« 英国 CYCLO "OPPY" 1930s | トップページ | 編笠山(2524m)、権現岳(2715m) »

2012年6月17日 (日)

英国旧車の集い

Dscn6035

梅雨空の合間をぬって、久しぶりに英国車談義を楽しみました・・・

Dscn6055_2

今日の談義はいつもの仲間に、先日RRCBで知り合ったvucchiさんを交えて代々木公園で。
手前の戦前型BSAがvucchiさんの愛車。

Dscn5986

英車DAWESでの買い物帰りにバッタリ談義の輪に出くわした英国車マニアの英国紳士、ヒューゴさんも加わって・・・

Dscn6010

写真を撮ったり・・・

Dscn6030

試乗してみたり・・・、は愛好者の集まりでのいつもの光景(笑)
手前のSUNBEAMは、英国車師匠iさんの。

Dscn6034

iさんのSUNBEAMに付いてるウイングナット、いかにも英国らしくていいなぁ〜

Dscn6038

かたやvucchiさんのBSAには、純正刻印のウイングナットが!
いやぁ、vucchiさん、今日初めてお目にかかりましたが、御歳まだ30代前半の若さ!
にもかかわらず英国旧車に手を染めてかれこれ7年ですって!
う〜ん、将来が楽しみというか、末恐ろしいというか・・・(笑)

Dscn6017

こちらはいつものメンバー、km/hさんのラレー「レコード・エース」。

Dscn6022

ラレー刻印の入ったブルーメル製マッドガードには一体型成形のリフレクター。
これは初めて見ました!

Dscn5999

今日、iさんが持ってきてくれたお宝パーツはこれ。
「フランスのレジリオン」と呼ばれた(?)、ASTRA社のサイドプルブレーキです。
二重のキャリパーがフォークやシートステーを挟むように装着される様子はレジリオンのカンチレバーと同じですね。
しかし、こんなブレーキ、今まで写真ですら見たことがありませんでした。おまけに付属のレバーはバンド留めではなくバーに穴を開けて固定する方式なのですが、バーのそんな奥まで雌ねじの切られた板をどうやって・・・

Dscn6000

そしてもうひとつのお宝は、コンストリクター社のデュアルピボット式のサイドプルブレーキ。
戦前のレーサーに比較的多く装着されていた、とのことですが、これもいままで見たことがありませんでした。いやぁ、さすがiさんコレクション!

Dscn6062

というわけで3時間近くの青空談義のあとは、公園近くのアイリッシュ・パブに場所を移して・・・(笑)

Dscn6067

ご近所にお住まいのヒューゴさんが持ち込まれた英車「ROTRAX」のフレームを肴にさらに談義は延々と・・・(笑)

いやぁ、午前中まで降り続いた雨でしたが、決行してよかったですね!
iさん、km/hさん、vucchiさん、そしてヒューゴさん、楽しいひとときをありがとうございました!

 

 

|

« 英国 CYCLO "OPPY" 1930s | トップページ | 編笠山(2524m)、権現岳(2715m) »

自転車いじり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 英国 CYCLO "OPPY" 1930s | トップページ | 編笠山(2524m)、権現岳(2715m) »