« 京の冬の旅 | トップページ | 鷹ノ巣山(1736m) »

2013年1月27日 (日)

大菩薩嶺(2057m)

Dscn8638

好天に恵まれ、見るものすべてがキラキラと輝く大菩薩でした。

Dscn8573

早朝5:24発の中央本線に飛び乗り、塩山へ。
車窓から見える南アルプス(荒川岳、赤石岳)が朝日を受けてピンク色に。

Dscn8577

塩山から大菩薩登山口行きバスに揺られ、さらに15分ほど歩くと丸川峠分岐に到着。さぁ、ここから山歩きです。

Dscn8582

ホント、気持ちいい天気!
でも足下はスケートリンク状の箇所も多く、要注意。

Dscn8583

出発点の丸川分岐から1時間40分、丸川峠に到着です。

Dscn8587

後ろを振り返ると・・・、富士山ドーーン!

Dscn8589

丸川荘でトイレ休憩ののち、さぁ、大菩薩嶺へ!

Dscn8593

北斜面の雪深い樹林帯の中を・・・。だんだん、息があがってきます(笑)

Dscn8597

丸川峠から1時間20分、やっとこさ大菩薩嶺(2057m)に到達。
この山頂は360度、林に囲まれ眺望はありません。

Dscn8600

でも山頂から5〜6分も下れば、いきなり眺望が広がる雷岩に出ます。

Dscn8607

雷岩と呼ばれる、ちょっとした岩のうえの特等席に陣取って、さっそく乾杯!

Dscn8602

富士山はもちろん、北岳、間ノ岳、仙丈ヶ岳をはじめとする南アルプス連峰の山々がご覧のとおりズラーリ!

Dscn8616

景色に酔いしれているうち、雷岩には次々とハイカーたちが集まってきて、そして思い思いの昼食をとり始めます。

Dscn8626

特等席を他のハイカーに譲ることにして、さらに歩を進めることにしましょう。
こんなキラキラや・・・、

Dscn8628

こんなキラキラなど、雷岩から大菩薩峠にいたる今日の稜線はキラキラ三昧!

Dscn8642

そしていつもの大菩薩峠。あぁ、楽しい稜線歩きだった!

Dscn8648

14時40分、上日川峠着。登山口15時発のバスにはとうてい間に合いません。
お次のバスは16時43分。まぁ、のんびりと下ることにしましょう。

Dscn8651

バスの発車時刻まで約30分ほどの時間を残して、登山口に到着。
アイゼンやゲイターの片付けなど支度を整えていると茶屋でコーヒーをいただく時間も無くなってしまいました。

Dscn8655

朝焼けを見たのと同じ車窓から、今度は夕焼けにシルエットを移す南アルプスの山々たち。

本日の歩行距離、約14km。
昨年は2/19に訪ねた雪の大菩薩嶺でしたが、去年と異なり顔を殴るような強風が吹くこともなく、おだやかな昼食、そして稜線歩きを楽しむことができ、本当に心の洗われるような一日でした。

 

 

 

|

« 京の冬の旅 | トップページ | 鷹ノ巣山(1736m) »

ハイキング」カテゴリの記事

コメント

INTER8さん

冬枯れの奥武蔵はいいですね。
凍てつく寒さの中にも、人里の暖かみを感じられたりして・・・
この時期はどうしても積雪の山歩きが優先になってしまいますが、INTER8さんのサイクリング模様を拝見するにつけ、やはりこの時期の自転車も捨てがたい・・・という気になりますね(笑)

投稿: さだぼん | 2013年2月 1日 (金) 20時00分

素晴らしい晴天に恵まれましたね。日曜は前日の風がおさまって日中の日向はあまり寒さを感じなかったのではないでしょうか。
僕はこの日は奥武蔵方面へ行ってきました。帰路の名栗でまたお会いできないかなぁなんて思いました (^^;

投稿: INTER8 | 2013年1月31日 (木) 23時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京の冬の旅 | トップページ | 鷹ノ巣山(1736m) »