« 伊根の舟屋 | トップページ | 常寂光寺、祇王寺の青もみじ »

2011年4月30日 (土)

嵯峨樒原、京見峠茶家

2011_0429_064 京都帰省シリーズ、2日目。
嵯峨のかくれ里、水尾、樒原(しきみがはら)、越畑を経て北山をぐるっと一周です。

2011_0429_056 今日は予定距離も短いので、朝7時過ぎにゆっくりとスタートです。
実家から自転車で約5分のアイズバイシクルさん。 横引きのシャッターがお洒落ですね。

2011_0429_058 おなじみ、広沢池。
ここから眺める嵯峨野の田園風景が僕は大好きです。 帰省してまず最初に向かう場所でもあります。

2011_0429_059 まだ観光客の姿も見えない奥嵯峨小路を・・・

2011_0429_060 鮎料理で有名、鳥居本のつたやさん。
ここからちょっと気合入れて六丁峠に入ります。

2011_0429_066 六丁峠で朝イチのウォーミングアップをこなしたら、保津峡を経て柚子の里、水尾へ。
タイトル写真もこの地の名物、柚子湯旅館のひとつです。

2011_0429_067 さらに神明峠を越えて杉林のなかをダラダラと・・・

2011_0429_069 杉林を抜けると水尾に続く隠れ里、樒原(しきみがはら)。 水の入った棚田の風景がいかにも・・・、ですね。
今日も昨日に引き続き、いつ降り出してもおかしくないどんより雲に覆われて。

2011_0429_076 越畑には茅葺の農家が点々と見られます。

2011_0429_081 2年前のGWにこのコースを走ったとき、ブログのタイトル写真に使った立派な旧家。
当時の写真と比較して、門の茅葺が新しくなっていることに気づきました・・・

2011_0429_083 廻り田池。
晴れていれば瑞々しい新緑がもっと映えていたかもしれませんね。 でも気持ちいい風景です。

2011_0429_088 さぁて、僕と愛車の独占状態のこの道、思いっきり飛ばすとしますか・・・!

2011_0429_089 ひと仕事終えて休憩中の地元、細野集落のじいちゃん、ばあちゃん達。
僕もすぐそばでちょこっと休憩・・・(笑)

2011_0429_091 細野を抜けるとR162、周山街道に。 そしてほどなく笠トンネル入口となりますが・・・
さすがに1kmもの長いトンネルをクルマや爆音バイクに煽られて走る度胸はありません。
迷うことなく左手へ、そして廃道となった笠峠へ・・・

2011_0429_094 すでに登山道と化したかつての2車線道路。 峠頂上までは何本かの倒木を跨ぎながらのんびりと押し歩きです。

2011_0429_095 そして最も眺望の広がるこの場所でおにぎりの昼食とすることに・・・
あっ、そうそう、2年前は鉄格子と巨石で築かれていた例のバリケードですが、今回はさらにガードレールまで積み重ねられていて・・・、いやぁ、ひとりで乗り越えるのは大変でした(笑)

2011_0429_097 周山街道のダウンヒルを楽しんだら、杉坂口を左へ。 府道31号を京見峠へ向かいます。

2011_0429_099 ここで嬉しいサプライズが・・・。
今まで何度も走った京見峠ですが、営業中の京見峠茶家に出くわしたのは実は初めてでした!

2011_0429_103 せっかくなので、テーブル席ではなく、古い釜戸の前の床几に陣取らせていただくことに。

2011_0429_100で、さっそく注文したのが、わらびもち。
モチモチ食感がたまりません(笑)

2011_0429_106 続いて、おぜんざいもいただきました!
何が美味しいって、お餅の焼き加減が絶妙です。 皮はサクサク、中はトロ~リ・・・
あぁ、こんなことなら笠峠でおにぎり食べなきゃよかったぁ。 にしんそば、食べたかったなぁ~(笑)

