« 北穂高岳(3106m) 涸沢岳(3110m)三日目 | トップページ | 松姫峠(1250m)、鶴峠(870m) »

2012年11月 4日 (日)

八丁峠(1240m)、中津峡

Dscn7732

この時期の紅葉、タイミングを測ったつもりでも微妙に早かったり、遅かったり・・・

Dscn7683

昨年、同じコースを辿ったのは11/5のことでした。
今日はご覧の快晴で、昨年のサプライズ紅葉の再現なるか、とワクワク・・・

Dscn7686

R299が突っ切る小鹿野町。昨年はこのあたり、少しは黄色が混じっていたような。
でも、行けども行けども色合いが変わりません。

Dscn7687

さぁ、志賀坂峠の登坂にかかります。
毎年同じことを書いていますが、「あの双耳峰の双子岳を見下ろす高さまで登ります」

Dscn7690

あと少しで志賀坂峠頂上。
奥にそびえるのは両神山(1723m、百名山)。

Dscn7693

正午前、峠頂上に到着。いつものように朝、コンビニで買ったおにぎりとスープでひと息。

Dscn7694

さらに登坂は続きます。昨年はこのコーナーを曲がったら、黄金色に輝く山肌が目の前に迫ったのですが、今年は・・・、あれ?

Dscn7698

ご覧のとおり、山肌は緑主体。でも天気がいいのがなにより。

Dscn7701

西岳、東岳の針峰群を貫く飛行機雲。

Dscn7702

ところで、さっきからなんだか後輪がプヨプヨするなぁ、と思ったらスローパンクのようです。いったいどこから?

Dscn7704

八丁峠に到着。志賀坂峠から1時間10分かかりました。
さて、ここは両神山の登山口。駐車場には溢れんばかりのクルマが。こんなところでパンク修理始めようものならギャラリーに囲まれて大変なことになりそう・・・

Dscn7710

ワンダーのバッテリーランプの仄かな光を頼りに約900mの真っ暗な八丁トンネルを突っ切ります。
トンネルの出口は落ち葉のコーナーがあることを知っていたので、ここで落ち着いてパンク修理を。
それにしても、WOLBERのスーパーランドナー、ここまでこき使っていたとは・・・
向こうが透けて見えるくらい、タイヤがすり減っていたことに今さら気がつきました。これじゃ、パンクしても当然・・・

Dscn7712

チューブを交換したら、AD-HOCのポンプでせっせと空気入れ。
でも今どき、こんな古風なインフレーター、実用に使ってらっしゃる人いるのかなぁ?

Dscn7713

昨年は「思わずダイブしたくなりそう」とブログに記したここの紅葉も、ちっとも赤くない・・・

Dscn7714

まぁ、でもこれはこれでキレイかも。

Dscn7716

こうして見ると、全山紅葉中!って感じなんですけどね。

Dscn7718

昨年もここで写真撮ったなぁ。好きなんです、橋のあるこのコーナー。

Dscn7720

ニッチツ、秩父鉱山の廃墟と赤岩岳。なんとも不思議な光景です。

Dscn7721

廃鉄塔と紅葉、青空、そして飛行機雲。

Dscn7726

方向感覚を失って壁面にぶつかってしまいそうな真っ暗な素堀りの雁掛トンネルを抜けると中津峡へ。

Dscn7728

時間の関係で日陰になっているものの、見事、グラデーションに色づいたもみじ。

Dscn7733

紅葉狩りで大勢の観光客が訪れていた中津峡。クルマの往来もハンパないので、これから自転車で出かけられる方はくれぐれもご注意を。三峰口から中津峡へ至るまでトンネルも多いですからね。

本日の走行距離、約83km。先月上旬に標高2300mで見事な紅葉を楽しんで以来、約1ヶ月ぶりの紅葉でした。
しかし、まだ一週間、早かったように感じましたね。来週末に出かけられる方がいらっしゃたら、ぜひ色づき具合をお知らせください。

 

 

|

« 北穂高岳(3106m) 涸沢岳(3110m)三日目 | トップページ | 松姫峠(1250m)、鶴峠(870m) »

サイクリング」カテゴリの記事

コメント

神奈川まーさん

ご覧いただきありがとうございます。
「自分のワクワク」を「皆さんのワクワクに」をモットーに!というのは冗談ですが(笑)、小生のツーリング記事が多少なりともお役に立てればこんなに嬉しいことはありません。
このところ、ツーリングの機会が激減していたせいか、昨年と同じコースを走っても脚力の衰えは目を覆うばかりなんですよ、実は・・・(涙)

投稿: さだぼん | 2012年11月12日 (月) 21時57分

さだぼんさん。いつも楽しく拝見しています。
昨年の記事を参考に、先月、自分も八丁峠に登りました。
晴らしい峠でした。さだぼんさんのブログに感謝です。真っ暗な長いトンネルは怖かったのですが、さだぼんさんも通ったんだ!とお力をお借りして通り抜けました(^^;;
あのルートをあのクラシックなバイクで周遊するのは、さすが山登りもこなすだけになかなかの健脚ですね!

投稿: 神奈川まー | 2012年11月12日 (月) 16時17分

kojiさん

ご覧いただきありがとうございます。
自分よりも年嵩のいった自転車が好きで、1930年代、40年代、50年代を中心に物色中です。
年代×国籍×車種の組み合わせはほとんど無限に広がってしまいますので、造形美(優美さ、無骨さ)の観点から仏車と英車を嗜んでおります。

写真は構図は出来るだけ意識していますが、でもワンパターンです(笑)
愛用のコンデジではディテールの再現がどうしてもイマイチですね。一眼レフ欲しいなぁ、でも経済力が追いつきません・・・

今後ともよろしくお願いします。

投稿: さだぼん | 2012年11月 7日 (水) 22時35分

本日、初めてブログを拝見しました。写真の美しさやすごい自転車に感動しました。自転車はすべてお持ちなのでしょうか?完璧なレストア!この2〜3年で自転車に興味を持ったのですが知り合いの自転車マニアの方の勧めでイタリア車ばかり見てました。イギリスのビンテージも凄く綺麗ですね。また、拝見させて頂きます。
そてにしてもカメラワークが凄い!
宝塚在住 52歳 男です。

投稿: koji | 2012年11月 7日 (水) 11時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北穂高岳(3106m) 涸沢岳(3110m)三日目 | トップページ | 松姫峠(1250m)、鶴峠(870m) »