« Legnano Mod. "Roma Olimpiade" 1959/60 | トップページ | 鷹ノ巣山(1736m) »

2011年11月26日 (土)

奥武蔵グリーンライン、堂平山(876m)

Dscn2435

遠景が望める稜線上の峠道を走りたくなって、この時期の定番コース、奥武蔵GLへ。
それにしてもいい天気だったなぁー。

 

Dscn2377

JR八高線、越生駅まで片道820円のプチ輪行。
寒いけど、気持ちいい天気!

Dscn2382

さっそく奥武蔵GL最初の峠、顔振峠への登りにつきます。
一番向こうに見える山のてっぺんにキラリと光るドームが・・・。 そう、今日の目標は奥武蔵GLを経て天文台を頂く堂平山へ。

Dscn2387

越生駅から約1時間半で顔振峠に到着。 今日も富士山がはっきりと。

Dscn2396

いや、ほんと爽やかでいい気分!

Dscn2404

わずかにまだ黄葉が踏ん張ってくれていました。

Dscn2410

紅葉が終わったこの時期ならではの清々しさってありますよね!

Dscn2411

葉の落ちた稜線上の林道ですから、左右に遠景が楽しめます。

Dscn2417

そして奥武蔵GLきっての眺望スポット、刈場坂峠(かばさかとうげ、818m)に到着。 越生駅出発から2時間50分ってところです。

Dscn2413

有名な看板ですね。 毎年写真に撮っているような・・・(笑)

Dscn2415

ここでこの景色を眺めながらスープを湧かして、オニギリを頬張ります。 あぁ美味しい!

Dscn2439

刈場坂峠で約30分の休憩後、40分ほどのアップダウンを乗り越えて・・・。 さぁ、天文台が見えてきましたよ。

Dscn2434

本日の最終目的地、堂平山に到着。
今日は360度、ほとんど雲がかからない眺望を楽しむことが出来ました!

Dscn2421

ずーっと向こうに冠雪の頂が見えますが、右側が男体山、左側が日光白根山ですね。

Dscn2419

目を左に向けると・・・、一番奥にそびえるのが浅間山、その手前のコブふたつが御荷鉾山。

Dscn2424

さらに左へターンすると、真ん中よりやや右に見えるギザギザの山が先日走った八丁峠を登山口とする両神山。 そしてその左にはなんと八ヶ岳連峰の最高峰、赤岳まで見通すことが出来ました!
冬の八ヶ岳、ぜひ行ってみたいなぁー。

Dscn2437

そんな眺望を楽しみながら、チョコレートクッキーでコーヒーブレイク。 あぁ、しあわせ・・・(笑)

Dscn2442

BSグランテックの前カゴにアマチュア無線機一式を詰め込んで山頂で交信を楽しむオジサンやハイカーの方々との談笑も含め小一時間、堂平山で過ごして、そろそろ風も出てきたことだし、下りることにしましょう。
山頂付近ではまだモミジが彩りを添えていましたよ。

Dscn2443

ちょうど14時にJR八高線、明覚駅に到着。
14:41発の電車にグッドタイミングでした(ちなみにその前は12:56発、その後は16:01発となります!笑)

Dscn2446

外は寒いので、駅舎のなかで袋詰め作業を・・・。
で、自転車が片付いたら駅前のコンビニで缶ビールとホカホカの肉まんを買ってきてベンチでひと息。 あぁ、至福・・・(笑)

Dscn2448

今日も一日楽しかったぁー。 お疲れさま。

本日の走行距離、49km。
紅葉ピークのタイミングでグリーンラインを訪ねたことはまだないのですが、やはりこの稜線ルートは落葉期の今が一番じゃないかな、と思います。
山頂での会話ではもう少し寒くなると白石峠から山頂までの路面が凍結してとても走れないらしいですし・・・
新緑、紅葉、そして冬枯れ・・・。 同じ峠ルートでもいろんな楽しみ方がありますが、そのルートが一番「らしく」姿を変えるタイミングを見つけるのもまたサイクリングの醍醐味なのでしょう。

