« 海沢探勝路、大岳山(1267m) | トップページ | MAXI-CAR Hub 1950s »

2011年5月21日 (土)

笹子峠(1096m)、御坂峠(1316m)

2011_0521_037 冬枯れの季節にしか訪ねたことのなかった峠道を、新緑のもと走ってきました。

2011_0521_006 JR中央本線笹子駅で自転車を組み立てて、ほどなく笹子峠の登り道に入ります。

2011_0521_010 今日も快晴・・・、というかポロシャツから露出した腕は早くもジリジリ(笑)

2011_0521_007 この笹子峠を越える道は旧甲州街道。
この道標が見えたら頂上まであとひと息ですね。

2011_0521_012 そしておなじみの笹子隧道。 僕の大好きなトンネルのひとつで、ポータルの壁柱が印象的なすばらしいデザインです。

2011_0521_016 トンネルを抜けるとこのような展望が・・・。
なので、笹子峠は笹子駅からよりも甲斐大和駅側からの方が気持ちよく登れるのではないかと思います。

2011_0521_018 さて、笹子峠を下り、約3kmほど交通量の多いR20号を走ったら脇道に逸れて、数多くのブドウ畑にはさまれた道をのんびりと流します。
そこかしこの畑で何やら手入れが行われているようです。 こちらの畑でも、皆さん赤い液体の入ったコップでブドウの房を消毒しているような・・・?

2011_0521_020 で、そのブドウは今どんな状態かといいますと、こんな感じです。

2011_0521_023 このように目の高さに広がるブドウ畑もあれば、2階の高さに葉が被い茂る畑もあります。

2011_0521_028 ブドウ畑を過ぎてR137号に入るといよいよ御坂峠頂上まで延々16km、平均勾配6%の登りが続くことに・・・。
R137の往来を嫌って途中まで平行する旧道を選びますが、勾配はもっとキツかったりして・・・(笑)
写真はR137号(および旧道)を約10km走り、御坂峠へ向かう旧道に分岐して後、数kmあたりの様子。

2011_0521_029 眩しい新緑の美しさや

2011_0521_027 ところどころ、アクセントを添えるヤマブキの花に癒されながら、分岐後約6kmの道のりを頂上目指して・・・

2011_0521_031 御坂峠頂上のこのトンネルも僕のお気に入りです!

2011_0521_033 そしてトンネルを抜けた正面に、ジャーン!
前回訪ねたときは真っ白に霞んで見えなかった富士山ですが、今日は期待どおりでした。
なので、この御坂峠は甲府側から(R137の長丁場はツライですが)登った方が感動もひとしお・・・

2011_0521_038 そしてこの峠でのお楽しみがもうひとつ・・・
そう、太宰治も居候していたというこの天下茶屋のほうとうです!(笑)

2011_0521_042 で、茶屋に入るなり「ほうとう鍋!」
いやぁ、美味かったなー(笑)

2011_0521_044 茶屋に入るときはそれほどでもなかったのですが、満腹になって茶屋を出た13時半ごろの様子。
クルマの家族連れやライダーたちがわんさか・・・! 客の少ない茶屋で落ち着いてほうとうを食べたければ早めの時間がいいようですね。

2011_0521_046 本日のゴール、富士吉田駅へ向かう途中、河口湖大橋から。
富士山の雪もすっかり少なくなりましたね。

本日の走行距離、約60km。
大好きなトンネルをふたつも見て、美味しいほうとうも食べて・・・。 ま、それだけの楽しみを得るためには16kmの登りも止むなし、というところでしょうか(笑)

ところで、昨夜ふと手に取ったグラフィック社の「CYCLO TOURIST Vol.2 総力特集 峠」という雑誌。
「日本の峠100選」というわりに、京都の峠が京見峠ひとつ(!)というずいぶん偏ったセレクティングに加え、今日登った御坂峠の紹介文には「甲府盆地への県道は補修工事のため通行止め」との記載がありました。
もちろん、今日僕が走ったとおり、通行止めなどありませんのでどうかご安心を。 それにしてもどうして道路規制など一過性の情報をこのような保存性ある印刷媒体に記載するんでしょうね?

 

 

 

|

« 海沢探勝路、大岳山(1267m) | トップページ | MAXI-CAR Hub 1950s »

サイクリング」カテゴリの記事

コメント

INTER8さん

南木曽の大平峠や伊豆の天城峠にも風情溢れるトンネルがありますね。
御坂トンネルの場合はトンネル自体の魅力に加えて抜けた先に広がる景色のふたつを一度に楽しめます。
様式の美しさでは笹子トンネルが今までで一番!と思うのですがいかがでしょう・・・

投稿: さだぼん | 2011年5月28日 (土) 12時42分

新緑が眩しい季節をうまく選んで、どちらも旧道トンネルの峠という趣のあるツーリングですね。
古いものでしかも時間によって風化していたり、あるいは良く使い込まれた感じが伺える道具や様々なもの。そういうのって旅心をくすぐります。
笹子峠は20年以上前に行ったきりで、行きたいとは思いつつも自走日帰りではちょいと厳しい位置にあります。
トンネルの形はすっかり記憶の彼方でした (^^;

投稿: INTER8 | 2011年5月27日 (金) 00時08分

yukimaruさん

帰りは富士吉田駅(7月から富士山駅に改名)から大月経由で輪行でした。
季節はもう夏ですね。新緑に見とれながら走っているうち、両腕が真っ赤に日焼けしてしまいました(汗)
これからは日焼け対策もしっかり必要です・・・、ってもう遅いですが(笑)

投稿: さだぼん | 2011年5月22日 (日) 17時24分

おはようございます。

いつも素敵な内容で楽しませて
頂いております。

小生にとっては
このブログが最高の
「お薦めツーリングガイド」ですョ。

今のところ
行きたい所ばかりが増えていますが・・・(苦笑)

今回の
帰りはどうされたのでしょうか?

投稿: yukimaru | 2011年5月22日 (日) 08時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 海沢探勝路、大岳山(1267m) | トップページ | MAXI-CAR Hub 1950s »