« 棒ノ嶺(969m) | トップページ | 富士山(3776m 須走口) 一日目 »

2011年7月 2日 (土)

御岳山(929m)

2011_0702_055 今日も予報は曇り。
しからば、ガスに煙ったロックガーデンを・・・と御岳山へ。

2011_0702_001 何度か登っている御岳山ですが、今日はJR鳩ノ巣駅からの裏ルート?を辿ることに。

2011_0702_003 渓谷にかかる橋、そしてキャンプ施設鳩ノ巣バンガローから立つ煙・・・。 いい感じです。

2011_0702_005 登り始めは例によって杉の植林帯を・・・。 道祖神に今日の無事を祈りつつ。

2011_0702_009 先週の棒ノ嶺と同様、ここでもアジザイに挟まれた登山道をゆっくりと。

2011_0702_016 藪漕ぎ・・・というほどのものではありませんが、奥多摩の山々はいよいよこんな季節に突入なんですね。

2011_0702_017 アジサイの合い間を埋めてくれるのがアカショウマ。 これの園芸種であるアスチルベはうちの庭にも植わっています。

2011_0702_020 これは何というのでしょう? 登山道脇だけでなく、頂上集落の石塀にも多く咲いていました。

2011_0702_021 御岳神社下の長尾平に到着したらちょうどランチタイム。 標高900mに位置する御岳山頂集落を眺めながらカップラーメンをすすります。

2011_0702_023 ゆっくりと小一時間の休憩後、お楽しみのロックガーデンへ。 でも少し陽も射してきたりして・・・、ちょっとガスに煙った景色は期待薄ですね。

2011_0702_030_4 やれ節電だ何だと騒々しい下界の生活がウソみたいに思えるほど、本当に涼しくて爽やかなこのロックガーデンの様子、少しでも皆さんに伝われば・・・

2011_0702_032

2011_0702_038 ふとそこに佇んだ瞬間に時間の経つのも忘れてしまう・・・、そんな表現がぴったりの岩と苔と清流の競演です。

2011_0702_066 さあ、そしてロックガーデンのトリは・・・、向こうに見える綾広の滝です。
御岳山は高尾山に次ぐ東京第2のハイキングスポットですが、山ガールも沢山!

2011_0702_076 梅雨時期の綾広の滝は水量が多く、普段のか細い女性的なイメージとは違いますね。

2011_0702_083 そして再び山頂集落へ戻ってきました。
本当はこの先、まだ歩いたことのなかった大塚山を越えてJR古里(こり)駅に出るルートを予定していたのですが、そちらへ向かう途中、反対からやってきたご夫婦に呼び止められ「大塚山で大きな獣の気配がしていたので気をつけて!吼えていましたし・・・」と。
「えっ!おぃおぃ・・・」とすっかり怖気づいてしまった僕はあっさりと回れ右して、ケーブルカーで下山することに・・・(笑)

本日の歩行距離、約11km。
夢見心地のロックガーデンを去り、JR青梅線を立川駅で降りた途端、梅雨が明けたかと思えるほどの青空とクラクラする気温に現実に引き戻されてしまいました・・・
さあ、今度は8月のレンゲショウマの群生を見に、また御岳山へ登ることになるのですね。

 

【おまけ】

2011_0702_014 本日の新兵器はこちら、オスプレーの小型ザック「Manta 25」ですが、これに付属してきたハイドレーション・システムがなかなか使えます!
先端についているシリコンゴムを口に含んで軽く噛めば、ジュッ!と水が飛び出してきます。
ザックのサイドポケットに突っ込んだペットボトルだといちいちザックの上げ下ろしが面倒でついつい水分補給を怠ってしまうのですが、これだと簡単、逆に飲みすぎてしまうくらい?(笑)
暑い夏の低山ハイクにはぴったりですね。

 

 

 

|

« 棒ノ嶺(969m) | トップページ | 富士山(3776m 須走口) 一日目 »

ハイキング」カテゴリの記事

コメント

BLKさん

ありがとうございます!
「ユキノシタ」だったんですね。
名前はよく耳にしますが、コレがそうだとは知りませんでした。
葉は生薬としても使われるみたいですね。
でも、こうしてひとつひとつ花の名前を覚えてゆくことがささやかな幸せに感じられるってのは、歳のせいでしょうか?!(笑)

投稿: さだぼん | 2011年7月 4日 (月) 21時11分

さだぼんさん、こんにちは。写真からは渓流の水音が聞こえてくるようです。石塀や石垣に群生する小さな花はユキノシタかと。水尾の集落の石垣にもたくさん咲いていたやつです。若葉は天ぷらにして食べるそうですが、私はまだ食べたことがありません。

投稿: BLK | 2011年7月 4日 (月) 12時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 棒ノ嶺(969m) | トップページ | 富士山(3776m 須走口) 一日目 »