« 奥高尾 | トップページ | 英国 LUCAS "GEM" LOCK 1930-50's »

2010年8月22日 (日)

車山(1925m)、八島が原湿原

2010_0822_080 標高2000m近くまで登れば都内の異常な暑さから逃れられると期待してみたものの、口をついて出てくる言葉は「暑い暑い・・・」の連続でした。

2010_0822_028

とは言え、高原には確実に秋の気配が押し寄せてきているのもまた事実。 このまま一気に秋色に・・・といくのでしょうか。

2010_0822_017 今日は秋の涼風に吹かれるのを期待して、朝一番のスーパーあずさ1号で上諏訪へ。
しかし、標高760mの駅に降り立った途端、「あれ?涼しくないゾ・・・」
1925mの車山山頂まで登れば・・・と期待するも、やはり「暑い!」(笑)
涼を求めて小学生の遠足をはじめ多くの人でにぎわう車山山頂ですが・・・

2010_0822_027 ピーカンの下、いったいどんなハイキングになるやら・・・
眼下に見える白樺湖の眺めが気持ちの上でせめてもの涼を与えてくれるような。

2010_0822_033 しかし、ここは草原。 キビシイ太陽光を遮る木々がまったくありません。

2010_0822_036 ふと、車山山頂のレーダーを振り返って。
なんだかいっぱい歩いた気がするけど、まだまだ先は長い・・・。

2010_0822_046 石コロだらけの蝶々深山(ちょうちょうみやま、1835m)。
一服したい気分ですが、お昼を摂った車山山頂からまだたいした時間も経っていないので、軽くスルーです。

2010_0822_053 ニコニコして手を差し出すのでその指先を見てみると・・・、
車山山頂から何度もチャレンジしていた赤トンボ捕獲にようやく成功したみたい(笑)

2010_0822_060 そして車山、蝶々深山に続く第三のピーク、物見岩に到着です。

2010_0822_065 ここからは八島が原湿原が遠くに見渡せます。
この暑さのなか、あの平らなところをグルッと一周、なんて考えるだけで・・・ふぅ(笑)

2010_0822_073 でも、いざ湿原に到着して木道をのんびり歩いていると、その非日常な美しい眺めに目を奪われてしまいます。

2010_0822_077 心癒される木道。

2010_0822_084 タイトル写真のように花の向こうに広がる風景や、 こんな白樺の風景など、どこを切り取っても「絵になる」景色の連続です。

2010_0822_089 さあ、終着点の車山肩までもう一息!
と言いたいところですが、この最後のガレた岩だらけの登りに心折れてしまいそう・・・

2010_0822_092 でも、登りきった終着点から今日一日歩いたコースを振り返ってみると、ようやく吹きはじめた涼風も相俟って、さきほどのツライ登りの記憶など吹っ飛んでしまいました。

2010_0822_096 そばにいたガイドの人が、あちらに見える車山湿原は水平に広がる湿原と違い、渓流に沿って傾斜した世界でも珍しい湿原なのだと教えてくれました。

2010_0822_007 さて、暑さは都会並みの今日の車山高原でしたが、足元に咲く花は夏から秋へ移ろう季節を感じさせるものが多かったようです。
こちらは、マツムシソウ。

2010_0822_005 アキノキリンソウ

2010_0822_010 ウメバチソウ・・・、いやタチフロウかな?

2010_0822_030_2 ヤナギラン

2010_0822_078 ゴマナと蝶々

2010_0822_012 え~と、これは・・・

エゾカワラナデシコ、でしたね。

2010_0822_087 そして最後は何度も撮ろうとしては逃げられていたアゲハ蝶をようやくキャッチ!

本日の歩行距離、約10km(体感距離15km超?)。
さすが高原だけあって、出発点から車山山頂、蝶々深山から物見岩につながる稜線、そしてグルッと一周した八島が原湿原まで、一日歩いたコースを見渡すことが出来、満足感いっぱいのハイキングとなりました。
自転車では見えない風景、これからもサイクリングの合間合間に挟んでいけるといいですね。

 

 

 

|

« 奥高尾 | トップページ | 英国 LUCAS "GEM" LOCK 1930-50's »

ハイキング」カテゴリの記事

コメント

nAoさん

「自然のなかにお邪魔」、まさにおっしゃるとおりですね。
整備された車道や林道を走るとはいえ、自転車も同じなのでしょう。
山に足を踏み入れる人が皆、そんな気持ちを素直に持てたら、結果に対してやれマナーだなんだという必要もなくなるのでしょうね。
いい言葉をいただきました。
ありがとうございました。

投稿: さだぼん | 2010年8月27日 (金) 08時53分

閉鎖されていたんですか・・・
がっかりの反面、確かにそれで良かったと思います。

隣接する湿原に向けて花火を打ち上げている
若者(当時は私も若者でしたが)に注意したら
逆ギレされたこともありました。
自分の部屋に花火向けられても
構わないのでしょうか・・・

自然の中に「お邪魔」させていただくのですから
「立つ鳥跡を濁さず」ですよね。

今でも、あの頃草むらに寝っ転がって見た
満天の星が忘れられません。

投稿: nAo | 2010年8月26日 (木) 09時25分

nAoさん、いつもありがとうございます。

鎌が池キャンプ場、事前の知識を持ち合わせておりませんでしたので、ネットで調べてみたところ、2007年に閉鎖されたようですね。
ただ、その近くと思われる場所にクルマ数台とキャンパーらしき数人がいたことは覚えています。(あぁ、こんなところまでクルマ入り込めるんだぁ・・・)と印象に残ってましたから。
きっと閉鎖を知らずに来た人たちだったのかも知れませんね。
トレッキングシューズで草木の根っこを踏みしめながら歩いてる私がエラそうなこと言えませんが、やはりクルマが入り込んじゃいけない場所ですよね、あそこは・・・

投稿: さだぼん | 2010年8月23日 (月) 20時39分

こんにちは。

標高が高い分、太陽に近いから暑いんだよ
と、友人の娘(小学生)が言っておりましたcatface
八島が原湿原のあたりはいいですよねー
周囲に人工物(道路)が殆ど見えないので
気分おおらかに自然を感じることができますね。
20年ほど前、グループキャンプをしていた頃、
隣接する鎌が池キャンプ場には
よく行きました。
そのうち、口コミからか混雑するようになって
マナーも悪くなり、
足が遠ざかってしまいましたが、
様子はいかがでしたでしょうか?

投稿: nAo | 2010年8月23日 (月) 15時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 奥高尾 | トップページ | 英国 LUCAS "GEM" LOCK 1930-50's »