2011_0429_109 さて、思いがけず念願かなった京見峠茶家を後にして、まんぷくのお腹をかかえながら峠を下ります。

2011_0429_111 紙屋川に沿って裏道を・・・

2011_0429_113 春の青もみじもちょうど見頃を迎えてるようですね・・・

本日の走行距離、55km。
いつ走っても、何度走っても、いつだって期待に応えてくれる京都北山ですが、今日は茶屋の甘味という思いがけないプレゼントまで用意してくれました。
さて、明日の京都最終日は、ちょっと趣向を変えて見に行きたいものが・・・
それも必ずや期待に応えてくれることでしょう。

 

 

 

|

« 伊根の舟屋 | トップページ | 常寂光寺、祇王寺の青もみじ »

サイクリング」カテゴリの記事

コメント

ALPS-Kさん

お疲れさまでした!
どうせなら、美山から佐々里峠~花脊峠を越えていただきたかったですが・・・(笑)
日吉へ向かう途中、魚ヶ淵の吊橋は立ち寄られましたか?
あそこも私のお気に入りスポットのひとつです。

そうですね、かやぶきの里は霧が立ち込める朝一番に行かないと観光バスが入ってくる時間帯だとちょっと興ざめかもしれませんね。

輪行袋、縦型はどちらかというと前後輪のみ外せばよいロードレーサー向きかもしれませんね。
私は超速5というデカイ袋を愛用しています。デカイといってもくるくる巻けば、縦型と同じ収納袋に収まりますのでお勧めですよ。

投稿: さだぼん | 2011年5月 7日 (土) 07時49分

sunかやぶきの里行ってきましたよ。
九鬼ヶ坂峠で勘違いして、峠ってないのでは、と思ってからが峠でした。幸い降車することもなく越しましたが、疲れが倍増でした。帰りどうするか(①予定通り②花脊鞍馬経由③周山高雄経由)迷いに迷いましたが、予定通りスプリングス日吉のプールで泳いで、温泉に入ってきました。
かやぶきの里、観光地化されていて少し残念でしたが、最近見かけなくなった鯉のぼりが一杯の季節で少し癒されました。また、そのうち写真UPします。
...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
輪行袋が縦型なので、少し小さいのではないかと思います。手際が悪いし、楽しんでやってしまうので・・。どちらも30minくらいかかってます。これでは、一緒出来ないですね・・(o^-^o)
燕岳のTOPの写真良いですね!

投稿: ALPS-K | 2011年5月 7日 (土) 04時24分

ALPS-Kさん

ブログのサイクリングレポートが京都の方に参考にしていただけてるなんて光栄です(笑)
京都にはもっともっと素敵なコース、あるのでしょうね。いっぱい開拓したいです。

大酒呑みですが、甘いのも大好き!です。
あんな風情豊かな茶屋でいただく甘味ならなおさらですね。

私もそうしていますが、前の泥除けは外さなくてもOKでは?
外すのは前後輪と後泥除け、そしてペダルだけにしています。解体、組み立てとも10分で終わりますが、それでも慣れてくると面倒ですね・・・(笑)

投稿: さだぼん | 2011年5月 4日 (水) 11時22分

dash近場でどこかへ出かけよう・・。
そうだ、さだぼんさんのHPだ!
たしか、かやぶきの里・・。
ああ、京都に来られてたんだ・・。

wrench輪行・・ああ、私のは、前の泥よけもはずさないと、ということで、悪戦苦闘・・。
ようやく終わったら、出発予定時間を過ぎてしまっていた。
rain午後から天候崩れそうだし・・。
明日でよいかと言うことで・・明日かやぶきの里へ・・。
帰りに日吉の温泉プールもよいかと・・。

甘辛両党なのですね・・。私もそうです。

連休後半も何処かへ・・?

一度、ご一緒して頂けるとうれしいのですが・・。

投稿: ALPS-K | 2011年5月 3日 (火) 08時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 伊根の舟屋 | トップページ | 常寂光寺、祇王寺の青もみじ »