« JOS "TYPE-U" 1950s | トップページ | 御岳山(929m) »

2011年6月26日 (日)

棒ノ嶺(969m)

2011_0626_003 いくら梅雨とはいえ、3週間も引き篭もりが続いて、もう我慢も限界ってことで久しぶりに・・・

2011_0626_001 ガスに煙る峠道サイクリングか、ハイキングか・・・
散々迷いましたが初めてのコースということでハイキングへ。
西武線飯能駅からバスでさらに40分。 到着した有間ダムは予想以上のガスが垂れ込め、ミストのような小雨模様。

2011_0626_006 これから登る棒ノ嶺(棒ノ折山)。 人気のコースなんですね、こんな天候にもかかわらずハイカーはゾロゾロ・・・

2011_0626_007 さあ、さっそく現れました! 本日のハイライト、白谷沢のプチ沢登りです。
どこをどう歩くのかって? この沢の流れに沿って登っていくんですよ。

2011_0626_009 さてどこにどう足を置いて進もうかな・・・

2011_0626_011 V字谷を反対側から見ると・・・。 後ろからもハイカーの列が絶えません。

2011_0626_015 えっと、さすがにこの滝を登るわけにはいきません。 横の石段を滑らないよう慎重に・・・

2011_0626_018 横に石段があるのにわざわざ滝にロープを垂らして下りていく沢屋さん発見!(ちなみにこの方、女性です!)

2011_0626_026 いやぁ、しっかしちょっとガスり過ぎですね、今日は・・・(笑)

2011_0626_028 プチ沢登りもいよいよ佳境。 正面の滝まで進んだら右手のクサリを伝って岩登りです。
いや、ホント楽し過ぎです、このコース!

2011_0626_032 クサリを登りきったところで現れたのが「白孔雀の滝」。 孔雀が羽根を広げたように広がる流れが滝壺に落ちていく様が名称の由来なのでしょう、きっと。

2011_0626_038 登山道の両サイドにはコアジサイやウツギなど、シーズン真っ盛りの花たちが迎えてくれます。

2011_0626_040 この丸太階段を登りきれば、いよいよ頂上に。

2011_0626_047 それにしても棒ノ嶺って人気の山なんですね。 ガスってまったく眺望のきかない山頂に30~40人のハイカーが思い思いにランチを囲んでいましたよ。

2011_0626_043 で、僕もさっそく。
楽しかったプチ沢登りと、ガスり過ぎて20m先の見通しもきかない頂上に乾杯っ!

2011_0626_050 頂上の東屋は団体のハイカーですでに立錐の余地もないくらいでしたが、それまでバラバラッと降っていた雨もやみ、おかげでのんびりと草むらのうえで昼食をとることができました。

2011_0626_051 登りと同じ白谷沢を下るのも芸がないので下りは違うルートを選んだのですが、面白かった登りとは一転、単調な杉の植林帯が最後まで続くことに・・・。 トホホッ

2011_0626_054 登山口の有間ダムにほど近い河又バス停に無事下山です。

本日の歩行距離、約8km。
電車の乗り換えやバス乗り継ぎなどでアクセスに2時間近くもかかったわりには、歩いた時間は3時間半(昼食時間除く)というあっけないハイキングでしたが、期待どおりガスに煙る山のなかを歩けただけでなく、予想をはるかに上回る楽しいプチ沢歩きを堪能できた一日でした。
せっかくの梅雨。 積極的に雨を楽しまないとっ!ですね(笑)

 

 

 

|

« JOS "TYPE-U" 1950s | トップページ | 御岳山(929m) »

ハイキング」カテゴリの記事

コメント

INTER8さん

この時期、サイクリングにせよ、ハイキングにせよ、雨は織り込み済みで楽しむことが大事かも・・・
土砂降りは困りますが、さわさわと降る小雨の中を走ったり歩いたりしていると、そこにある自然をまるでひとり占めしているような気分になれますよね。

九州では梅雨が明けたそうですが、もう一回くらい雨のアウトドア、楽しみたいなー(笑)

投稿: さだぼん | 2011年6月29日 (水) 21時21分

冒頭の写真。超高速シャッターかと思ったら、クモの巣でしたね (^^;
僕は先日自転車担いで登りました。林道から直ぐかと思いきや、かなりの急騰で息が上がりました。下りは成木川沿いの林道を選びました。
梅雨時は予報が変わりやすいので予定がたてられませんね。降らなかったら近場のそのへん、て感じです。

投稿: INTER8 | 2011年6月29日 (水) 12時32分

yukimaruさん

今回はちょっと、幻想的過ぎたって感じでしょうか。

ま、それでも梅雨時だからこその楽しみもあるわけで・・・。

雨でも何でも週末にリフレッシュできると、月曜朝の通勤の気分が全然違いますから!(笑)

投稿: さだぼん | 2011年6月27日 (月) 20時58分

こんばんは。

幻想的な
素晴らし風景の写真が一杯・・・

天気を物ともせず
出かけられた
ご褒美のようですネ!

小生は
クシャミと鼻水と闘いながら
部屋の掃除で一日を終えました・・・。

投稿: yukimaru | 2011年6月26日 (日) 22時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« JOS "TYPE-U" 1950s | トップページ | 御岳山(929m) »