« 英国旧車の集い | トップページ | 北穂高岳(3106m) 涸沢岳(3110m)一日目 »

2012年9月23日 (日)

英国 CYCLO "FLIP-FLOP" HUB 1940s

Dscn7091

こだわりの、グリス・ニップル付き。

Dscn7092

戦前型とばかり思い込んでいた僕の「SUN MANXMAN」。フレーム刻印のシリアルナンバーから1945年製と判明したものの、組み込むパーツ群はやはり戦前タイプ中心で。
しかし戦前型ハブよ、出てこい!と唱えたところで、そうそう簡単には見つかりません。
フレームのエンド幅は110mm。ようやく見つけたこのCYCLO。海外オークションの出品写真はコテコテの油汚れで真っ黒け。おかげで競合相手のないまま安居酒屋一回分の出費でゲット。

Dscn7093

しかし、このハブの年代がはっきりしません。
手元のCYCLOカタログを見ても1938年版には掲載なし。一気に年代が飛んで1953年版には出ていました、フランスMAXI-CARに似た特徴あるスポーク穴のこのハブが。
なのでおそらく1940年代中盤に出現したものと推測しています。
いずれにせよ、僕にとって重要なのがバレル部中央にちょこんと乗ったグリス・ニップル。う〜ん、この雰囲気が堪らん!(笑)

Dscn7095

CYCLOのハブの装着は、もちろんこのCYCLOのウイングナットでバッチリ決めます。

Dscn7097

さて、リアハブが決まったら今度はフロントです。
エンド幅は90mm。これも探すこと数ヶ月・・・(笑)ちょっと奮発してBAYLISS WILEYの新品箱入りをおろすことに。

Dscn7098

もちろん、フロントだって単にOLN寸法が合っていればいいって訳じゃありません。
こだわりのグリス・・・、うん?こちらはグリスじゃなくてオイル・ニップルですね、蓋付きの。
これは紛れもなく戦前の製品に間違いないようです。

というわけで、ニップルにこだわったハブ選びも一段落。
さて、SUN MANXMANの組み立てにまだ足りないモノは・・・?

フレームのタッチアップがまだ残っていました!(笑)
もう面倒くさいから塗装屋さんに出しちゃおうかな・・・

 

 

|

« 英国旧車の集い | トップページ | 北穂高岳(3106m) 涸沢岳(3110m)一日目 »

自転車いじり」カテゴリの記事

コメント

チセチセさん

こんばんは。
そうですか、やはり全塗装は諦めて根気よくタッチアップを継続することにしましょうか・・・

TECALEMITのグリスガンは私ももちろん持っています。
まぁ、実際にそれでグリス(オイル)をくれてやることなど無いのですが(笑)

ブラムフィールドのハブをお持ちですか!
羨ましいです。バレル部に鉢巻きしたような個性的なデザインが僕も大好きです。

投稿: さだぼん | 2012年9月24日 (月) 20時52分

こんばんは。40年代のものだったのですね。
うちにブラムフィールドのハブとSOLITEのハブが・・・。
状態はいまいちですが使えるかもしれません。

それから、フレームは絶対塗り替えない方が良いです。旧車の塗り替えは最終手段だと思います。
僕は水置換性のオイルをまめに塗っています。組み上げてから自転車と対話しながら走ってみて、自転車が塗り替えを求めているようならそれも良いかと思いますが、乗らずに外見だけ綺麗にするのは良くないと思います。
貴重な一次資料だと思いますので。
それと、ハブのニップルは、ご存知かもしれませんが、テカレミットという会社のオイル注しのシステムで、専用の道具を使ってオイルを注すものだと思います。
ハブの中のグリスの油が切れないようにマメにオイルを適量注し、ある程度距離を乗ったら、ハブをばらしてグリスを入れ直すのが、正しいメンテナンスの手順だったと思います。
オイルは、ミシン油のような機械油でサラサラのものを使うと良いようです。

投稿: チセチセ | 2012年9月23日 (日) 23時34分

あっ、km/hさん、ちょうどよかった。
どこかいい塗装屋さんありませんか、とお尋ねしようと思っていたところでした(笑)
デカールはロイドに聞いたら、水張りは無いけど、カット&プリントものならあるらしい。
タッチアップと言っても、シートステー、チェーンステーなどは5〜6割方、上塗りすることになってしまいましたから・・・
いっそのこと、全塗装をと思いましてね。

投稿: さだぼん | 2012年9月23日 (日) 23時19分

え?あのオリジナルコンデションを塗り替えちゃうんですか??そんな〜。せっかくデカールもあそこまでの状態になったのに〜。ムゴすぎます〜。勿体ないですよ〜。タッチアップしましょうよ〜。めんどくさいけど(笑

投稿: km/h | 2012年9月23日 (日) 23時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 英国旧車の集い | トップページ | 北穂高岳(3106m) 涸沢岳(3110m)一日目 »