« ひかりバラ園 | トップページ | Frank Patterson in ケータイ »

2010年6月 6日 (日)

三国峠 (1740m)

2010_0606_012 上りより下りのほうが疲れる峠道っていうのも珍しいかもしれません。 そんな峠道の代表格、三国峠を走ってきました。

2010_0606_001

いつものように、JR立川駅から特急スーパーあずさ1号に乗って。

途中、小淵沢駅で小海線に乗り換えです。
向こうに見える電車が小海線です。

 

 

2010_0606_003

野辺山駅で下車。

自転車を組みあげてスタートしたのが、10時15分でした。

 

 

 

2010_0606_004

すぐにこのようなレタス畑が広がります。

向こうに見える冠雪の山は八ヶ岳(赤岳)ですね。

 

 

 

2010_0606_006

わが国有数のレタス産地として知られる川上村。

標高1185mに位置する川上村役場は日本で最も高い役場だそうです。

 

 

2010_0606_011

延々と続くレタス畑にそろそろ飽きてきたあたりで、三国峠への登坂が始まります。

このように野辺山高原の延長のような雰囲気で、しかも勾配は6~7%程度と比較的ゆるやかです。
ただし距離が長いので、いい加減、飽きてきます(笑)

 

2010_0606_020

ようやく三国峠頂上に到着です。

八ヶ岳の眺めが利く展望台(ベンチ)に陣取って、お昼のオニギリとします。

 

 

2010_0606_015

しかし、そんなのんびりした気分に浸ってられるのも昼食休憩の間だけ。

見事なV字の切り通しの向こう、つまり埼玉県側に一歩足を踏み入れた途端、目の前に延びるガレた悪路に「ありゃぁ・・・」とため息。

 

2010_0606_028

この悪路とこの先、延々18kmも格闘するのですか・・・。

 

 

 

 

2010_0606_027

自転車にとってはただの悪路も、モトクロッサーにとっては格好のコース。

秩父方面から次々と爆音を轟かせながら登ってきます。

で、僕はといえば、彼らが舞い上げた砂埃のなかを息を止めて目を細めて・・・(笑)

 

2010_0606_031

途中、こんな素掘りのトンネルも。

 

 

 

 

2010_0606_036

次はトンネル出口に愛車を置いてみました・・・

 

 

 

 

2010_0606_039

入り口のアーチだけは立派ですが、中はやはり素掘り・・・。

このトンネルを抜けるとようやく舗装路面が現れて、ホッ。

でも1時間半に及ぶガレた路面からの振動で、ハンドルバーを持つ両腕が痺れっ放しなんですけど・・・(笑)

 

2010_0606_041

中津川渓谷、そしてR140(彩甲斐街道)を経て、三峰口駅に到着したのは16時ちょっと前。

もはや秩父駅まで走る気力も残っておらず、ここで輪行することにしました。

 

 

2010_0606_042

秩父から西武線を利用して帰る際の終着駅はいつもここ、恋ヶ窪駅。

畑に囲まれたローカル駅ですが、なんともロマンチックな駅名が僕は大好きです。

島田荘司の短編小説「ある騎士の物語」(「御手洗潔のダンス」収録)の舞台にもなっていましたね。

本日の走行距離、75km。
いやぁ、これほどダウンヒルに神経も、膝の屈伸も、そしてブレーキレバーを握る握力も、しかも長時間にわたり総動員が必要な峠はおそらくこの三国峠をおいて他に無いのではないでしょうか・・・、疲れました(笑)

 

 

 

|

« ひかりバラ園 | トップページ | Frank Patterson in ケータイ »

サイクリング」カテゴリの記事

コメント

nAoさん、はじめまして。
コメントありがとうございました。

あんなに美しく爽やかな山も天候で様相は一変してしまいますね。
長く自転車趣味を続けておられるといろんなことをご経験のことと思います。ましてやあのような大惨事を距離的にも時間的にも間近に経験されたとなると決して忘れ得ぬ記憶となっていることでしょうね。
私はnAoさんと2歳違いの1961年生まれですがまだまだ駆け出しです(笑)
これからも貴重なご経験の数々をお教えいただけるとうれしいです。

ご実家が近くのようですね。機会があればご一緒ください。

投稿: さだぼん | 2010年7月27日 (火) 21時24分

はじめまして。時折覗かせていただいております。

三国峠は1985年8月11日以来、行っていません。
ですが、変わらぬ風景に驚きました。

私は埼玉側から登るのが好きでした。
峠を越えた瞬間にいかにも信州な景色に変化するのが面白くて。(1963年生まれゆえ、今は、そんな体力有りません)

あの日は大雨で、林道は川のよう。薄暗く人っ子一人いない中まる一日かけて、足を滑らせながら
「押し」でなんとか越えました。
川上村の小さな公民館の前でテントを張り
晴れた翌日は、松原湖のあたりでキャンプ。
夕方ラジオで123便の事故を知りました。

三国峠から3km北北西の位置に墜落したこと
お気楽に通り抜けた頭上を、必死で飛び続けていたこと
などをその後知り、前日の不気味な山中の記憶と
相まって、以降足が向かなくなってしまいました。

そんな、ちょっと違う意味での懐かしさもありまして。

コメント残させていただきました。

PS・実家が恋ヶ窪ですー。ビックリしました。

投稿: nAo | 2010年7月27日 (火) 10時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひかりバラ園 | トップページ | Frank Patterson in ケータイ »