« 名栗 | トップページ | 奥武蔵GL、堂平山 »

2013年9月23日 (月)

瑞牆山(2230m)

Dscn2533

久しぶりの二連休、昨日はサイクリング、今日は山登り、とフル活動!

Dscn2479

毎年、新緑や紅葉の季節にサイクリングで訪ねる瑞牆山。登ってみたいと思ってはいたものの「まぁ、いつでも登れるから」となぜか足が遠のいていました。
でも今日は思い切って。

Dscn2482

早朝6:16分の電車に乗って、韮崎まで各駅停車の旅。
韮崎からは1時間15分のバス行程。ようやく登山口の瑞牆山荘に到着したのは10時05分。あぁ、長い旅だった(笑)

Dscn2483

登り始めるといきなり、今にも転がり出しそうな巨石の群れ。いかにも奇岩の山、瑞牆らしいオープニングです。

Dscn2484

瑞牆山の全景に触れるスポットは行程中、ここだけ。山頂付近がガスに覆われていますが、願わくばこれ以上ガスがかかりませぬことを。

Dscn2485

登山口からほどなく、富士見平小屋に。
「瑞牆方面に向かわれる方はハチにご注意を!天鳥の手前あたりで巣を突かれて気が立っています。すでに3人が刺されています」と、小屋番の若者。

Dscn2489

いくつかのアップダウンを繰り返し、天鳥川に。
ブーンブーンと飛び交うハチの姿も無く、ひと安心。

Dscn2490

続いては、名物「桃太郎岩」出現。

Dscn2492

どれだけ大きいのかと言うと・・・、ほら右の階段を下るハイカーと比べてみて下さい!

Dscn2493

岩の間を縫うように、

Dscn2498

そして岩をかき分けるように進みます。いや、ホント楽しい!

Dscn2503

そうこうしているうちに、大ヤスリ岩が目の前にドカーーーンと出現!
いや、噂には聞いていましたが実際目の当たりにするとスゲェ迫力!

Dscn2509

そして頂上(2230m)に。ガスガスで遠望はまったくききません。

Dscn2524

遠望はダメだけど、山頂直下でスモークの演出を受けてそそり立つ大ヤスリ岩に乾杯!

Dscn2521

そんな大ヤスリ岩をとことん楽しむクライマーたち。やるなぁ・・・。

Dscn2518

僕はと言えば、瑞牆ラーメンの出来上がり!(笑)

Dscn2535_3

結局、ガスに包まれた山頂からの眺めはこの大ヤスリ岩だけでしたが、見慣れた南アルプスや八ヶ岳の眺望よりも迫力の点では間違いなくNO.1!
それにサイクリングで瑞牆公園から見上げるだけだったこの岩を山頂から見下ろすことが出来た満足感でもう十分!

Dscn0384

あっ、ちなみに今年の5月、サイクリングで瑞牆山を訪ねた時の写真がこれ。
おぉ、大ヤスリ岩がそそり立っていますね!

Dscn2538

山頂を後にして、大ヤスリ岩を振り向くと・・・
上の写真でロープにつかまっていた赤いヘルメットに青いジャケットのクライマーは何と、女性だったのですね!

Dscn2540

そして再び、富士見平小屋に。山頂を退散した時間が早かったせいか、まだ14時前。
この調子なら14:25のバスに間に合いそうだな。

Dscn2541

せっかくなので、美味しいと評判の水場で補給。
今夜の焼酎のお供に(笑)

Dscn2546

14:15、瑞牆山荘到着。
いやぁ、コンパクトな行程ながら、とても楽しめる山行でした。

本日の歩行距離、約6km。
増富ラジウムライン、クリスタルラインと瑞牆山の周辺はいつもグルグル自転車で走り回っているのに「行こうと思えばいつでも」という距離感のせいか、これまで一度も登ったことのなかった100名山、瑞牆山。今日やっと実現しました。
いやぁ、それにしても片道わずか3kmの道のりがこれだけ楽しい山登りはなかなかありませんね!
少しでも安く!をモットーに各駅停車利用のため、バス便含め往復約7時間のアクセスに対し、4時間半の行程でしたが大満足の山行となりました。

 

 

 

|

« 名栗 | トップページ | 奥武蔵GL、堂平山 »

ハイキング」カテゴリの記事

コメント

INTER8さん

ほんのわずかな距離ながら、変化に富んだ行程が楽しいルートですね。
しかし、いつも自転車で走っている道をバスに揺られて、というのもなんだか不思議な感覚でした。よくまぁ、こんな坂道を走っていることだ。。。、と(笑)

投稿: さだぼん | 2013年9月26日 (木) 07時31分

この山は頂上からの眺望も素晴らしいですが、登りの道程もアスレチック気分で楽しめますよね。僕もまた登りたくなってきました。

投稿: INTER8 | 2013年9月26日 (木) 00時27分

RPさん

はじめまして、コメントありがとうございます。
私なぞ、瑞牆山頂から大ヤスリ岩を覗き見るだけで、足がすくむ思いでしたのに、あのてっぺんに立たれたとは!
金峰山頂の五丈岩にも登られているのでしょうね、きっと。
私は見上げるだけでしたが(笑)

投稿: さだぼん | 2013年9月24日 (火) 22時27分

こんにちは。
富士見平小屋の雰囲気は変ってませんね。
昔の奥秩父の雰囲気が残っているような気がしました。
大ヤスリ岩の頂上には、一度立ったことがあります。
アンカーにくくり付けられたテルモスの中に、記帳用のノートが入っていたことを思い出します。
貴記事を拝見して、昔の記憶が蘇りました。 

投稿: RP  | 2013年9月24日 (火) 12時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 名栗 | トップページ | 奥武蔵GL、堂平山 »