« ハナネコノメ | トップページ | 高尾山 »

2014年4月 5日 (土)

都幾川桜堤 秩父高原牧場

Dscn3960

毎年恒例。

Dscn3938

立川駅から輪行したものの、ひと駅進んだところで人身事故・・・。
予定時刻より約1時間遅れで明覚駅をスタート。

Dscn3943

ワンパターンだけど、今年もまた来ちゃいました。
このご時世、毎年同じ場所で同じ景色が見れるというのはむしろ有り難いくらい。

Dscn3952

約2kmに及ぶ河岸堤の桜の帯。
あのトンネルのなかをくぐり抜けるもよし、こうして遠目に眺めるのもよし。

Dscn3950

やっぱりくぐり抜けちゃおっと(笑)

Dscn3956

毎年定番のルートに定番の景色。
毎日「現状を変えなきゃいけない!」と必死になっている仕事の一方で、変わらない、変わっちゃいけないモノがありますね。

Dscn3958

この風景もそのひとつ。

Dscn3967

そしてこの風景も。
下里分校、今年もいいタイミングで訪れることができました。10人くらいでしたでしょうか、朝早くから多くのカメラマンで賑わっていました。

Dscn3986

分校近くのカタクリ自生地。
すでに多くのカタクリが色褪せ、花弁もダレていましたが、比較的シャキッとした株を見つけてパチリ!

Dscn3989

いつもは一瞥するたけで通り過ぎてしまう歩道橋。
でも、桜のなかのトラス橋はまさにドンピシャの絵になる構図。

Dscn3996

そしてこちらも毎年恒例、林道栗山線。
河岸堤の整った桜並木もキレイですが、峠道の野趣溢れる桜もまた一興。

Dscn4000

これもおなじみ、桃畑。

Dscn4005

林道ピークの眺望スポットで、コンビニおにぎりの昼食。

Dscn4011

まさに春爛漫。

Dscn4014

県道11号線まで下ったら、今度はキツ〜イ361号線を登り返し。
キツ過ぎて途中の写真は無し(笑)、稜線に出て眺望が広がった所でようやく・・・

Dscn4015

わざわざ登り返したもこれを食べたかったから?
生乳ソフト、このボリューム!この美味さ!

Dscn4017

二本木峠付近の路肩にふと目をやると、可憐なアズマイチゲ。

Dscn4024

釜伏峠手前の眺望スポット。
左手には長瀞の町、向こうに見えるは御荷鉾山。

Dscn4027

正面には冠雪の浅間山が。

Dscn4028

中間平から望む関東平野。向こうに筑波山。

Dscn4032

14時30分、袋詰めした愛車を抱えて寄居駅ホームへ。
次の八高線まで50分待ち・・・、待合室でワンカップをグビッと(笑)あとは電車の中でグッスリ・・・。

本日の走行距離、52km。
しかし、52kmとはいえ久しぶりのランドナーで標高400mの林道栗山線と同じく650mの秩父高原牧場(県道361号線)の二つのピークを超えたせいか、もうヘロヘロ。
睡眠4.5時間で自宅をあとにしたせいもあって、帰りの電車ではグッスリ眠ることが出来ました(笑)
毎年恒例のルートですが、何度走っても里山を背景にした春爛漫の景色にはホント癒されますね。
疲れたからこそ、また明日元気になれる、そんなサイクリングを楽しめたように思います。

 

 

 

|

« ハナネコノメ | トップページ | 高尾山 »

サイクリング」カテゴリの記事

コメント

INTER8さん

朝が早かったせいでしょうか、この日は一人の自転車乗りにも出会うことなく行程を終えました。
そうですね、透き通るようなライムグリーンの林の中に身を置いて深呼吸できる季節がもう間もなくですね。

投稿: さだぼん | 2014年4月11日 (金) 00時52分

こんばんは。
土日は各方面のツーリストが都幾川沿いの桜を中心としたお花見ツーリングを行ったようですね。
僕も本当なら行きたかったのですが、愛車(自動車の方)を修理中だったので車載で向かえませんでした。
桜が終わると駆け足で新緑の季節へ突入ですね。

投稿: INTER8 | 2014年4月 9日 (水) 01時09分

kiyaさん

コメントありがとうございます。

ワンパターンだけど、いつ訪れても心安らぐマイコースがあるっていいですよね。
きっとまだまだあるだろうマイコース候補をもっと貪欲に探索せねば、と思うのですがついついお決まりのコースで満足してしまう自分がいます(笑)

投稿: さだぼん | 2014年4月 8日 (火) 00時44分

はじめまして。

素晴らしい景色ですね(^o^)
この国の春がすべて詰まっているのではないでしょうか。
春以外の季節でもツーリングに最適なコースなのではないかと思います。

私もワンパターンでも心安らぐ景色を見つけたいと桜の帯を見て思いました。

投稿: kiya | 2014年4月 7日 (月) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハナネコノメ | トップページ | 高尾山 »