« 大菩薩峠(1897m) | トップページ | Bonne Annee ! 2014 »

2013年12月21日 (土)

鷹ノ巣山(1737m)

Dscn3622

南岸低気圧の接近により一昨日から降り積もった雪。実にタイミングよくとれた休日で雪遊び・・・

Dscn3550

今日向かう鷹ノ巣山登山口へのバスは7:55発。

Dscn3552_2

JR奥多摩駅から約40分。いつもの登山口、峰谷着。でも土曜日だというのに、バスを降り立ったのは僕を含め2人だけ。絶好の雪遊びのチャンスなのにね。

Dscn3560

木々の霧氷が朝日に溶け出してキラキラ。キレイ!

Dscn3561

雪化粧を施した奥集落。文字通り東京最奥の集落。
ここからいよいよ登山開始。

Dscn3565

昨日までのトレースはありますが、今日はまだ誰も足を踏み入れていないみたい。

Dscn3570

またこの景色に会えた。ホント、気持ちいい!

Dscn3578

そしてほぼ予定どおりの11:40、避難小屋に到着。
北八ヶ岳にでも来たような雰囲気がいいですね。

Dscn3580

避難小屋前のベンチ。積雪50cm!(笑)

Dscn3582

小休止のあとはいよいよ鷹ノ巣山山頂へ!

Dscn3589

右手を見れば、富士山ドーーーーン!
でも今日の富士山はこれがベストショットとなりました。

Dscn3597_2

そして後ろを振り返ると・・・
七ツ石山、その向こうに雲取山、飛龍山、さらにその先は南アルプス連峰。

Dscn3592

ところが、昨日までのトレースが昨夜の雪ですっかり埋まってしまい、ラッセル!ラッセル!
おかげで避難小屋から標準タイム30分で到着出来る山頂まで50分もかかってしまいました。あぁ、しんど。

Dscn3604

ようやく、鷹ノ巣山山頂へ。

Dscn3608

さっそく、登山口(標高600m)から担ぎ上げてきたビールで乾杯!
でも残念なことに、ラッセルに喘いでいるうち、富士山は雲の中へ。

Dscn3611

ビールのお次ぎは、鍋焼きうどん!(笑)

Dscn3615

皆さん、静かにそれぞれのランチタイム。それにしてもこんな深い雪の鷹ノ巣山は初めてだな。

Dscn3618

今日もいつものとおり、石尾根をのんびり歩いて奥多摩駅まで、と予定していたのですが、なんとト、トレースがない!一昨日雪が降ってから誰も歩いた様子がありません。
う〜ん、何度も歩いているルートなので道迷いの心配はないけど、また数時間ラッセルじゃ、とても日没までに奥多摩駅に到着できそうにないな。すでに前半のラッセルで30分以上予定オーバーしているし・・・

Dscn3633

というわけで、エスケープルートとして奥多摩三大急登で知られる稲村岩尾根ルートを下りることに。さすが急登だけあって滑るわ、尻餅付くわの連続です(笑)
写真は急登を終えて稲村岩をグルッと巻いたあたり。

Dscn3635

鷹ノ巣山山頂から2時間近く。日原街道からルートを振り返ります。
一番向こうが鷹ノ巣山、手前の烏帽子のような山が稲村岩。

Dscn3636

バス停前の岡部酒店。バスの時間までまだ40分もあるので、ちょっと寒いけど缶ビールを買って待ちます。

Dscn3637

東日原バス停は、公衆とは思えないほど清掃の行き届いたトイレを併設しているので安心してビールを飲めます(笑)

本日の歩行距離、約11km。
鷹ノ巣山へは今年2月に登って以来。その時ももちろん雪でしたが、積雪50cmの鷹ノ巣山は初めて。いやぁ、楽しかった!(笑)
石尾根縦走は残念でしたが、山頂の皆さんが稲村岩尾根ルートへエスケープしていくのに一人だけラッセルに挑んでいたら今頃どうなっていたことやら・・・。
でも手軽に雪を楽しめる山がこんなに近く(アクセス1.5〜2時間)にあるのだから、無理は禁物ですね。
さぁ、お次はどこ登ろうかな〜、でも休みなかなかとれそうにないし・・・(涙)

 

 

 

|

« 大菩薩峠(1897m) | トップページ | Bonne Annee ! 2014 »

ハイキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大菩薩峠(1897m) | トップページ | Bonne Annee ! 2014 »