食いながら眠ったおかげで睡眠十分!(笑)
4時に起床後、テントを片付けながらまだかまだかと・・・。
5時20分、遠く浅間山の背後から日の出。

Dscf0313

雲ひとつない快晴時とはまた違った、まるで水たっぷりの筆で描いたような朝焼け。妙高山、火打山方面を望みます。

Dscf0315

そして最後はこの燃えるような赤!
この陽光を正面から受けたモルゲンロートに輝く槍ヶ岳がタイトル写真です。

Dscf0333

さて、光のショーを堪能したら、テント場からわずか10分で登頂出来る大天井岳へ。
青空の見えない高曇りですが、今日は昨日と打って変わり稜線の景色が思い切り楽しめそうです!

Dscf0327

日の出見物の客が一巡した頂上は僕を含めわずか3〜4人。一番高級なカメラ機材を持っていた人にシャッターをお願いしました。
いい写真を撮ってもらおうと思ったら、これが正解!(笑)

Dscf0332

南方向には正面に富士山、その右は南アルプスの北岳。

Dscf0344

大天井岳登頂は空身でしたが、さて、また18kgを背負って大天荘を出発です。

Dscf0346

今日は彼ら4人組と最後まで抜きつ抜かれつ、でした。
目指すは右端に黒く見える常念岳。

Dscf0351

最高の稜線歩き。

Dscf0354

こんな稜線、歩くだけで贅沢ってもの! 雲海の向こうは左手に八ヶ岳、右手に富士山と北岳。

Dscf0358

同じような写真ばかりになってしまうけど、撮らずにはいられない!

Dscf0357

3年前に登った奥穂高岳(中央)、2年前に登った北穂高岳(右手)。いずれも写真に見える涸沢カール最低部のテント場からのチャレンジでした。

Dscf0372

う〜ん、身も心も洗われる清々しさ!

Dscf0374

正面奥、黒く尖った前穂高岳の向こうに見える乗鞍岳、そして最奥の御嶽山がわかりますか?

Dscf0381

さあ、いよいよクライマックスの常念岳が全容を現しましたね。
赤い屋根は常念小屋。まずはあそこで腹ごしらえしなきゃ。

Dscf0383

これから一ノ沢まで下る常念小屋に宿泊した登山者たちの列。
きっと昨夜も混み混みだったんだろうな、1畳あたり3人とか・・・(汗)

Dscf0384

自家製インスタント槍ラーメンで腹ごしらえしたあとはいよいよ!

Dscf0389

それにしても急登の連続。あのてっぺんが頂上だと思って頑張ってきたのに・・・

Dscf0390

偽ピークでした(涙)
さらに右手のホントの頂上へ向けて踏ん張ります。
ところで、先行する水色ジャケットは御歳68! お互い単独行なので一ノ沢まで下山したら一緒にタクシー乗って運賃浮かせよう、と常念小屋を出発する際に声をかけてもらったのですが、その健脚ぶりにひと回り以上年下の僕は舌を巻くばかり・・・(汗)
沼津のNさん、ありがとうございました。おかげで楽しい山行になりました!

Dscf0392

さてホントの頂上まであと少し!

Dscf0399

北アルプス縦走、最後の常念岳(2857m)!
標準コースタイムどおり、常念小屋から約60分の行程でした。でも空身でこのタイム。18km背負っていたら果たして登頂出来たかどうか・・・

Dscf0397

祠の横に槍を入れて、と注文どおりに撮っていただきました。

Dscf0400

槍ヶ岳〜南岳。今度は来月の三連休、それとも来年のお楽しみ?

Dscf0403

昨日から歩き続けた、燕岳〜大天井岳、そして常念岳に至る稜線を一望。
しかしよく歩いた、歩いた・・・

Dscf0423

頂上からの下り、またまた雷鳥にお目にかかることが出来ました。
ん?でも今日はガスってないけど・・・、あっそうか、これから天気が下り坂へ向かうってことなのね。

Dscf0433

このガレガレ道じゃ、帰りは楽々・・・とはいきません。

Dscf0435

槍ヶ岳、二日間の行程を見守ってくれてありがとう。また会う日まで!

Dscf0438

常念小屋から約30分、早くも沢の流れと合流です。
この後の行程、ずっと沢の瀬音に癒されながらも、長い長〜い道のりです。

Dscf0439

大天井テント場を一緒にスタートした4人組。結局、最後の一ノ沢まで一緒でしたね。

Dscf0441

今年もシーズン中、何度もクマが目撃されている一ノ沢ですが、ま、これだけ登山者が多けりゃ警戒して出てくることはないでしょう・・・などと油断大敵?

Dscf0444

一ノ沢から予約しておいたタクシーでJR穂高駅へ。
一緒だったNさんはこれから温泉入って駅前に停めたマイカーで車中泊して明朝ご帰宅とのこと。

Dscf0445

JR穂高駅のホームから、今回登った山々がすべて望めるんですね、知らなかった。
この後、松本駅でビール飲んでソバ食って、あずさ30号で無事帰宅。

本日の歩行距離、約12km。昨日からの合計約22km。
いやぁ、昨年夏の白馬岳〜唐松岳以来の久しぶりのアルプス行き。
晴れていようが、ガスがかかっていようが、この雄大な山塊のなかに身を置いているという幸福感はやはり何ものにも代え難い癒しです。
それにしても、年齢と足腰は無関係! 寄る年波に抗うことはできないけど、せめてそのスピードを1年でも2年でも遅らせるための努力は惜しんじゃダメですね!
68歳になっても常念の急登をガシガシ歩ける足腰を備えていたいもんだなぁ。

 

|

« 燕岳〜大天井岳〜常念岳 一日目 | トップページ | 巾着田、曼珠沙華 »

ハイキング」カテゴリの記事

コメント

ぱぱろうさん

自転車で峠のピークに立つと、その向こうに見える峰々の頂に立ってみたいと思い、後日その山へザック担いで登る•••。私の場合はこんな繰り返しです。
同じ山でも自転車で見たり感じたりすることと、歩きでのそれとはまた違うところが楽しみでもありますね。

投稿: さだぼん | 2014年9月24日 (水) 12時51分

おはようございます。合戦尾根から常念まで、ワタクシも若いときにテント担いで行ったことがあります。モルゲンロートということば久々に聞いてそのときのことを思い出しました。いまは山の方は休止中ですがそのうちに復帰できるかな・・?と思ったりしました。

投稿: ぱぱろう | 2014年9月21日 (日) 05時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 燕岳〜大天井岳〜常念岳 一日目 | トップページ | 巾着田、曼珠沙華 »