« 京都 美山 | トップページ | 大岳山、御岳山 »

2013年5月 5日 (日)

平沢峠、信州峠、瑞牆クリスタルライン

Dscn0371

GWですからスコーン!と抜けた景色の中を走ってみたくなりました。

Dscn0341

早朝5:24発の各駅停車で一路、小淵沢へ。

Dscn0343

予報どおり、スコーン!と抜けた青空が待っていました。

Dscn0344

どうせ走るなら美しい景色を少しでもと欲張って、小淵沢から八ヶ岳高原線に乗り換えずに八ヶ岳高原ラインを清里まで約20km走ることとしたのですが、これが後々ボディーブローのように効いてくることに・・・

Dscn0345

高原ラインの右手、八ヶ岳牧場の向こうに見えるのは左から鳳凰三山、北岳(3193m)、甲斐駒ケ岳(2967m)。

Dscn0350

3月に権現岳に登ったとき、ここ「まきば公園」からスタートしました。あれからまだ2ヶ月足らずか・・・
今日も権現岳(左)、赤岳(右)ともスコーン!とクッキリ。

Dscn0355

紅葉スポット、東沢橋。スコーン!と向こうに見渡せるのは権現岳。

Dscn0369

清里から平沢峠を目指しますが、序盤の登りがキツく、ついつい押し歩き(笑)
なんとか到着した峠の展望台駐車場にはクルマがびっしり!さすがGW・・・

Dscn0372

スコーン!とひらけた展望台から八ヶ岳の全容が一望のもとに。あぁ、こんな八ヶ岳の眺望があったんだ・・・。
左から権現岳(2715m)、赤岳(2899m)、横岳(2829m)、硫黄岳(2760m)

Dscn0358

俺もこういう老後を送りてぇもんだなー(笑)

Dscn0374

さて、峠をおりて川上村に入ったら、しばらく八ヶ岳にお別れです。

Dscn0377

信州峠への登り。なんでもない勾配のように見えますが、八ヶ岳高原ラインと平沢峠で消耗した脚はもうヘロヘロ・・・

Dscn0378

信州峠、頂上。

Dscn0379

信州峠からのダウンヒル途中、左手に望む瑞牆山(2230m)と金峰山(2599m)。頂上の五丈岩がクッキリと望める金峰山はまだ残雪が多そうですね。
しかし、この脚の調子であの
瑞牆山のふもとの公園まで辿り着けるだろうか・・・。道のりはこれまで以上にキツい勾配が続くし・・・と今日はやけに弱気な僕。

Dscn0382

ホウホウの体でなんとかみずがき公園近くまで。あの奇岩の山を間近に見ると脚の不調なんてなんの!

Dscn0384

登りたい、登りたいと思いつつまだ一度も登ったことのない百名山。今年こそは!

Dscn0388

みずがき山自然公園。予定よりも1時間遅れの到着ですが、グロッキー寸前の脚を休めつつ、芝生にゴロンと寝転がってオニギリをパクつき、コーヒーを湧かします。

Dscn0392

瑞牆クリスタルラインのピークが瑞牆山荘。瑞牆山の登山口でもあります。
時間は14時。早くも登山を終えた多くのハイカーたちが韮崎行きのバスを待っています。

Dscn0400

まだ芽生えたばかりでスカスカの空間ではありますが、新緑のなかを走るとなんだか元気がもらえるような気になる単純な僕。

Dscn0406

さぁ、本日最後のスコーン!はここ茅ヶ岳広域農道でキメます。
右に甲斐駒ケ岳、北岳、鳳凰三山。背後に八ヶ岳。そして正面に富士山を見ながら快走できるお気に入りのルートです。

Dscn0408

後半の快走が奏功したのか、途中1時間超の遅れも韮崎駅に到着したら予定時間より30分も早かったという結果に。

Dscn0410

快速ビューやまなし号。普通運賃でボックスシートで面倒な乗り継ぎもなし(今朝は立川〜大月〜甲府〜小淵沢と3本乗り継ぎ)。おまけにちょっとはみ出ていますが(笑)、輪行袋の収納スペースも。

本日の走行距離、91km。
早朝5時台の出発とはいえ、小淵沢到着は8時過ぎ。距離を考えると時間ばかりが気になりましたが、16時前にはしっかりゴールイン。
スコーン!と抜けた景色の気持ち良さ以上に(疲れたぁ〜、キツかった〜)という思いが上回るランでしたが、近郊の林道沿いの情緒を楽しむランとはひと味違うGWならではの走りが楽しめたようです。

 

 

 

|

« 京都 美山 | トップページ | 大岳山、御岳山 »

サイクリング」カテゴリの記事

コメント

齋藤電鉄ryuさん

いえ、別に逡巡(=ためらう、しりごみする)しているわけではありませんので・・。
たまたま今まで登る機会が無かっただけのことです。

投稿: さだぼん | 2013年5月14日 (火) 23時14分

山荘からだと、チョッと登って 一旦、沢まで降りて登り返すような
ルートだったと思いますが、カブ(小児ボーイスカウト)の子供らも
元気に上がって行く、労力より絶景が遥かに嬉しい山でした。
そこで逡巡するあたり、さすが 山男、鼻が利きますね。^^

投稿: 齋藤電鉄ryu | 2013年5月14日 (火) 16時26分

INTER8さん

そうですか、瑞牆山、楽しみだなぁ〜。
サイクルマルシェ?
そんなイベントがあるのですか・・・
ググってみましたが、当日は仕事のため行けそうにないですね。
もっとも、僕にとって興味の対象となるヴィンテージは1930〜50年代なので、まぁ、スルーしても後悔なしです。

投稿: さだぼん | 2013年5月 7日 (火) 22時57分

瑞牆山へは2回だったか3回だったか登ったことがあります。岩をつたってアスレチック気分で登る道です。眺め最高ですよ~
5月の末にサイクルマルシェっていうヴィンテージ系フリマがあるようですね。さだぼんサンが好む年代と合うかどうかは分かりませんが。

投稿: INTER8 | 2013年5月 6日 (月) 22時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京都 美山 | トップページ | 大岳山、御岳山 »