« パル、天国へ | トップページ | 花脊峠〜佐々里峠〜美山 »

2014年7月23日 (水)

棒ノ嶺 969m

Dscn4417

久しぶりの山行、何ヶ月ぶりだろう・・・

Dscn4405

電車とバスを乗り継ぎ、名栗湖へ。

Dscn4407

登山口にて。「ゴミと命は持ち帰ろう」って(笑)、まぁ、確かに。

Dscn4411

この時期の低山歩きは暑さもハンパなく相当の覚悟が必要ですが、棒ノ嶺へ向かう白谷沢(シラヤサワ)は天然のクーラーが効いているかのような涼しさを感じることができます。

Dscn4414

プチ沢登りを楽しめるこのコースはこの時期にうってつけ。

Dscn4421

おなじみのゴルジュを抜けます。さすがに平日のせいか、前後にハイカーの姿無し。

Dscn4424

わずか6〜7mの滝ですが、一度でいいからロープを伝って登ってみたいな。

Dscn4436

水の流れを見ているだけで癒されますね。

Dscn4438

この時期の山歩きでは花に遭遇するチャンスがめっきり少なく。今日、唯一といっていい花の名は?

Dscn4442

さて、白谷沢の沢歩きを楽しんだら、棒ノ嶺山頂を目指して・・・
せっかく作られた階段ですが、一歩一歩の膝への負担が大きいためか、並行して伸びる踏み跡を辿ります(植生保護の観点からは×ですね)

Dscn4443

登山口から約2時間で棒ノ嶺山頂に。
人気の山もさすがに平日のこの時間なので、一番乗り!

Dscn4446

さっそく保冷剤でキンキンに冷やしてきた缶ビールで乾杯!

Dscn4448

缶ビールとカップラーメンのブランチを終えたら、ベンチで横になってうつらうつら・・・
棒ノ嶺の先は、尾根筋伝いに岩茸石山〜高水山へ。
途中、毒々しい黄色が鮮やかなキノコ。ひとくち食べたら即刻全身が痺れてしまいそうですね(笑)

Dscn4450

棒ノ嶺から約2時間、岩茸石山に到着。高水三山のひとつ、人気の山ですから平日とはいえこの賑わい。

Dscn4452

棒ノ嶺から辿ってきた稜線を振り返ります。こんなに歩いてきたんだ・・・

Dscn4453

さて、今日は花の代わりになぜかキノコが目に付く一日でした。
これも・・・、やっぱり食えないのでしょうね。

Dscn4456

極めつけはコレ!
直径10cmはあるでしょうか、テーマパークのアトラクションに出てきそうな絵になるキノコ?

Dscn4458

これくらいだと、食べても害がないのかも。
なんだか、今夜の夕食に舞茸汁が飲みたくなってきた・・・(笑)

Dscn4459

高水山登山口まで下りてきました。
ここ奥多摩の山々はいつだってクマと共存。目撃されるもなにも、この山塊では数多くのクマが暮らしているのだから。その中に僕たちが入り込んでいるだけ。

Dscn4460

普通の民家?で、このようなお札が配られていました。
ありがたく頂戴しました。お守りとしてザックに忍ばせておきますね。

Dscn4461

駅へ向かう途中、民家の庭ではユリの花が芳醇な香りを漂わせて・・・

Dscn4464

もう、これだけが楽しみだったかのように、駅前の商店でガリガリ君と缶ビールを速攻で調達!
ハフハフとのどを突き刺すような冷たいガリガリ君を食べているうちに電車が。
ガンガンと冷房の効いた車内で、今度は缶ビールをグビッ!と(笑)

あぁ、幸せ・・・

 

 

|

« パル、天国へ | トップページ | 花脊峠〜佐々里峠〜美山 »

ハイキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パル、天国へ | トップページ | 花脊峠〜佐々里峠〜美山 »