« David Bowie "The Next Day" | トップページ | カタクリ »

2013年3月17日 (日)

権現岳(2715m)

Dscn9265

積雪期八ヶ岳シリーズ、第三弾は権現岳へ。

Dscn9220

国立府中ICを午前4時スタート。一路、長坂ICへ。
5:40に天女山入口に到着するも駐車スペースはすでに一杯。仕方なく約1km離れた「まきば公園」駐車場へ。
でもこれが大正解!日の出のタイミングに間に合ったおかげで・・・

Dscn9228

権現岳(左)、赤岳(右)がピンク色に染まるモルゲンロートの瞬間に立ち会うことが出来たからです(天女山入口からは八ヶ岳は見えません)。

Dscn9229

これから登る、前三ツ頭、三ツ頭、そして権現岳(左から)。

Dscn9231

時間は6時。車中泊のボックスワゴンと、僕のクルマだけ。
でもこの日の出がこの公園で一番素敵な瞬間かも・・・

Dscn9234

天女山入口まで約10分。さあ、登頂開始です!
スタート地点が標高1375m、目指す権現岳が2715m。標高差、実に1340m!

Dscn9237

登山口からちょうど30分、天の河原から見る富士山。すでに標高1620m。

Dscn9246

緩やかな雪上ハイクがしばらく続きますが、標高1800mを越えたあたりから急登に・・・
峠を走る自転車と同様、その急勾配を写真で伝えるのがなかなか難しく(笑)
隣の斜面の傾斜で伝わるでしょうか・・・

Dscn9255

この写真なら誰でも納得?
積雪量はハンパないものの、このところのポカポカ陽気のせいでアイスバー「ガリガリ君」を冷凍庫から出してしばらく時間が経ったような(?)雪質のため、ズボズボと一歩踏み出すごとに足をとられてしまい、歩き難いことといったら・・・

Dscn9260

登山口から約3時間半、ようやく三ツ頭(2580m)に到着。
ここから見る権現岳、阿弥陀岳、赤岳の勇姿は格別。ダブルストックをピッケルに持ち替えて、さぁ!

Dscn9279

赤岳を飲み込むような雪庇。気温の影響で大きなひびが・・・

Dscn9283

積雪期の権現岳といえば、頂上直下の大岩のトラバースが核心部。
ちょうど、先行者2名がトラバース中。

Dscn9290

これがその核心部。
バランスを崩そうものなら、急斜面を・・・

Dscn9293

振り返ると、登頂を達成したハイカーたちが次々と下山中。向こうに見えるのは北岳を中心とする南アルプスの山並み。

Dscn9295

権現岳、登頂!二年前の残雪期、そして昨夏に続いて3回目の頂上です。
おや?「権現岳」と書かれた標識が真っ二つに割れてしまって・・・

Dscn9321

多くの登山者は登頂のあと、すぐに下山されるようですが、僕はここ、青年小屋分岐まで足を延ばしてみました。

Dscn9310

ここから見る八ヶ岳の眺めが最高なんです!
左から阿弥陀岳、硫黄岳、横岳、そして赤岳。

Dscn9315

さらに編笠山へと続く、ギボシ。
屋根まで雪に覆われた権現小屋の向こう、ギボシへと続く稜線は文字どおりナイフリッジ。でもちゃんとトレースが!(すごい人がいるなぁ・・・)

Dscn9334

権現岳の頂上をあとに、三ツ頭まで戻ります。
三ツ頭手前の岩陰でラーメンの昼食タイム。お湯が沸くのを待つ間、保冷剤に包んで持ってきた缶ビールで権現岳に乾杯!

Dscn9342

同じく、三ツ頭から。雲に隠れはじめた富士山を眺めて。

Dscn9348

1700mあたりまで下ると、あの急登がウソのような緩やかな、まるで冬のピクニックコース!

Dscn9351

15:15、無事、まきば公園まで下山完了。
権現岳も赤岳もすっぽりと雲に覆われて・・・

本日の歩行距離、14km。獲得標高差1340m。
公共交通機関で登山口まで向かえる赤岳や天狗岳と違い、権現岳はマイカー必須。
ノーマルタイヤで登山口まで走れるタイミングをまだかまだかと待ちわびていました(笑)
しかし、昨日、東京では昨年よりも二週間も早く桜の開花!
そんな陽気のなか、2500m超とはいえ雪は完全に腐っており、勢いつけて踏み込もうなら、ズボッと股間まで足が落ちてしまうこと数回・・・
今年の雪山はこのあたりでお開き?かなぁ〜。

 

 

 

|

« David Bowie "The Next Day" | トップページ | カタクリ »

ハイキング」カテゴリの記事

コメント

441Mさん

コメント、ありがとうございます。
装備はもちろん、脚に多少の覚えがあって、天候さえ間違わなければ雪山ほど素晴らしい世界はありません。
下界では花粉たけなわでしょうけど、そろそろ自転車を引っ張り出して・・・(笑)
GWもあっと言う間にやってきそうですし、いろいろプランニングせねば!

投稿: さだぼん | 2013年3月18日 (月) 22時52分

今シーズンも素晴らしい冬山のレポート、大変楽しませて頂きました。
雪山はいつも畏敬の念を持って眺めるだけでしたが、貴兄のレポートで少しは身近に感じる事が出来ました。
勿論、実際に行くなんて事は考えておりません(笑)

投稿: 441M | 2013年3月18日 (月) 21時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« David Bowie "The Next Day" | トップページ | カタクリ »