« 嵯峨野ポタリング | トップページ | 雪の金閣寺 »

2011年1月 9日 (日)

美山 かやぶきの里

2011_0108_080 いつか必ず、この雪景色を見てみたいと思っていました。

2011_0108_047

帰省二日目の9日、夜明けと同時にJR嵯峨野線に飛び乗りました。

2011_0108_048 実家最寄りの花園駅から揺られること約1時間。 到着したのは和知駅です。
自転車を組んで走り始めた8時過ぎの気温はご覧のとおり、-2℃。 おぉ、さぶぅ・・・

2011_0108_053 合掌づくりの家々を背景にした下樫原の風情あるバス停にて。

2011_0108_054 この季節らしい水蒸気に煙る朝日と、それを浴びる満々と水をたたえた由良川。 

2011_0108_055 寒々としているなかにも暖かさを感じるいい景色ですよね。 こんな風景のなかを走り抜けるサイクリング、なんと贅沢なのでしょう。

2011_0108_056 美山サイクルロードレースのアタックポイント、九鬼ヶ坂峠。 ところどころ、シャーベット状の雪が残っていますが走行に支障はありません。

2011_0108_087 まだか、まだかと気持ちが逸りはじめた頃、向こうに見えてきました。 かやぶきの集落が・・・

2011_0108_076 念願どおり、雪化粧を施したかやぶきの家々が目の前に・・・

2011_0108_059 ちょうどバスを連ねて訪れていた観光客の潮が引けるやいなや、さあ、独占撮影会の開始です!

2011_0108_065

2011_0108_070_2

2011_0108_064

2011_0108_074 観光名所でありながら、ひとつひとつのかやぶきの屋根の下にはごく普通の生活が営まれている。 それがこのかやぶきの里なのです。

2011_0108_083 さて、念願の景色を存分に堪能したあとは、さらに先へ進んでみることに。

2011_0108_085 しかし、田歌あたりまでくるとご覧のとおり路面はシャーベットどころかアイスバーンです。
こうなると後輪は空転するし、ペダルから下ろした足は靴底がツルツル滑って定まらないし・・・。
あわよくば佐々里峠、花脊峠を越えて、などと無謀なことを考えた僕がバカでした・・・(笑)、潔く撤退です。

2011_0108_088 道の駅「美山ふれあい広場」を経て、府道19号を日吉町方面へ。
この19号は並走する旧道(写真)を走る方が楽しいですね。

2011_0108_091_2 佐々江のT字路にでてすぐのところで、鹿発見!
じぃーっとこちらを見つめていましたが、写真に納まるとすぐに山に逃げ込んでいきました。 ハンターに撃たれないように気をつけてね。

2011_0108_094 周山街道を経て京北町へ。 おなじみ魚ヶ淵の吊り橋で小休止です。
熱いコーヒーを沸かしていると、冷たい風が吹き始めました。 あまり長居もしていられないようです。

2011_0108_099 世木ダムを過ぎた頃には、陽もかげり始めて。
えっと時間は・・・15時半か。 日吉駅での分解時間を考えると16時3分の上り電車はちょっとキツイなぁ。 次は17時3分、ま、のんびり行くことにしよう。

本日の走行距離、98km。
念願かなって雪の美山へ自転車で。 期待以上の景色の数々に恵まれて大満足のランとなりました。
しかし豪雪のこの地に住まう人々にとっては大変な季節、しかも日常生活の場に立ち入ってその生活風景を興味本位に撮りまくる訳ですから、十分な節度をもって接しなければならないでしょう。
この美しい風景が後世まで大切に守られることを祈りつつ・・・

 

 

 

|

« 嵯峨野ポタリング | トップページ | 雪の金閣寺 »

サイクリング」カテゴリの記事

コメント

BLKさん

ほんま、帰ってくるなり自転車乗り呆けていったい何しに帰ってきてんにゃろ・・・ちゅう感じですけど、まぁ、お互い元気な顔を見れたらそれでええんちゃいますか。

荷物ですか? お父さん自転車担いでるさかい、オマエ持っとけ、ゆうて同行した娘に持たせてます(笑)

あ、娘さんゆうたらBLKさんのとこ、成人おめでとうございました。
実はうちの坊主も成人式でしたけど、男やから放ったらかしです・・・、不良父ですやろか?(笑)

投稿: さだぼん | 2011年1月11日 (火) 23時10分

さだぼんさん、こんばんは。素敵な連休を過ごされましたね。この土日「さだぼんさんが京都を走ってはるんやぁ。どこかでお会いしないかな~」とか思いながら、相変わらずの北山散歩をしておりました。
それにしても帰省で荷物もあるでしょうに、自転車を持参されるとはご立派。というか「せっかく帰ってきても、自転車で走りに出たままやな」なんて云われてませんか?(^o^) またいつかご一緒できることを。

投稿: BLK | 2011年1月11日 (火) 22時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 嵯峨野ポタリング | トップページ | 雪の金閣寺 »