« 花脊峠〜佐々里峠〜美山 | トップページ | 堂平山(876m) »

2014年8月17日 (日)

レンゲショウマ

Dscn4593

今年もまた御岳山に妖精たちが舞う季節に。

Dscn4561

御嶽始発(7:10)のバスに間に合うように、6時4分立川発の青梅線に飛び乗って。

Dscn4563

ケーブルカーを横目に見ながら、約50分の参道歩きスタート!

Dscn4571

昨夜の天気予報では晴れだったはずなのですが、ガスガス・・・。
でも、顔面にミストシャワー、気持ちいい!

Dscn4574

今日の目的の花はただひとつ!
でも登山道脇に咲く小さな花はいつでも大歓迎です。

Dscn4579

あぁ、今年もまたこの花に出会えた!

Dscn4585

まさに標高900mを舞う妖精。

Dscn4588

そしてその妖精を早朝から追いかけるカメラマンたち。
コンデジの僕は、申し訳なさそうに彼らの合間を失礼して、モデルになれなかった妖精を・・・

Dscn4592

今年はしっぽりと霧に濡れた妖精、がテーマ?

Dscn4609

開花前のつぼみに垂れたしずくが脇役をつとめます。

Dscn4617

このしずくに陽光が当たったら・・・、って贅沢ですよね(笑)

Dscn4624

約一時間、思う存分に妖精の撮影会を堪能しました。

Dscn4631

お次は、いつものロックガーデンへ。

Dscn4635

今日のロックガーデンは水量も多く。
でもガスが濃過ぎて・・・、視界20mといったところでしょうか。

Dscn4642

なのでどうしても目線は足下に集中してしまいます。
カサカサ動くものが、と思ったらカジカでした。

Dscn4644

涼しげな沢の流れ、そして心洗われる瀬音。

Dscn4648

ふと目を上げると、異空間に引き込まれそうなガス・・・

Dscn4662

今日は水量が多いから、普段気がつかない水の流れが滝状に。

Dscn4672

ロックガーデンの終着点、綾広の滝もきょうは迫力があります。

Dscn4680

さて、このままUターンして御岳山に戻る当初の予定でしたが、歩き足らないので大岳山(1266m)へ。

Dscn4681

綾広の滝からちょうど一時間、大岳山頂に到着。
こんなガスガスで眺望がまったく効かない日でも多くのハイカー、さすが人気の山。

Dscn4683

5月に訪れた時は、この向こうにスカッと富士山が見えましたが、今日は厚いガスの向こうの富士山に乾杯!

Dscn4686

いつものとおり、カップラーメンのランチを終えて、御岳山へ戻るべく腰を上げるとご覧の通りの人だかり。
時刻は正午を10分ほど回っていますが、いやぁ、皆さん、お好きですなぁ(笑)

Dscn4688

大岳神社で復路の無事を祈願して。

Dscn4703

再び、ロックガーデンに戻ってくるとこの行列!!
時計を見ると13時20分、こんな時間に来るもんじゃないな(笑)

Dscn4705

そしてロックガーデン中間地点の休憩スポットもご覧の通り。
でもみんなランチ囲んで楽しそうだし!

Dscn4712

これも恒例、御岳山頂の御嶽神社(929m)で家内安全を祈願。

Dscn4717

ガスはますます濃くなっていくようです。
計画ではこのあと大塚山を経由して一時間半ほど歩いて下山する予定でしたが、足はついついケーブルカー乗り場へ向かってしまいます(笑)
だって、このガスのなかもうひと山越えるなんて、とてもそんな気には・・・

Dscn4718

ちゃっかりケーブルカーの人となって楽々下山!(笑)

東京の奥入瀬とも呼ばれる、御岳山ロックガーデン。
毎日うだるような暑さが続くなか、みんな考えることは同じですね。ガスガスとはいえ、頬に心地よい涼風が吹き抜ける沢筋をたどるハイキングは何よりの避暑となることでしょう。
でも願わくばレンゲショウマの群生地は、そっと物好きなカメラマン達だけのものにしておいてくださいね。

 

 

 

|

« 花脊峠〜佐々里峠〜美山 | トップページ | 堂平山(876m) »

ハイキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花脊峠〜佐々里峠〜美山 | トップページ | 堂平山(876m) »