« iMac (MC813J/A) | トップページ | 白馬岳(2932m) 二日目 »

2011年8月 8日 (月)

白馬岳(2932m) 一日目

Img_0226あこがれの北アルプス、白馬岳(しろうまだけ)へ。
大雪渓、お花畑、稜線歩き•••。 まさに天空の楽園がそこにありました。

 

Dscn0037立川00:29発の夜行列車「ムーンライト信州81号」で一路、白馬へ。
白馬駅からさらにバスで約30分、登山口の猿倉に到着です。

Dscn0043猿倉からしばらく林道を歩きますが時々垣間見える雪渓に気も逸ります。

Dscn0049大雪渓の出発点、白馬尻で準備を整えて•••

Dscn0056う〜ん、あの雪渓の先端まで歩くんだ•••。 全長約2km、写真で見るより傾斜は急でしかも直登です。

Dscn0067軽アイゼンを装着していよいよスタート!

Dscn0076最高にいい天気なのに雪渓上はまるで冷凍食品メーカーの倉庫のような冷たさ•••

Dscn0088そのうちにだんだんとガスが出てきて•••

Dscn0099たちまちホワイトアウト!
あちらこちらでさかんに「落石注意」を呼びかける看板を目にしますが、だいたいこんな急登でヒィヒィいって落石に気を配りながら前を見て歩くというのはとても困難だし、おまけにこのガスでは突然目の前に現れた落石を避けるなど絶対無理です•••(笑)

Dscn0103運良く落石にも遭遇せず、1時間20分に及ぶ大雪渓歩きを無事に終了。

Dscn0105雪渓歩きの次は本日ふたつめのお楽しみ、お花畑です。 まずはミヤマキンポウゲ。

Dscn0186ハクサンフロウ。

Dscn0113クルマユリ。

Dscn0119おっと、場面は急に変わりまして•••。 雪渓がとけた水が流れ落ちる横を慎重に•••

Dscn0126まだまだ高山植物の見本市は続きます。 こちらはシロウマアサツキ。

Dscn0127いろいろ調べてみたのですが、この花の名前は•••?

Dscn0132こちらはもはや世界的に有名?なタカネナデシコ。

Dscn0135テガタチドリ。

Dscn0136ミヤマクワガタ•••、ってなんか昆虫みたいですね。

Dscn0140ミヤマオダマキ。 まだつぼみ状ですが、あとにも先にもこれを目にしたのは一回だけでした。

Dscn0150アオノツガザクラ。 いかにも高山植物らしい可憐さです。

Dscn0156いや、もう、高山植物みているだけですっかりお腹いっぱいになりそうですが(笑)
今日のランチはパスタを茹でてみました。

Dscn0157なかなか美味しく出来上がりましたとさ•••

Dscn0165お花畑はまだまだ続きます! こちらはヨツバシオガマ。

Dscn0187どうですか、この競演!
もうまったく見事というほかありません。

Dscn0196圧巻のイワオウギ。

Dscn0200そして本州では八ヶ岳とここでしか見られないというウルップソウ。 この花もこの一株が最初で最後でした。

Dscn0207紫色のイワギキョウとタカネヤハズハハコ(どこで区切って読めばいいのでしょう、笑)

Dscn0212こちらはミヤマシオガマ(紫)とタカネツメクサ(白)のコンビネーション。

Dscn0220タカネツメクサとその向こうにそびえるのは旭岳。 雪渓がフクロウの顔に見えませんか?

Dscn0225そしてようやく今夜のねぐら、白馬山荘に到着。 山荘建物の向こうに尖って見えるのが白馬岳(2932m)です。

Dscn0240山荘に荷物を置いたら、夕食の時間まで散歩でもしてみましょう。
山荘を少し登ったところから見た杓子岳(2812m)とその向こうが鑓ヶ岳(白馬鑓、2903m)。 白馬岳とこのふたつをあわせて白馬三山と呼ぶようです。

Dscn023417時になったら夕食です。 とんかつ定食でした(ごはん、みそ汁はおかわり自由)。

Dscn0248夕食のあと、腹ごなしにふたたび外へ。
日本海に落ちる夕日がとてもきれいです。

Dscn0254そして手前の杓子岳に目を向けると•••。 夕日に染まる山塊が明日の快晴を約束してくれているようですね。

いやぁ、まだ初日だというのに雪渓歩きにお花畑ともうすっかり満腹。
いったい何十種類の花の写真を撮ったことでしょう。 調べても名前が分からずご紹介できなかった花がまだいくつも•••
また、上でご紹介した花のなかには名前が間違っているものもあるかもしれません。 お気づきの節はどうかご一報いただければ幸いです。

さぁ、明日は北アルプスらしい稜線歩きを堪能してみたいと思います。

 

 

 

|

« iMac (MC813J/A) | トップページ | 白馬岳(2932m) 二日目 »

ハイキング」カテゴリの記事

コメント

yukimaruさん
INTER8さん

こんな楽園、体験しちゃうともう地上では何もする気が起きません•••(笑

大雪渓の落石。
アイゼン外して休憩している最中にもガラガラッと大きな岩がいくつか上方から転げ落ちており、私も「ラークッ!」と叫んだりしました。
ホント、おっかないです•••

投稿: さだぼん | 2011年8月11日 (木) 08時09分

白馬は落石事故をよく聞きますからね。遭遇せずになによりです。
綺麗な山の写真を見て行った気分にさせてもらってます。
計画をたてるのが苦手な僕は、相変わらず低山俳諧が多いです。

投稿: INTER8 | 2011年8月10日 (水) 23時27分

こんにちは。
地上は、灼熱地獄でしたが
天空の世界は感動的ですネ。

可憐で珍しい高山植物に
天空から見る
日の入り・・・心が洗われます。

日本の山はいいですネ。

imacもいいですネェ~

投稿: yukimaru | 2011年8月10日 (水) 16時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« iMac (MC813J/A) | トップページ | 白馬岳(2932m) 二日目 »