« 嵯峨野ポタリング | トップページ | 大和高原 2011夏 »

2011年8月16日 (火)

八丁林道

Dscn0346廃道化のすすむ八丁林道をランドナーでまったりと•••

 

Dscn0308このコース、先日UGの兄♭♭♭さんらRRCBメンバーの皆さんが走られたのを拝見し、帰省時にぜひ!と考えていました。
早朝5時半ごろの鴨川御薗橋付近。

Dscn0309鞍馬へはいつもここから原峠を超えて。 Mac OS Xに標準搭載されている日本語フォント「ヒラギノ」の名はここに由来します。

Dscn0310終点の鞍馬駅へ向かう叡電(えいでん)。 もとはと言えば同じ京福電鉄(現在は叡山電鉄)ですが、実家の前を走る嵐電(らんでん)とはまったく装いが異なります。

Dscn0311鞍馬寺。 鞍馬天狗や牛若丸伝説で有名ですが、いつもこうして前を通り過ぎるだけなんだよなぁ。

Dscn0314鞍馬寺を過ぎるとこのようなべんがら格子にうだつの上がった家並みが•••。

Dscn0316花脊峠への長い長〜い上り。 なんだか京都へ帰省するたびに走っているような気もします(笑)

Dscn0317峠ピーク(769m)への到着は7時40分、気温は22℃と大変気持ちいいです。

Dscn0321いつも同じ場所でのショットですが、峠を下り終えた別所集落のこの風景が大好きなんです。

Dscn0325川辺に群生するハンゴンソウや•••

Dscn0329ノコンギク(?)に癒されながら。

Dscn0331広河原あたりのこんな風景も大好きです。 あっそうそう、ここでは鹿の親子が 川で水を飲んでいました!(残念ながらシャッターは間に合いませんでしたけど•••)

Dscn0333さて、ほんとうに気持ちの良いまったりランをしばし楽しんだら、お次は佐々里峠です。

Dscn0344エッチラオッチラとペダルを踏み続けて約30分、峠頂上の石室に到着。
いつもならこの石室でのんびりと食事なのですが、時間はまだ9時半。 軽くビスケットを口にして先へ進むことにしましょう。

Dscn0345_2峠のダウンヒルを楽しんだら、いよいよ今日のハイライト、八丁林道へ。
佐々里の分岐標識に「行き止まり」と表示されているせいでしょうか、こんなキレイな道にクルマの往来は一台もなし!
おばあちゃんも悠々と道の真ん中を•••(笑)

Dscn0356しばらくは小ギレイな道が続くものの、八丁出合の分岐から勾配が増すとともに路面も荒れてきます。

Dscn0351岩面をしたたり落ちる水にしばし暑さも忘れそう。

Dscn0358銘板には「昭和30年3月竣功」と刻まれていました。
なお、この先に大きく崩れた箇所があり、もう何年も(少なくとも)クルマの往来は途切れてしまっているようです。

Dscn0368最後におばあちゃんの姿を見てから約1時間と少々、誰とも行き交うことのない荒んだ林道をひとりトボトボと•••。 ようやくピークに到達です。
とはいえ、ピークからはほとんど眺望がきかず、写真は少し下った地点から。

Dscn0372で、おまちかねのダートのダウンヒル!
RRCBのレポートでは約2kmとありましたが、でも実際走ってみると数百m?と思えるほどあっけなく•••(笑)

Dscn0378周山街道(R162)に出てからはいつも通り魚ヶ渕の吊り橋に立ち寄ろうかと思いましたが、たまには別のコースということで田園風景のなかを走り抜けて宇津峡へ。

Dscn0385宇津峡から桂川の左岸を日吉ダム(天若湖)へ。
時刻は13時を回っています。 だんだん暑さに参ってきました•••(笑)

Dscn0393なにしろ暑いし、すでに走行距離は80kmを超えてお尻は痛くなってくるし、早く駅についてプシュッ!と泡の出るモノ飲みたいし•••。
この天若湖畔ルートではほとんど思考停止状態•••(笑)

Dscn0389いつの間にやらもうこんな季節•••。
涼しい秋の峠道が待ち遠しいなぁ〜。

本日の走行距離90km。
帰路は山陰線日吉駅から輪行したものの、実家から自走であっという間にこのようなすばらしい風景の中に身を置くことができるなんて、やはり北山は最高です!

 

【おまけ】

今日は8月16日。 そう、京都五山の送り火(大文字焼き)ですね。

Dscn0419午後8時。 食事を終えておふくろと一緒に「とりあえず西大路通りまで出てみるか」と家を出たのですが、途中、近所の洛星高校の前を通ると屋上が解放されているとのこと。

Dscn0396_2すでに多くの見物客が。 でも余裕で一番前の柵の手前に陣取ることができました。

Dscn0403右大文字。 月とのコラボレーション。

Dscn0411そして左大文字。 子供の頃は実家の2階から見ることできたのですが、いつの間にかそれも叶わなくなっていました。
陸前高田の松を使うだの使わないだのとドタバタもありましたが、これで京都の夏の風物詩も無事終わりましたね。

 

|

« 嵯峨野ポタリング | トップページ | 大和高原 2011夏 »

サイクリング」カテゴリの記事

コメント

京都、いいですね。
綺麗な農村風景の写真に見入ってしまいました。
こちら(関東)よりも農村部の広がりを感じます。いいなぁ…

投稿: INTER8 | 2011年8月25日 (木) 12時23分

UGの兄♭♭♭さん

90km•••、母親からは「アンタ、ええ加減自分の歳よう考えて走りや」と諭されます(笑)

八丁林道、佐々里側はひとりで走るにはちょっと寂しくて不安を覚えるくらい荒れ放題でしたが、南側はダート区間も含めクルマが入り込んでいる様子でしたね。

今度タイミングがあえば、是非まったりランにご一緒させてください。

投稿: さだぼん | 2011年8月20日 (土) 01時23分

yukimaruさん

田んぼの中に茅葺屋根の家が建ち、そばを小川が流れている•••、という情景が多くの人にとっての日本の原風景だとすれば、そんな情景にほんの十数分〜小1時間でアクセスできるのが私の実家のメリットです。
今暮らしている東京の多摩でもこうはなかなかいきませんからね。

投稿: さだぼん | 2011年8月20日 (土) 01時15分

おっ、行ってこられたんですね。我々のときは大勢でがやがや楽しく登りましたが、ソロで静かにもいいですね。

でもこの時期3峠越えで90kmはお元気だと思います。

投稿: UGの兄♭♭♭ | 2011年8月19日 (金) 21時40分

こんにちは

富士山・白馬と天空シリーズから
一転して
日本の原風景シリース!

前にも同じコメントしたかも知れませんが
京都の風景は日本の風景の代表ですね。

美しくもあり、懐かしくもあり
とっても和まされる風景です。

投稿: yukimaru | 2011年8月19日 (金) 16時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 嵯峨野ポタリング | トップページ | 大和高原 2011夏 »