« 英国旧車の集い | トップページ | 北岳(3193m)、間ノ岳(3189m)一日目 »

2012年7月16日 (月)

編笠山(2524m)、権現岳(2715m)

Dscn6313

5月のGW以来、約2ヶ月ぶりの山歩き。ここしばらくの多忙によるストレスも一気に吹き飛びました。

Dscn6149

夜明け前に家を飛び出し中央道を一路、小淵沢へ。
6時に観音平駐車場に到着するも、すでにクルマは駐車場を溢れ、路肩に延々と。

Dscn6150

朝食のサンドイッチを頬張ったら、さあ、出発です。

Dscn6151

小鳥のさえずりを聞きながら、序盤はのどかな林のなかを・・・

Dscn6160

しかし、ほどなくこんなガレ岩の上を歩くことになります。

Dscn6173

実は小淵沢へ向かう高速から見た八ヶ岳連峰は山裾まですっぽりと雲に覆われていて、テンションさげさげ↓だったんです。
ところが、標高を稼いでいくにつれ、背中の風景が!
おーしっ!この調子、この調子!

Dscn6178

この時期、可憐に咲き乱れる高山植物も本日の楽しみのひとつ。
こちらはゴゼンタチバナ。

Dscn6180

こちらはコケモモですね。

Dscn6181

う〜ん、これはなんていう花だろう・・・

Dscn6182

え〜と、これもちょっと不明・・・

Dscn6201

観音平から約3時間弱。編笠山山頂に到達です。

Dscn6195

富士山の眺望を遮る雲の流れを見極めつつ、一瞬のスキをついてパチリッ!

Dscn6191

南アルプスもご覧のとおり。
北岳、仙丈ヶ岳、甲斐駒ケ岳が同時に姿を現すなんて、今日、とても数少ないチャンスだったかも・・・

Dscn6207

山頂でしばし休憩。その後いったん青年小屋(写真中央の青い屋根)まで下ったら、今度は正面に見えるギボシを乗り越え、その右側にそびえる権現岳を目指します。

Dscn6206

標高2500m、シャクナゲがまだ咲いていました。

Dscn6214

これはシロバナノヘビイチゴでしょう。

Dscn6217

タカネイブキボウフウ?

Dscn6223

そして編笠山を下りきったところが、青年小屋。「遠い飲み屋」?
まだまだ先が長いのでここはぐっと我慢・・・(笑)

Dscn6225

青年小屋から先、ギボシへ向かう道のりにも次々と現れる高山植物。
こちらはヨツバシオガマ。

Dscn6227

マイヅルソウ。

Dscn6229

線香花火のように繊細で可憐なこの花は、モミジカラマツでしょう。

Dscn6235

キバナノコマノツメ。
・・・ところで写真におさめた多くの植物の名前。もちろん、すべて知っている訳ではありません。ネットで検索しまくりながら、この記事書いてます(笑)

Dscn6236

青年小屋から約30分、やっと一息つける「のろし場」へ。

Dscn6240

ここから急登を一気にギボシへ、そして正面奥の権現岳へ。

Dscn6247

なんで、こんな険しいガレ道にこんな花が・・・。イワカガミです。

Dscn6252

これなら名前、覚えています。ミヤマオダマキ!

Dscn6256

シロウマオウギ、だそうです。

Dscn6259

これはちょっと・・・

Dscn6264

これは検索しやすい?花ですね、イワベンケイ。

Dscn6271

花ばかり夢中になっていたら、いつの間にか目の前はこんなガレ石の急登。
石を蹴って、後続の登山者に迷惑かけないようにしなければ・・・

Dscn6279

イチリンソウ、でしょうか・・・

Dscn6286

ひとつ目の西ギボシ。通過するときは足下の花ばかりに気をとられていましたが、こうして振り返ってみると・・・、なかなかの高度感(笑)

