« 高尾山 | トップページ | パル、天国へ »

2014年5月13日 (火)

海沢探勝路、大岳山(1267m)

Dscn4205

ライムグリーンのシャワーを浴びに、奥多摩へ。

Dscn4171

早朝6時過ぎに家を出発。直前まで降り続いた雨はピタッと止んでくれました。
8時にJR奥多摩駅に到着すると、約5kmの海沢林道を約1時間てくてく・・・

Dscn4175

9時、ようやく登山口に。さっそく新緑の木々がお出迎え。

Dscn4179

数分歩くと、三つ釜の滝。

Dscn4184

続いてはネジレの滝。

Dscn4198

最後は大滝。新緑の合間から陽光が射してきました。天気予報どおり!
ライムグリーンに染まった水しぶきを浴びながら、しばしポカ〜ン・・・。あぁ、癒されるわぁ。

Dscn4206

さぁ、ここから地図上では破線で示されたバリエーションルートで大岳山目指しましょう。

Dscn4209

バリルートの悪路をハァハァしながら。しんどくてついつい足下ばかりに目が向いてしまいますが、おかげでこんなスミレにホッコリ。

Dscn4215

ようやく稜線に。ライムグリーンを背景に、ツツジの紫も映えます。

Dscn4217

新緑の稜線プロムナード。

Dscn4220

こんなに可愛いミニチュアのスミレも。

Dscn4221

登山口から約2時間半。頂上が見えました!

Dscn4225

富士山が目に飛び込んだ途端、誰もいないと思って「ヒャッホー!」などと年甲斐も無く叫声あげたら、女性ハイカーが一人先着していました(あぁ、恥ずかし・・・、笑)

Dscn4226

家から標高1267mを担ぎ上げてきた缶ビールでまずは乾杯!
家を出たときの曇天はどこへやら、すっかり青空が広がって。おまけにジリジリ暑いんですけど・・・

Dscn4232

カップラーメンとおにぎりのランチを楽しんだら、さて、お次ぎは御岳山目指して歩き出しましょう。
おや、このスミレ?はこれまでとは葉の形がまったく異なりますね。

 

Dscn4239

ヤマブキ、そしてライムグリーンの散歩道。

Dscn4241

本日4つ目の滝は、綾広の滝。ここからお楽しみのロックガーデンがスタート。

Dscn4253

綾広の滝を背に振り返ると・・・、眩いばかりの新緑!新緑!

Dscn4261

上を見上げても!

Dscn4269

足下の水辺にはネコノメソウ。

Dscn4274

ヒメレンゲ。

Dscn4277

なんか、こう、こーゆーこじんまりした箱庭的な感じが好みなんですね、僕は。

Dscn4290

ツルキンバイ。

Dscn4295

ラショウモンカズラ。

Dscn4293_2

振り向くと、新緑ドーーーン!

Dscn4298

絵になりそうな水の流れを片っ端からパチリパチリ!

Dscn4312

もう一丁!

Dscn4327

ミヤマハコベ、可愛い!

Dscn4328

ロックガーデンですっかりリフレッシュできたら、御岳山山頂の御嶽神社にお参り。

Dscn4333

山頂集落の土産物屋も平日で閑散。

 

 

Dscn4335

ケーブルカーはケチって、参道を約50分トボトボと下ります(これが膝にキクんですよね・・・、涙)

Dscn4343

最後は御岳渓谷にかかるこの橋を渡れば、JR御嶽駅まであと800m(えっ、まだそんなに歩くの・・・)

Dscn4347_2

15:20、JR御岳駅到着。次の上り電車までちょうど10分。
暑くてもう喉カラッカラ。駅前のコンビニで缶ビールとアイスを買い込んで(生き返ったぁ〜、笑)

本日の歩行距離、約20km。
久しぶりの休日、久しぶりの山歩きにしてはちょっと欲張りすぎたかな(笑)
でも、明日の朝、駅の階段上る時のあの筋肉痛がなんとも心地よいんですよね。どうせ疲れるならこんな清々しい疲れ方じゃなきゃ!
それにしても、朝、奥多摩駅に着いた時は14℃でヒンヤリ、それが家に帰ったら24℃!
でも今日は京都でも30℃を記録したとか・・・
移ろう季節の早いことといったら!

 

 

|

« 高尾山 | トップページ | パル、天国へ »

ハイキング」カテゴリの記事

コメント

BLKさん、おおきに!

エイザンスミレでググってみると確かにそのようです。
比叡山の「エイザン」なのに全国区のスミレみたいですね。

投稿: さだぼん | 2014年5月16日 (金) 19時38分

さだぼんさん、こんにちは。
や、あの富士山を見たら、誰でもヒャッホー!って叫びますわ(≧∇≦)

葉がギザギザのスミレは、以前うちの植木鉢にも出てきました。
エイザンスミレ?

投稿: BLK | 2014年5月15日 (木) 12時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高尾山 | トップページ | パル、天国へ »