【おまけ】

本日の新兵器はこれ。

Dscn2400

イタリア、Marresi(マレッシ)のサイクリングシューズ、"Classic Storica"です。 先日、UGの兄♭♭♭さんに教えていただいてすぐに注文したものなんですが、これが実に具合いいんです! それにこの高級感! 下を向きながらハァハァと峠を攻めている最中も目に入るこの靴を見てうっとり、そしてニタァ〜(笑)
堂平山頂でも会話をした何人かのハイカーからお褒めいただきました。
ビジネスでも趣味でも同じですが、靴がスカッとしていると気持ちいいですね、やっぱり!
この靴の詳細はこちら

 

 

 

|

« Legnano Mod. "Roma Olimpiade" 1959/60 | トップページ | 鷹ノ巣山(1736m) »

サイクリング」カテゴリの記事

コメント

堂平山は自転車で走って上れるんですね。他にそういうお山はあるんでしょうか。分かりません。
ブル道を押して上れる所はあります。三ッ峠山。年に一度は行って山道下りを楽しんでいます。
グリーンラインはロードがガンガン走ってるので、ツーリングでのんびりする時は遠慮しています。ファストラン気分で行くことはありますが。刈場坂峠は以前ブヨに刺されて痒い思いをしました (^^;
明日は渋沢丘陵へ行ってきます。“湘南自転車オヤジ”氏と遭遇予定。

投稿: INTER8 | 2011年12月 3日 (土) 22時16分

INTER8さん

おぉ、一日違いでしたか!
やっぱり、この時期に走りたいと思う峠道のイメージって皆さん同じなのかもしれませんね。
山頂まで自転車に乗って登れる山、ってことで堂平山は私のお気に入りです。
わずか800mの標高のわりに眺望をバッチリですし。
この近辺でこれに匹敵する山もしくは峠道、ご存知ですか?

投稿: さだぼん | 2011年11月30日 (水) 21時38分

シューズ届いたんですね。いいなぁ…
僕の小遣いは消耗パーツと師走の忘年会で消えそうです (;_;)
BSグランテック氏は蛍光イエローでしたか?
27日、僕が出会ったBSグランテック氏は、越生から龍穏寺経由でグリーンラインへ上る途中の見晴台で無線を楽しんでいました。
冬のグリーンラインは車やオートバイ、ロードの人達も減って静かでいいですよね。一日違いのニアミスでした (^^;

投稿: INTER8 | 2011年11月30日 (水) 00時01分

神奈川まーさん

こんばんは。
コメントありがとうございました。
刈場坂峠での白いGIANT、もちろん覚えていますよ。

乗る、着る、いじる・・・、自転車の楽しみ方って実に幅広く奥深いですよね。
自分なりのスタイルを作れればいいな、と思いながら奥多摩や奥武蔵、奥秩父を中心に走っています。

これからの季節、ますますキリッと清々しくなる峠道が楽しみです。
今度どこかでお会いできたらお声がけしますね!

投稿: さだぼん | 2011年11月29日 (火) 22時02分

さだぼんさん。はじめまして。
『奥武蔵グリーンライン 凍結』でググッて辿り着き
ました。・・・と思ったら、私と同じ日に登っている!
刈場坂峠でさだぼんさんが渋くお茶している時に、
私も数メートル横でオニギリ食べていました(笑)

TOEIの美しい自転車とさだぼんさんのキマったスタイ
ルが晴天の峠にマッチしていて、雑誌のワンカットを
覗いているようにかっこよかったです!

自分も峠をノンビリ登るのが大好きです。
ただ自転車はさだぼんさんとは対極のような
味気のないGIANTのカーボンロードなので、
さだぼんさんのような、
パスハントスタイルに憧れます。

当日は天気が良くて空気がシマッていて、
遠くまで双眼鏡を覗いているようにくっきりと
景色が見えて最高でしたね!
またどこかでお見かけできる日を楽しみにして
います! 長文失礼しまた。

投稿: 神奈川まー | 2011年11月28日 (月) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Legnano Mod. "Roma Olimpiade" 1959/60 | トップページ | 鷹ノ巣山(1736m) »