« 甲斐駒ケ岳(2967m)、仙丈ヶ岳(3033m) 一日目 | トップページ | 涸沢、奥穂高岳(3190m) 一日目 »

2011年9月25日 (日)

甲斐駒ケ岳(2967m)、仙丈ヶ岳(3033m) 二日目

Dscn1063白い花崗岩のピラミッドのような甲斐駒ケ岳とうって変わり、今日はカールの曲線が女性的で柔らかな"南アルプスの女王"、仙丈ヶ岳に向かいました。

Dscn1021早朝4時に起床。 まだ真っ暗ななか、ヘッドライトの明かりを頼りにフライパンでウインナーとキャベツを炒めてホットドッグの朝食を。
5時半、ようやく明るくなったテントの表面には霜が降りていました。

Dscn1024昨日に引き続き、今日もいい天気に恵まれそうですね! さあ、出発です。

Dscn1029さっそく急登をエッチラ・・・

Dscn1040昨日登った甲斐駒ケ岳におはよう! 気持ちのい朝です。

Dscn1049樹林帯を抜けたら小仙丈ヶ岳に向かう稜線を。

Dscn1056おぉ!正面の谷底に北沢駒仙小屋テント場が見えました。 もちろん、僕の黄色いマイホームも(笑)

Dscn1062約2時間かけて小仙丈ヶ岳に到着。 美しいカールの仙丈ヶ岳が姿を現します。

Dscn1069こんな気持ちのいい稜線を歩けるなんて、ホント最高です!

Dscn1092稜線から振り返ると、先ほど通過した小仙丈ヶ岳の向こうに甲斐駒ケ岳、そして八ヶ岳が・・・

Dscn1096さて、もうすぐ仙丈ヶ岳の頂上かな、と思ったのですが・・・

Dscn1098稜線はさらに右へ延びており、一番向こうのピークが仙丈ヶ岳の頂上のようです。 あと15分くらいでしょうか。

Dscn1102小仙丈ヶ岳からの稜線歩きで常に左側に見えていたのが、標高第一位(富士山)、第二位(北岳)の競演でした。

Dscn1111さぁ、頂上まであとひと息!

Dscn1121標高3033m、僕にとっては富士山に次いで2番目となる3000m級の登頂となりました。
ところがそんな登頂を祝してくれたのか、急にガスがかかってきたうえアラレがバラバラと降り出してきました。
頂上で休んでいた男性に記念写真をお願いして早々に下山開始です。

Dscn1124でもご覧のようなガスも僕がピークに立ったほんの一瞬だけだったようで・・・

Dscn1133山頂を少し下った頃にはすっかりガスも消え失せ、振り返ると真っ青な空を背景にした仙丈ヶ岳のシルエットが・・・。 なんだか悔しいなぁー(笑)

Dscn1136予定では山頂で大休止の予定でしたが、このあたりで食事にしましょう。
それにしてもこんな眺めを見ながら食事・・・、なんて贅沢なんでしょう。

Dscn1146ますます晴れ渡る青空、そして陽光に輝くチングルマ。 花後の、風車のようなこの姿が名前の由来だそうです。

Dscn1155カールを勢い良く流れ落ちる、まさに南アルプス天然水のCMを彷彿させるような沢の流れをよく見ると、草の葉一本一本がまるで樹氷のように凍りついているではありませんか。
手ですくって一口飲んでみると、美味しいっ! ちょうど空になりかけたボトルにたっぷりと注ぎました。

Dscn1167カールのど真ん中に建つ仙丈小屋とその向こうにそびえる仙丈ヶ岳。 登りはつらいけど下るのはあっという間ですね。

Dscn1177ここからは薮沢沿いの下山ルートが続きます。 今日は朝からずっと甲斐駒ケ岳に見守られていたような・・・

Dscn1190薮沢を離れ樹林帯へ。

Dscn1194当初の予定ではとても間に合いそうにないな、と思っていた13:05北沢峠発のバスにひょっとしたら間に合いそうなペース。

Dscn1197だったら頑張って間に合わせなくちゃ! だってそれを逃したら次は2時間半後じゃないとバス来ないし・・・(笑) ついつい駆け足になります。

Dscn1200バス発車まであと30分というところでテント場に戻ってこれました。 さぁ、急いでテントを撤収。
今回の重装備に役立ってくれたザックは米国グレゴリー社の「BALTORO75」。 文字通り75リットルの容量を誇る大型ザックですが僕のパッキングが下手なのか、はち切れそうなくらいパンパンに・・・(笑)

本日の歩行距離約11km、二日間の合計約19km。
出発予定日の夕刻になってアクセス道路の通行規制が解除されるというドタバタの出発でしたが、本当に来てよかった。
百名山をいっきに二峰制覇、しかも山容のまったく異なるバリエーションに富んだルートをこれ以上ない快晴のもとで楽しむことができ、大満足の山歩きとなりました。
あともう一回、いや二回くらいはテント泊を楽しんで今シーズンを締めくくれるといいなぁ・・・

 

|

« 甲斐駒ケ岳(2967m)、仙丈ヶ岳(3033m) 一日目 | トップページ | 涸沢、奥穂高岳(3190m) 一日目 »

ハイキング」カテゴリの記事

コメント

Hi, Tsai.

Recently, because your blog has not been updated, I was worried.
But I'm glad to hear that you have arrived in Tokyo safely.

Hope the weather is good and it is not too cold for you.

Best Regards.

投稿: さだぼん | 2011年9月30日 (金) 10時58分

Hello.

I'm in Tokyo now.

Will leave to Fujisan on Oct. 1st.

I live in my friend's house in Oota ku.

Best regards, Tsai

投稿: Tsai | 2011年9月29日 (木) 18時05分

alps-kさん

お久しぶりです。
alps-kさんと2年半前に初めてお会いした小熊黒沢林道もそうでしたが、自転車で峠を超えた先に望む雄大な山々を見ていると、次はあの頂に立ってみたいと思いますよね。
私にとっての山歩きは自転車の延長線上にあるのかもしれません。

歳は・・・、まぁここでは内緒ということで(笑)
alps-kさんより三つ四つは若かったはずでは?!

投稿: さだぼん | 2011年9月27日 (火) 21時07分

foot山歩き楽しそうですね・・。
私もやってみたい・・。

夏、京都に戻ってこられれていた時、気がつくのが遅く・・。ご一緒できれば・・(o^-^o)

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
ところで・・さだぼんさんお幾つ位なのでしょうか・・(^-^;

投稿: alps-k | 2011年9月27日 (火) 03時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 甲斐駒ケ岳(2967m)、仙丈ヶ岳(3033m) 一日目 | トップページ | 涸沢、奥穂高岳(3190m) 一日目 »