« David Bowie "Where Are We Now ?" | トップページ | 京の冬の旅 »

2013年1月13日 (日)

薬師岳(鳳凰三山、2780m)

Dscn8448_2

昨年に引き続き、今年も本格的登山は南アルプス薬師岳から。

Dscn8396

昨年の正月にも登った南アルプス鳳凰三山、薬師岳(2780m)。
今年は欲張って隣にそびえる観音岳(2840m)まで足を延ばそうと。でも、朝3時起きで家を出るも、夜叉神登山口をスタートしたのは昨年と同じ6時。大丈夫か?

Dscn8397

そろそろ日の出も近い。

Dscn8398

昨年は40分で夜叉神峠まで登りましたが、今回は凍りついた登山道に難儀して60分かかってしまいました。最初からアイゼン装着しておけばよかったかな・・・

Dscn8404

でも20分遅れたおかけで昨年は見れなかった、白峰三山を赤く照らすモルゲンロートをカメラに収めることに成功!
右から昨夏に縦走した北岳(3193m)、間ノ岳(3189m)、そして農鳥岳(3026m)。

Dscn8411

長い長〜い樹林帯のなかを黙々と・・・

Dscn8412

木々の間からチラチラと間ノ岳が。

Dscn8421

焼け跡と呼ばれる開けた眺望スポットに到着。

Dscn8422

ほらね、眺望バッチリ!

Dscn8429

もう少し登って、今度は後を振り返ると・・・

Dscn8430_2

ドーーン!富士山キターー!

Dscn8434

南御室小屋に到着、時間は10:25。昨年よりも約40分ロス。こりゃ、観音岳は無理っぽいな・・・(笑)
テントは7〜8張。僕も夏にはテント担いで鳳凰三山縦走、やってみようかな。

Dscn8436

南御室小屋から薬師岳までは距離にしてわずか2km。しかし標準CTで1.5時間!
その訳は写真のとおりの急登・・・

Dscn8438

行けども行けども・・・。10歩進んでは一休み(笑)

Dscn8439

ようやく稜線が!

Dscn8444_2

稜線に出ると目の前に薬師岳(右)、そして観音岳(左)。
すでに下山してくる人の姿も。

Dscn8451

正午ちょうど。無事に薬師岳山頂へ。
今年もまた、白峰三山をこんな間近で見ることが。

Dscn8455

昨夏、テント担いで登った北岳。雪を纏うとその迫力も一段と・・・

Dscn8461

さらに往復一時間、さて観音岳まで足を延ばしたものかどうか・・・
昨年のペースでも下山時刻が17時前。南御室小屋での40分ロスを山頂到着時点で15分ロスまで取り戻したけど、この調子で観音岳行っちゃうと夜叉神峠あたりで真っ暗の可能性・・・。諦めましょう。

Dscn8469

白峰三山の眺めとは反対側に目を向けると、今日は八ヶ岳連峰も雲の欠片もなく、スッキリと晴れ渡っているようですね。その向こうには浅間山もクッキリ。

Dscn8472

山頂の気温はマイナス4℃。今日は登山口からずっとこんな感じでしたが、稜線を吹き荒れる風さえなければとても過ごしやすい気温だったと言えます。

Dscn8475

おやおや、なんだかUFOの母艦みたいな怪しい雲が現れましたよ。
こりゃ早く下山するのが吉、ってもんです。

Dscn8491

16時前に夜叉神峠に戻ってきました。
明日は大雪の予報。白峰三山もその美しさにさらに磨きをかけることになるのでしょう。

本日の歩行距離、約19km。獲得標高差、約1400m。
日照時間の短いこの時期、僕の足では薬師岳、観音岳の2峰制覇はやはり時間的に厳しいようですね(涙)
夏にはぜひ三山縦走を実現したいものです。
ところで昨年天板落下の大事故を起こした中央道、笹子トンネル。現在は下り車線を対面通行で利用していますが、約7km、30分の渋滞でした。むしろ、常に十数キロの渋滞を引き起こしている小仏トンネルが渋滞無くスーッと通過できたことがいまだに信じられません!(笑)

 

 

 

|

« David Bowie "Where Are We Now ?" | トップページ | 京の冬の旅 »

ハイキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« David Bowie "Where Are We Now ?" | トップページ | 京の冬の旅 »