« 北穂高岳(3106m) 涸沢岳(3110m)一日目 | トップページ | 北穂高岳(3106m) 涸沢岳(3110m)三日目 »

2012年10月 8日 (月)

北穂高岳(3106m) 涸沢岳(3110m)二日目

Dscn7418

雲ひとつない秋晴れに恵まれた涸沢二日目。二峰制覇に挑戦です。

Dscn7326

4時起床。暗い中、ホットドッグの朝食を準備しながら、恒例のショータイムを今か今かと待ちわびます。

Dscn7375

そして6時、いよいよショーの始まりです。
そう、穂高連峰がモルゲンロートに輝くこの瞬間を待ってました!

Dscn7385

光のショーを見届けたら、本日の一本目、北穂高岳に向けて出発です。
ナナカマドの赤が眩しいですね。

Dscn7388

雲ひとつない秋晴れ。今日は最高の眺望が期待できそうです。

Dscn7389

ぐんぐんと高度を稼いでいきます。振り返ればビニール張りの我が家もはるか小さく。

Dscn7392

そして岩場へ突入。

Dscn7396

一本のクサリを頼りに・・・

Dscn7399

お次ぎは鉄ハシゴ。

Dscn7400

そして振り返ると、雲海の向こうに小さく富士山が・・・

Dscn7406

頂上はまだかな・・・

Dscn7411

北穂高岳(3106m)、登頂。意外と広い山頂でしたね。

Dscn7437

北穂高と言えば、正面にそびえる槍ヶ岳の眺望。

Dscn7429

大迫力の槍ヶ岳、ドーーーーン!

Dscn7431

山頂直下、日本でいちばん高いところにある山小屋「北穂高小屋」のデッキ特等席に陣取ってビールを飲みながらカップラーメンをすすります。いやぁ、最高!(まだ、朝の9時なんですけどね・・・、笑)

Dscn7417

山頂からの眺め。まず槍の左手奥には薬師岳(2926m)。

Dscn7416

槍の右手、一番奥に見えるは白馬岳(2932m)。直線距離で約50km離れていますが、今日はハッキリ、くっきり。

Dscn7443

さて、次はゴジラの背中のような岩稜を、涸沢岳目指して。

Dscn7449

右手に見えるのは、笠ヶ岳(2898m、百名山)。

Dscn7450

写真でお分かりいただけるでしょうか、靴一足分の幅しかない足場を。
滑らせたら、もちろん命はありませんね。

Dscn7453

文字通りのナイフリッジ。実はここでで2日前に滑落事故があったってことを知ったのは、東京に生還してからのことでした・・・

Dscn7458

ほぼ垂直に近い崖をクサリ一本でよじ登ります。

Dscn7463

鉄ハシゴもほら、下を見るとこんな高度感。あのナイフの刃先のような稜線を辿ってきたんだぁ・・・。

Dscn7469

北穂高岳から約1時間半超にわたる岩との格闘のすえ、ようやく涸沢岳の頂上が見えてきました。

Dscn7494

登頂!

Dscn7485

北穂高岳と違い、数人が立てば埋まってしまう狭い山頂。

Dscn7475

こんな険しい稜線を辿ってきたんだ・・・、とちょっと感動(笑)

Dscn7488

反対側は昨年の同時期に登った奥穂高岳。でも、今日辿った岩稜に比べると全然楽チンだったような・・・。

Dscn7503

穂高岳山荘に到着。

Dscn7505

さぁ、テント村まで1時間半。一気に下りちゃいましょう。

Dscn7530

あの稜線の右端から左端まで、岩に這いつくばりながら歩いたんだなぁ・・・

Dscn7547

この紅葉のトンネルを抜けると涸沢小屋。一番奥に見えるのは常念岳(2857m、百名山)。

Dscn7549

涸沢小屋に到着。

Dscn7565

本日踏破した二峰!ますます輝いて見えますね(笑)

Dscn7589

我が家に戻り、ルームウェアに着替えてゴロリンとリラックス。
写真に見えるマウンテン・イクィップメント社製のダウンパンツ。朝方氷点下になるテントでの就寝に大変重宝しました。買って大正解!

本日の歩行距離、約5km。
昨年の奥穂高岳(3190m)に続き、穂高連峰ふたつの山を登ることが出来ました。
3〜5cmの冠雪を記録した前日(10/7)であれば、涸沢岳への岩稜は諦めていたかもしれません。
運良くタイミングにも恵まれた今回の山行でした。

 

 

|

« 北穂高岳(3106m) 涸沢岳(3110m)一日目 | トップページ | 北穂高岳(3106m) 涸沢岳(3110m)三日目 »

ハイキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北穂高岳(3106m) 涸沢岳(3110m)一日目 | トップページ | 北穂高岳(3106m) 涸沢岳(3110m)三日目 »