« 奥日光 | トップページ | 八丁峠(1240m) »

2013年10月27日 (日)

本谷川渓谷、木賊峠(1670m)

Dscn3139_2

オレンジ色のシャワーをたっぷり浴びてきました。

Dscn3077

毎年この時期になると訪ねる本谷川渓谷。山梨県北杜市観光協会のHPでは10/22付の記事で「見頃!」と。しっかし、休みがとれずようやく。
いつものとおりケチケチ各駅停車の旅を決め込んで、まだ夜空に星が瞬く早朝5時に家を出発。5:37発の電車に乗って、さぁ!
今日は遠征試合でしょうか、○△中学校のバスケットボール部員達のスポーツバッグに包囲された我が輪行袋・・・(笑)

Dscn3078

2時間半かけて辿り着いたJR韮崎からはお気に入りの茅ヶ岳広域農道を。
左手に見えるのは、甲斐駒ケ岳、仙丈ヶ岳、鳳凰三山(右から)

Dscn3080

右手に見えるは茅ヶ岳(1704m)。今日走る木賊峠が1670mだから、ほぼあの山のてっぺんと同じ高さまでこれから登るってわけだな。

Dscn3084

そして正面には八ヶ岳。今日はどの山登っても最高の眺望が広がってそうだな。

Dscn3087

えっちらおっちらと韮崎から登り基調を延々23km。

Dscn3089

韮崎から約2時間でみずがき湖に到着。紅葉、黄葉・・・と一気に秋景色。
ベンチで温かいココアを飲みながらひと息・・・。

Dscn3093

そして通仙峡へ。

Dscn3099

期待どおりの錦屏風が広がります!
もう、ニタニタが止まりません(笑)

Dscn3102

増富温泉郷へ。

Dscn3105

温泉郷から先は釜瀬林道に。さぁ、いよいよ紅葉のトンネルへ!

Dscn3115

まずはお腹を満たさなきゃ(笑)

Dscn3118

いつもの休憩ポイントで、いつものとおりわかめスープとコンビニおにぎりのランチ。それにしても最近のコンビニおにぎりはよく出来ているな!

Dscn3129

さぁ、ここから先は約50mごとに撮影会の繰り返し・・・(笑)

Dscn3140

関東の奥入瀬と呼ばれるのも、うなずけますね。

Dscn3157

今日は日曜日なのに、紅葉狩りのマイカーも意外なほど少なく。

Dscn3178

さて、本谷川渓谷に別れを告げて大野山林道へ。木賊峠への登坂開始です。

Dscn3188

この時期、本谷川渓谷とあわせて何度も走っていますが、いつも枯れ落ちていて、こんなに赤く染まった大野山林道は初めてです。本谷川渓谷の紅葉とセットで楽しめるなんて何とラッキー!

Dscn3190

まるで僕のこと歓迎してくれているようで、嬉しいな!

Dscn3195

大野山林道は最初10%の勾配が約2.5km、唐松林が見えるとぐっと勾配が緩やかに、そして峠直前の約1kmが再び10%勾配となります。

Dscn3199

後ろを振り返って頂上に五丈岩がそびえる金峰山が見えると10%勾配の始まり。
ローディーの方が後ろから迫ってきましたね。
「コンチハ!」「・・・」 挨拶しないローディー、多いですね・・・(笑)

Dscn3208

ようやく木賊峠(1670m)に!

Dscn3203

ご覧のとおり、今日は富士山もバッチリ!

Dscn3205

手前の山は燃えるような彩り!今までで最高の木賊峠だな!

Dscn3212

峠でゆっくり眺望を楽しんだら、お次は身体が冷え冷えするようなダウンヒルに!
黒平からの野猿谷林道は「落石恐れ」による通行止めのため、僕ひとりの貸し切り状態!

Dscn3213

昇仙峡の紅葉はまだ先のようですね。

Dscn3219

千代田湖で今日一日を振り返りつつ・・・

Dscn3220

甲府市街まで一気に駆け降りるとしましょうか。
今日の富士山は最後までクッキリでしたね。

本日の走行距離、70km。
台風一過、素晴らしい青空が広がりました。HPの紅葉情報を見て以来、うずうずして仕方の無かった本谷川渓谷を楽しむことが出来ました。おまけに木賊峠への道中の紅葉も。
ここ奥秩父では1000〜1300mあたりが紅葉見頃となっているので、奥多摩の峠ももうそろそろですね!
休みと天候と紅葉がうまくタイミング合うといいんだけどなぁ(笑)

 

 

 

|

« 奥日光 | トップページ | 八丁峠(1240m) »

サイクリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 奥日光 | トップページ | 八丁峠(1240m) »