« 赤岳(2899m) | トップページ | David Bowie "The Next Day" »

2013年3月 3日 (日)

天狗岳(2646m)

Dscn9037

シーズンは残雪期へ。先々週の赤岳に続いてまた八ヶ岳を楽しんできました。

Dscn8952

土曜の夜、23:30新宿発の夜行バスで松本へ。松本からは始発の中央本線で茅野へ逆戻りします。
午前4:40の松本駅。気温は-5度。駅前のマックで時間を潰します。

Dscn8953

茅野駅コンコースからみた、朝焼けに浮かぶ八ヶ岳。

Dscn8955

茅野からさらに路線バスで小一時間揺られて、今日の登山口、渋の湯へ。
バスの前を横切ったカモシカが・・・。

Dscn8959

途中、バスがチェーンを巻いたりで定刻より10数分遅れで渋の湯に到着。
8:25、さぁ、登山開始です!

Dscn8962

前半の40分はひたすら急登を喘ぎ喘ぎ・・・(笑)

Dscn8967

北八ツらしい光景でしょうか・・・

Dscn8969

ここまでくれば、黒百合平もあとひと息。

Dscn8974

9:55、黒百合ヒュッテに到着。バスの遅れも取り戻せたようです。

Dscn8975

雪山のテント泊、やってみたいなー。

Dscn8980

黒百合ヒュッテを過ぎるとまたしばらく樹林帯を行きます。

Dscn8983

そしてここを越えると・・・

Dscn8984

北アルプスの山並みがドーーン!
槍ヶ岳、そして穂高岳へ続く大キレットがよくわかります。

Dscn8988

エビの尻尾の向こうに見えるのが今日の第一目標、東天狗岳です。

Dscn8995

多くの登山者が頂上を目指して・・・

Dscn8997

昨年の4月に訪ねたときはこのあたり、かなりクラストしており歩きにくかった記憶がありますが今日はズボズボ・・・

Dscn8998

さぁ、頂上まであと少し。

Dscn9001

いつものポーズで(笑)

Dscn9003

ポーズをとった僕の目の前に見えている風景・・・。今日は期待どおりの好天に恵まれました。

Dscn9005

続いては双耳峰のもう一方、西天狗岳へ足を延ばしましょう。

Dscn9007

積雪直後のとてもいい雪質なのですが、スキーならともかく、歩くのは大変・・・

Dscn9008

もはやヘロヘロの足に最後のこの急登は効きますぅ。
東天狗山頂で写真を撮り合いっこした彼と抜きつ抜かれつ・・・(笑)

Dscn9009

西天狗岳山頂。

Dscn9010

先々週登った赤岳(左、2899m)。真ん中の小さいコブが中岳、右が阿弥陀岳。

Dscn9011

赤岳の左には爆裂火口が物々しい硫黄岳。

Dscn9012

先々週の赤岳同様、今日も360度の眺望が楽しめました。
まずは北岳、甲斐駒ケ岳、仙丈ヶ岳の南アルプス。

Dscn9013

中央アルプス駒ヶ岳、少し離れて右端に御嶽山。

Dscn9014

樹林帯を抜け出た際、目に飛び込んできた北アルプスをもう一度。

Dscn9015

鹿島槍、五竜、白馬・・・

Dscn9016

東天狗山頂で写真を撮り合いっこした彼とまた・・・(笑)
赤岳で足りなかったと反省しきりの装備、ゴーグルをさっそく調達したものの今日はその必要はなかったみたい。

Dscn9020

で、写真を撮ってくれた彼はコーヒーを湧かしてまったりモード・・・。向こうの山は東天狗。

Dscn9021

僕は赤岳方面に身体を向けて、テルモスに入れて持参した熱々のホットレモンを。

Dscn9024

山頂の気温はマイナス4度。どうりでポカポカなわけだ・・・。

Dscn9025

さぁ、それでは下りるとしましょう。黒百合ヒュッテ前でラーメン作らなきゃ!

Dscn9027

東天狗への登り返しはやめて、トラバースすることに。
でも、転がってしまえば何も引っかかるもの、ありませんよー(怖)

Dscn9029

凍りついた木々の枝がキレイ。

Dscn9030

そして、双耳峰を振り返ります。

Dscn9031

シュカブラ、その1。

Dscn9032

シュカブラ、その2。
でもここは雪庇。いくら美しい紋様だからと、足を踏み入れたら落とし穴のようにそのまま谷底まで・・・

Dscn9039

はい、黒百合ヒュッテ帰着。

Dscn9041

ベンチに座ってラーメンを煮ていると、山頂から帰還した登山者が次々と。

Dscn9048

黒百合ヒュッテから登山口まで昨年はちょうど1時間かかりましたが、今日は走るような勢いで50分!(笑)

本日の歩行距離、約10km。
昨年に続き、残雪期の天狗岳へ。夜行バスや電車の乗換えで待ち時間を含め、約9.5時間のアクセスが難点ですが、今年もまた大満足の雪山山行となりました。寒暖計ではマイナスでもポカポカ陽気を感じられる山頂はその眺望も含め、いつまでも離れたくない非日常の特等席でした。
さて、GWまで楽しめる雪山、次はどこを計画しようか・・・

 

 

|

« 赤岳(2899m) | トップページ | David Bowie "The Next Day" »

ハイキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 赤岳(2899m) | トップページ | David Bowie "The Next Day" »