« 昭和記念公園 | トップページ | 常寂光寺 祇王寺 »

2013年4月18日 (木)

北高尾

Dscn9956_2

自宅最寄駅から電車で約30分、運賃410円の先にささやかな癒しのパラダイスが待っていました。

Dscn9923

朝6時発の電車で向かうは高尾山。冬の最中、シモバシラを見に来て以来、約3ヶ月半ぶり。

Dscn9921

山頂に至るまでに見られた花は、シャガや・・・

Dscn9922

チゴユリなど・・・。

Dscn9928

高尾山頂からさらに奥高尾へ。
城山にて。ツバキの一種でしょうか。

Dscn9939

景信山、山頂手前で。ジュウニヒトエ。

Dscn9941

景信山山頂(727m)にて。春霞ですね。東京都心の様子はすっかり霞の中・・・

Dscn9944

山頂の桜は少し葉が混じりますが、満開といっていいでしょう。

Dscn9946

今日一日の道程を通じてずっと見ることが出来たのはスミレとこのヤマブキ。

Dscn9948

ひとくちにスミレと言ってもいろんな種類が・・・。今日、一番ポピュラーだったのがこれ。
手元の植物図鑑によると(笑)、葉の形と花の色からヒナスミレと思われ。

Dscn9949

これは・・・、う〜む、特定できず。

Dscn9953

足下の花ばかり見ていると、きれいな新緑をついつい見過ごしてしまいそう(笑)

Dscn9954

景信山から小下沢(こげさわ)へ下るコースには、このオウギカズラ(タイトル写真も)をはじめ、初めて見る花がチラホラ。なんだかワクワク!(笑)

Dscn9974

ヤマネコノメソウ。ネコノメと言えば、昨年3月にやはり高尾の麓、日影沢にハナネコノメを見に行った記事をこのブログに書いたことを思い出します。

Dscn9975

近づいて見てみると・・・、花後の果実(黒いツブツブ)が。これを「猫の目」と称しているようです。

Dscn9969

そして渓流に沿ってニリンソウが一面に群生していました。

Dscn9976

小下沢まで下ると、今度は北高尾山稜へ登り返しです。

Dscn9977_2

さてこの花は・・・?

Dscn9980

図鑑によると色と葉形からマルバスミレのようですね。
紫色のスミレばかり見飽きた頃にひょっこり、いいタイミングだなぁ(笑)

Dscn9983

ヤマブキソウかと思いましたが、葉の形、花びらの枚数(ヤマブキソウは4枚)からキジムシロでしょう。

Dscn9984

北高尾山稜(富士見台)から見た、高尾山方面(高尾山は左の枠外)。
左手の鉄塔が城山、真ん中のくぼみが小仏峠、そして右手にぐんぐん登っていくと景信山。あの稜線をタラタラ歩いて、今、反対側の稜線を。

Dscn9987

「山稜」と言っても、富士見台からの眺望が唯一。あとは杉林の単調なアップダウンが続く北高尾山稜に嫌気がさして、破線ルートの悪路を小下沢林道へ下ることに。
下り終わるとちょうど中央道の橋脚の下。

Dscn9994

う〜む、この花はなんていうんだろう・・・。日影沢の咲き終わったハナネコノメ付近に咲いていたんだけど。

Dscn9998

最後はやはり今日の主役、ニリンソウで。

本日の歩行距離、18km。
次々と現れるいろんな花に癒しを求めてついつい調子に乗って歩きすぎたみたいです。膝、痛い・・・(笑)
一歩一歩、足下に咲く花に注目しながら歩くハイキングはサイクリングとはまた違う景色を楽しませてくれますね。
ところで今日歩いた小下沢林道、ダートコースで自転車でも面白そう。でもどこまで伸びているんだろうな。

 

 

 

|

« 昭和記念公園 | トップページ | 常寂光寺 祇王寺 »

ハイキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昭和記念公園 | トップページ | 常寂光寺 祇王寺 »