Dscn6289

特徴的な照葉はミヤマキンバイと思われ・・・

Dscn6299

可憐な高山植物とはあまりに対照的な風景ですが、植物を楽しみながらこんな高度感あふれる崖っぷちをクサリ伝いに。

Dscn6302

で、稜線に出た途端、目の前に八ヶ岳の主峰、赤岳ドーンッ!
左から、阿弥陀岳、硫黄岳、中岳、横岳、そして赤岳・・・

Dscn6310

ん?目の錯覚か、斜めに傾いた権現小屋。ここを通過すれば、東ギボシの頂へ。

Dscn6321

ギボシに着いたらさっそく、お昼の準備を!でも、その前にまずは主峰、赤岳に乾杯!

Dscn6327

そして、権現岳の頂を眺めながら、今日は梅しそパスタ(笑) あぁ、美味しい。

Dscn6328

さて、ゆっくり昼食を済ませたら、最後のピーク、権現岳へ。

Dscn6329

ふと振り返ると、編笠山(左端)からのろし場、西ギボシ、東ギボシ・・・と歩いてきたルートを一望の下に。

Dscn6331

誰もいない権現岳ピーク。前回、ここを訪れたのは去年の4月、まだ残雪期のことでした。

Dscn6332

ムシトリスミレ。

Dscn6337

権現岳から三ツ頭へ下ってきました。時間は13時40分、下から迫り上ったガスが標高2700mを包み込もうとしています。

Dscn6343

権現岳から三ツ頭への稜線上は、ハイマツとシャクナゲ。まだまだキレイに咲いているシャクナゲも多かったですよ。

Dscn6350

さぁ、あとは下るだけ。とはいえ、この下りがあんなに死ぬほど長い下りになるとは・・・

Dscn6364

ギンリョウソウ。

Dscn6368

ひとつひとつ切り取った場面はなんとも美しいダケカンバの森なんですが、それが延々2時間も続くとさすがに飽きちゃいますね。
おまけに段差の大きな下りのため、膝はガクガクしてくるし・・・(笑)

Dscn6373

最後はキレイに整備された八ヶ岳横断歩道に沿って、駐車場のある観音平へ。
ところどころにオダマキが。

Dscn6375

駐車場周辺にはニッコウキスゲも咲いていました。

本日の歩行距離、約10km。
実に2ヶ月ぶりの山歩きでした。ここしばらく業務多忙でヘトヘトでしたが、高山植物咲き乱れるハイシーズンに間に合って良かったぁー。
それにしても今日はいったい何種類の花を写真に撮っただろう・・・

さぁ、これを契機にまた山にサイクリングに趣味で多忙を極める生活へ軌道修正を図らねば・・・(笑)

 

 


 

|

« 英国旧車の集い | トップページ | 北岳(3193m)、間ノ岳(3189m)一日目 »

ハイキング」カテゴリの記事

コメント

闇夜のカラスさん

コメントありがとうございます。
写真、お褒めいただきありがとうございます。
花をもっとキレイに撮ってあげたいのですが、風が強くてピタッとピントを合わせるのも苦労します(笑)

ところでパスタですが、麺を茹でてソースを和えるだけです。いちいち温めなくてよいパスタ用ソースが例えばS&B食品などから何種類か出ています。スーパーにいろいろ並んでいますよ。
麺のゆで汁は捨てずにスープなどに使っています。

投稿: さだぼん | 2012年7月22日 (日) 22時57分

写真が綺麗ですね!自転車でも撮られるのでコンパクトなカメラなのでしょうが写真を撮る技術に感心させられます。ところで、登山の休憩時に美味しそうな"梅しそパスタ"を食べていましたが、どうやって作ったのでしょうか? 是非、真似をさせてください。

投稿: 闇夜のカラス | 2012年7月22日 (日) 21時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 英国旧車の集い | トップページ | 北岳(3193m)、間ノ岳(3189m)一日目 »