« 鷹ノ巣山(1736m) モノトーンの世界 | トップページ | ハナネコノメ »

2012年3月20日 (火)

アズマイチゲ

Dscn4180

昨年の今頃は青梅の吉野梅郷の梅も盛りを過ぎていたはずなのですが、今年はまだ3分咲きとか・・・

Dscn4171

ではこちらの山はどうだろうか・・・とお昼前の遅いスタートで。
JR中央線、高尾駅はお墓参りの人たちとハイカーたちでごった返していました。

Dscn4172

高尾駅からバスに揺られて約15分。 バス停「日影」で降ります。
山裾に見えるのは高速中央道です。

Dscn4173

登山口からほどなく。
カメラマンが熱心にカメラを構えたその先には、キクザキイチゲです。

Dscn4178

林道脇の法面に咲くちっちゃな花です。
先行するアマチュアカメラマンの皆さん、歩きながらこれを見つけるなんて、よほど動体視力が優れているのでしょうか・・・
僕にはとても見つけられそうにないので、彼らの後を追いかけてご相伴に預かります(笑)

Dscn4191

日影沢に沿った林道をのんびりと・・・

Dscn4186

沢の対岸にカメラマンが這いつくばるようにしてカメラを構えているので、えっ、なに?なに?と接近すると・・・
花弁を開いたアズマイチゲでした!
上のキクザキイチゲとは葉の形で区別できるようです。

Dscn4189

いやぁ、春を感じさせる可憐な花ですね・・・

Dscn4198

いい天気!
日影沢林道をゆっくりと城山へ。

Dscn4203

城山からさらに小仏峠〜景信山を目指します。
なんだか、鯉のぼりのように見えたので、ついパチリ・・・

Dscn4207

ガスがかかって富士山はおろかスカイツリーも視認できませんでしたが、まさに春うらら・・・

Dscn4220

景信山で缶ビールとカップラーメンのお昼をとったら、来た道を高尾山目指して戻ります。
途中、カヤネズミというのでしょうか、親指大ほどのちっちゃなネズミを発見(笑)

Dscn4226

で、高尾山まで戻ったら今度は沢筋の6号路を辿って下山です。
スタートが遅かったせいでもう16時前。 こんな時間に登ってくる対向者もいないので、のんびり歩いていると沢沿いやこんな木の根っこの下の穴ぼこから、ゲロゲロッ、グワッグワッとカエルの鳴き声が・・・
春を目前に動植物が蠢き出した・・・って感じでしょうか。

Dscn4230

この沢筋の6号路で楽しみにしていたのが、ハナネコノメ。
まさに今が旬の花なのですが・・・

Dscn4232

あうぅ・・・、せっかく見つけたと思ったら夕暮れ近い時間のせいでしょうか、どの花も花弁を閉じてしまっていて、赤い雄しべと白い花弁のきれいなコントラストを見ることが出来ませんでした(涙)

Dscn4235

今日も無事に山歩きを楽しむことが出来ました、ありがとう。

本日の歩行距離、約14km。
自宅に辿り着くなり、目は痒い痒い、鼻はズルズル・・・とすっかり花粉にやられてしまったようです。
雪の景色からガラッと気持ちを切り替えて蠢き出した山に触れると、さぁ、今年もまた萌える山々を自転車と歩きで毎週のように繰り出す季節の訪れですね。

 

|

« 鷹ノ巣山(1736m) モノトーンの世界 | トップページ | ハナネコノメ »

ハイキング」カテゴリの記事

コメント

INTER8さん

冬の間地中に眠っていたものが蠢き出す様子が感じられる瞬間って、なんだかソワソワ、ワクワクしてしまいます、毎年のことながら。
過ぎ行く雪山も名残惜しくて、まだしばらくは後追いしちゃいそうですが・・・(笑

そう言えば、INTER8さんと名栗ですれ違ってからほぼ1年ですね!
引き続きよろしくお願いします。

投稿: さだぼん | 2012年3月22日 (木) 22時14分

こんにちは。
春先の低山俳諧は高い山域に比べて心に余裕があってのんびりできますよね。
水場のゲコゲコは何度かビックリしたことがあります。良く行く墓村~和見の山道では沢伝いに合唱していて、初めはサルの群れかと思ったくらいでした。

投稿: INTER8 | 2012年3月22日 (木) 12時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鷹ノ巣山(1736m) モノトーンの世界 | トップページ | ハナネコノメ »