« 鷹ノ巣山(1737m) | トップページ | 高尾山(599m)、景信山(727m) »

2010年10月 2日 (土)

尾瀬ヶ原

2010_1002_132 遥かなる遠い空、尾瀬。
草紅葉、真っ盛り。 しかも雲ひとつない快晴に恵まれました。

2010_1002_002 前夜22時に新宿を出発した夜行バスは一路、鳩待峠へ。
写真では明るいですが、まだ日が昇らない5時30分の鳩待峠は真っ暗。 PETZLのヘッドランプを灯して出発です。

2010_1002_008 今日は尾瀬ヶ原の草紅葉(くさもみじ)が目的ですが、山の鼻へ下る途中にもちらほらと木々の紅葉が。

2010_1002_009 空が白み始めた山の鼻はご覧のとおりガスがかかって幻想的な雰囲気を醸し出しています。 ここで朝食をとっていよいよ尾瀬ヶ原へ。

2010_1002_011 朝露をまとった蜘蛛の巣はまるでダイヤの首飾りのよう。

2010_1002_039 日本百名山のひとつで東北最高峰の燧ケ岳(ひうちがたけ、2356m)を背景に、池塘(ちとう)から立ち上る蒸気の中を。

2010_1002_022 朝日に映える草紅葉の美しいことといったら・・・。

2010_1002_035 そして一方では水墨画の世界が展開しています。

2010_1002_057 草紅葉のなか、ひときわ燃えるような色を輝かせているシダ植物はヤマドリゼンマイです。

2010_1002_016 尾瀬ヶ原の最後を飾る花、エゾリンドウ。
木道沿いのそこかしこで鮮やかな紫色を放ち、いいアクセントとなっています。

2010_1002_092 おや、いい撮影スポットを見つけたようです。 僕も一緒にカメラを構えてみると・・・

2010_1002_091 ダケカンバの木、草紅葉、そして池塘・・・。 いかにも尾瀬ヶ原らしい一枚ですね。

2010_1002_095 小川を覗き込んでみると・・・、いました!
さまざまな自然が織り成すハーモニー、饗宴にすっかりノックダウンさせられてしまいそうです。

2010_1002_097 竜宮の山小屋付近で見つけたオオウバユリの実。 そのうち乾燥して種がはじけることでしょう。

2010_1002_106 高原の花の代表格、ウメバチソウ。

2010_1002_109 これはツタウルシでしょうか。 木道の傍で露に濡れて。

2010_1002_113 なんと可愛い! エノキダケみたいですが、名前は何というのでしょう。

2010_1002_115 山一面の紅葉にはまだ少し早いようですが、光を通した赤色がなんとキレイな。

2010_1002_127_3 東電小屋を過ぎ、そしてヨッピ橋を渡って中田代方向を見やると・・・
いちめんに広がる草紅葉の海にただただ圧倒されるばかり。 もう「すごい、すごい」としか言葉が出てきません。

2010_1002_142 山々に広がる錦の屏風にはこれまでもサイクリングで何度も感動してきましたが、紅葉の絨毯がこれほど素晴らしいとは・・・

2010_1002_146 山小屋に物資を運ぶ歩荷(ぼっか)さん。 腕を組んで歩くことで背中に積み上げた荷物のバランスをとっているようです。

2010_1002_155 さて、朝の5時半から歩き始めてすっかりお腹も空いちゃいました。 ここ、牛首分岐でお昼にしましょう。

2010_1002_148 一ヶ月前に予約した夜行バス。 秋の長雨に半ば諦めていた天気だっただけに、今日の快晴はまさに奇跡的でした。 本当に多くのハイカーで賑わっています。

2010_1002_147 至仏山(しぶつさん、2228m、百名山のひとつ)を背景にした草紅葉もまた美しいです。 往路と復路、それぞれ陽光がちょうどいい方向から草の葉を透かして色を輝かせてくれました。

2010_1002_157 そして池塘のなかでは、ヒツジグサがとてもいい色に染まっていました!

2010_1002_161 尾瀬ヶ原に別れを告げたら、鳩待峠までの登りが待っています。 こんな大きなキノコに癒されながら。

2010_1002_160 さあ、あとひと踏ん張りで美味しいビールが・・・(笑)

本日の歩行距離、約18km(+道を間違えて行き過ぎてしまった分の往復2km、笑)。
楽しみにしていた尾瀬の草紅葉探訪がようやく叶いました。
そして見せてくれた光景はどんな天才の絵筆をもってしても描けないだろう自然の織り成す美でした。
近くて遠い空、尾瀬。 次は来年、水芭蕉の咲く頃に会いに行きたいと思います。

本日(10/2)の尾瀬、午前7時の気温3.5℃、最高気温18.3℃

 

 

|

« 鷹ノ巣山(1737m) | トップページ | 高尾山(599m)、景信山(727m) »

ハイキング」カテゴリの記事

コメント

S.Hさん

紅葉の遅れ、やはり夏の猛暑の影響でしょうか。
尾瀬の周辺、水上や奥只見、奥鬼怒等々。
この辺りの紅葉の景色を想像するともう居ても立ってもいれなくなりますがアクセスが大変なんですよね。クルマにせよ、電車にせよ・・・
紅葉の季節のサイクリングに山登り・・・
とても週末だけじゃ行き尽くせないですね!(笑)

投稿: さだぼん | 2010年10月 4日 (月) 20時40分

 おはようございます。良く歩きますね
今年は、紅葉が遅いですね。
来週、武尊山側の湯の小屋経由照葉峡に入ります。茸狩りです。
坤六峠から至仏の頂上の登山者が良く見えます。
これからの季節は、紅葉狩りで込みます。
自転車で水上周辺もいいですよ。

投稿: S.H | 2010年10月 4日 (月) 09時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鷹ノ巣山(1737m) | トップページ | 高尾山(599m)、景信山(727m) »