« 八丁峠(1240m)、中津峡 | トップページ | Hungarian Rhapsody : Queen Live In Budapest ’86 »

2012年11月10日 (土)

松姫峠(1250m)、鶴峠(870m)

Dscn7779

先週走った八丁峠とともにシーズン恒例となった松姫峠へ。

Dscn7742

例年どおり、JR中央本線「猿橋」駅まで片道820円の輪行。

Dscn7744

名勝「猿橋」。猿橋とはご覧のとおり、橋脚のないいわゆる刎橋で「日本三奇橋」のひとつとされます。

Dscn7745

県道505号線から国道139号線に合流します。

Dscn7746

今年もこんにちは。道中お見守りくださいね。

Dscn7747

わぁっ!期待が高まります。

Dscn7750

走り始めてから1時間20分、深城ダムに到着。

Dscn7754

このシーズン、毎年のように走っている松姫峠ですが、今日みたいな好天に恵まれたのは初めてかも。さすがに紅葉も映えます。

Dscn7756

奥に見える山をグッとズーム!

Dscn7757

コーナーを曲がるたびに「おおっ!」

Dscn7758

全然、ペースが上がりません(笑)

Dscn7761

このシーズンの休日だけあって、何台も連ねたバイク集団やクルマの往来も多いですが、こんな景色をすっ飛ばして・・・、あぁ、もったいない。

Dscn7763

バイクやクルマだとこうして頭上を見上げることもできないでしょう(笑)
自転車、サイコー!

Dscn7777

そして、毎年写真を撮っているお気に入りのコーナー。

Dscn7778

あぁ、キリがないなー(笑)

Dscn7783

そして、タイトル写真と同じ、松姫峠手前の眺望スポット。
真ん中にアタマをのぞかせている富士山が見えますか?

Dscn7781

今日はこんな感じでした・・・

Dscn7784

松姫峠、到着。
時間はまだ11時過ぎですが、ここでランチタイム。

Dscn7786

ワンパターンですが、朝、コンビニで買ったおにぎりとインスタントコーヒーで。

Dscn7792

大菩薩峠直下の石丸峠への続く稜線、牛ノ寝通りの登山口付近。
大菩薩峠へは雪ザクザクの厳冬期にまた登ってみたいな。

Dscn7793

松姫峠を下ったあと目指す予定の鶴峠は杉の植林帯なので、紅葉はこのあたりで見納め。

Dscn7796

さぁ、松姫峠の次はもう一本、鶴峠へ。それにしても相変わらずキツいなー、この峠。

Dscn7798

鶴峠、ひっそりとバス停が佇むだけの峠です。

Dscn7801

4年間乗り回したWOLBERのスーパーランドナーが先週の八丁峠ツーリングで布目が露出するくらいトレッド面が摩耗していることが判明したためおシャカに。
急きょ取り寄せたアイズさんの「シプレ650×32B」を装着してみました。
軽快になったことは明らかに感じとれるのですが、黒いトレッド面が幅広いため随分イメージが変わりました。っていうか、それよりも外径が小さくなったのか、ガードクリアランスがスカスカになってしまってカッコ悪りぃ・・・(涙)

Dscn7806

さて、あとはのんびりと駅へ向かうだけ。

Dscn7810

13時50分、JR中央本線「藤野」駅に到着。立川まで30分の輪行ですが、電車が遅れたため待ち時間を利用してグビッ!とbeer(笑)

本日の走行距離、64km。
松姫峠の紅葉を一度でいいから快晴の下で・・・という願いが今年やっと叶いました。紅葉のタイミングよし、天気よし、そしてタイヤよし!のサイクリングでした。

【おまけ】

Dscn7787

先週のブログでアップし損なったので、今回こそ(笑)
ofはやまさんに作っていただいた「FJCT」ステッカー。そう、いわずと知れた「FFCT」の国内版でRRCBメンバー内でひそかに拡散中とか。
ofはやまさん、素敵なステッカーありがとうございました!

 

|

« 八丁峠(1240m)、中津峡 | トップページ | Hungarian Rhapsody : Queen Live In Budapest ’86 »

サイクリング」カテゴリの記事

コメント

ofはやまさん

その節は本当にありがとうございました。
どこに貼ろうかと散々思案したあげく、やはり定番のポジションに落ち着きました。
写真は高価な一眼レフが買えず、仕方なく編み出した自己流ですので・・・(笑)

ぜひ一度、関西のコースでご一緒したいですね!

投稿: さだぼん | 2012年11月12日 (月) 05時54分

FJCCステッカー貼っていただきありがとうございます。
ピッカピカのドロヨケに映えてますねー。

それにしても写真どれもキレイですね。
コンデジで撮るのにそんなテクニックがあったんですねー。(って、写真のことぜんぜん解ってないのですが・・・。)
機会があればぜひご一緒したいものです。
京都へお帰りの際はぜひご一報を!!

投稿: ofはやま | 2012年11月11日 (日) 22時30分

INTER8さん

ここしばらく仕事が忙しく、週末の計画を立てる余裕も気力もありませんでした。
しかし、無理してでもツーリングに出かけないと逆に身体が持ちませんね(笑)
ブログの写真はすべてコンデジ撮影なんですよ。
ワンシーンにつき2〜3枚、露出を変えて(焦点あわせる部分を明るいところ、暗いところ、中間のところ・・・と変えて)撮影して、一番マシなものを掲載しています。
INETER8さんは、嶺方峠からの眺望、念願が叶って良かったですね!

投稿: さだぼん | 2012年11月10日 (土) 23時15分

こんにちは、しばらくツーリング記事がないなぁと思っていましたが、紅葉時期にはちゃんとお出ましですね (^^;
写真はどれも露出が適切ですね。遠目の富士山と手前の山々や自転車もちゃんと写っています。コンパクトなデジカメでは取れない写真です。
去年の八丁峠は素晴らしかったようですが、僕は去年はどこへいってもいい色に出会えませんでした。タイミングはバッチリなのにどの葉もチリチリに葉先が枯れているものばかり…。年によって見栄えが違うようですね。
例年毎週のように高度を変えて走り回るのですが、今年は旧友と信州一泊ツーリングへ行ってきました。大満足。

投稿: INTER8 | 2012年11月10日 (土) 22時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 八丁峠(1240m)、中津峡 | トップページ | Hungarian Rhapsody : Queen Live In Budapest ’86 »