« TA ウォーターボトル | トップページ | 鯖街道(花背峠、佐々里峠、五波峠) »

2010年4月25日 (日)

嶺岡中央林道、大山千枚田

2010_0425_020 天気良し、オーシャンビュー良し・・・、そしてなにより日本の原風景に時の経つのを忘れてしまいました。

2010_0425_003

普段は輪行といっても電車賃片道1000円の旅が多いのですが、今日は奮発して特急電車です。

さて降り立った駅は・・・

 

 

2010_0425_004

JR内房線保田駅です。

そう、今日は房総半島を走ろうと。 でも海ではなくあくまで山にこだわります(笑)

 

 

2010_0425_006

林道にとりつくまでのほんのわずか、海沿いの国道を走ります。

 

 

 

2010_0425_007

ほどなく、嶺岡中央林道3号線の登坂です。
この嶺岡中央林道、1号線から4号線までが断続的に連なった尾根伝いの林道で、それぞれが大きなヒルクライムであると同時にその区間内でも頻繁にアップダウンを繰り返します。

厳しい登坂もふと振り返ると海。
秩父の峠では味わえない爽快感です。

2010_0425_009

林道3号線から4号線にかけてはこのような雑木林のなかを抜けていく感じで眺望はあまりききません。

 

 

 

2010_0425_011

しかし、4号線を抜けて白石峠を越えたあたりから、長閑な田園風景が広がりはじめます。

 

 

 

2010_0425_016

日ごろ、どこかに置き去りにしていた日本の原風景。

高い山の無い房総半島ならではの風景でもあるようです。

 

 

 

2010_0425_029

そして今日の目的のひとつ、大山千枚田に到着です。

じっと佇めば、聞こえてくるのはカエルの大合唱と、ウグイスのさえずり・・・。

虫取り網を持った子供たちが水を張った田んぼをすくい、楽しそう。
きっと夕暮れまで遊んでも遊び足りないことでしょうね。

2010_0425_032

この風景を楽しみながら、畦にどっかと腰を下ろしてオニギリを頬張ります。

 

 

 

2010_0425_037

残念ながら先を急がねばなりません。

千枚田を後に、林道1号線に入ります。
点在する八重桜がキレイですね。

 

 

2010_0425_041

千葉県で最も高い愛宕山(でもたったの408mなんです)の頂上をかすめて走る嶺岡林道1号線ですが、唯一ここだけ眺望が開けています。

本当に房総半島には山らしい山がないことがよくわかる眺めですね。

 

2010_0425_043

1号線のダウンヒルはこのように大変気持ちのよい道を突っ走ります。

このルートを選んだきっかけとなったのが、ツーリングマップル。 でも四輪や二輪の集団とすれ違うこともほとんど無く、のびのびと走れるのがいいですね。

 

2010_0425_045

さて最後は2号線となります。

1号線と打って変わって、2号線ではこのように眺望も開け、尾根道らしく陽光が燦々と降り注ぐなかを走り抜けます。

 

 

2010_0425_054

おまけにこのようなパラグライダーのテイクオフポイントのような展望台が用意されていました。

三脚を準備していたところ、若いカップルから「撮りましょうか?」との言葉に甘えさせていただいて・・・(笑)

 

 

2010_0425_055 さらに走ると、いよいよ外房、つまり太平洋のオーシャンビューを見ながらのダウンヒルが待っていました。

いや、もう最高ですよ。

 

 

2010_0425_056

というわけで、日本の原風景を楽しみながらの房総半島横断の旅はここ安房鴨川でゴール。

 

 

 

2010_0425_067

新宿まで特急で2時間強、さらに国立まで30分。 まったりと帰りました。

 

 

 

本日の走行距離はわずか44kmでしたが、結構走り応えのあるキツイ尾根林道と千枚田の風景、それに海へ向かって走るダウンヒルのおかげで大変楽しいツーリングとなりました。
特急電車を含む往復約6時間かけてやってきた甲斐があったというものです。 房総半島、まだまだ楽しみどころがありそうですね。

【おまけ】

2010_0425_063

安房鴨川の名物といえば、南総軒の駅弁。

予定通り15時30分に駅に着いたときにはすでにほとんど売り切れており、この「うにとさざえめし」が残りひとつだけ、それに「さんが焼き」が数個という状態でした。

 

 

2010_0425_065

これがその「うにとさざえめし」。

作られて時間が経っていたせいでしょうか、うにの風味がイマイチかな、という感じでした。

 

 

2010_0425_064

同じく南総軒の「さんが焼き」。

パッと見、海苔を巻いた普通のオニギリなのですが・・・

 

 

 

2010_0425_066

このようにアジやネギ、ショウガなどをきざんだハンバーグ状の「さんが焼き」が美味です!

和風のライスバーガーってところでしょうか。 これはイケます(笑)

 

 

 

 

|

« TA ウォーターボトル | トップページ | 鯖街道(花背峠、佐々里峠、五波峠) »

サイクリング」カテゴリの記事

コメント

toshidubさん

コメントありがとうございます。
モノとしての自転車いじりも楽しいですが、その自転車の個性やパーツの性能は走り倒してはじめてわかるもの。
そして走り倒したあとの一杯、これがたまらないんですよね(笑

投稿: さだぼん | 2010年4月28日 (水) 08時53分

Hi, Don

I will inform you when I visit in Niigata someday.
And I will send the photos of my spare "Coloral" bottle to your email adress in a day or two.

Thanks and keep in touch.

投稿: さだぼん | 2010年4月28日 (水) 08時45分

いつも楽しく拝見させて頂いてます。

本当に自転車をモノとしてだけでは楽しんでるところが素敵だと
思いました。で閉めはエーちゃんで、カッコいいです。

投稿: toshidub | 2010年4月27日 (火) 17時40分

Yes I'm living in Niigata City and often go cycling when I get time with my mate Brian an American who loves exploring the countryside like me. In New Zealand I worked as a vintage bicycle restorer and builder of replica ordinary bicycles ( penny farthings ) . Thanks for the info on the " Coloral " alloy bottles and I'll check the auctions to see if I can find any. Do you happen to have any spare bottles for sale ? , even a Viva alloy bottle would be ok .

If you ever come to Niigata let me know
Cheers Don

投稿: Don Speden | 2010年4月27日 (火) 17時15分

Hi,Don

Thank you for visiting my blog.
I love old French bicycle, and British lightweight,too.
Are you living in Niigata ?
There are many Japanese fields and historic buildings.
I think it is the sweet old scenery, isn't it ?

By the way, I have some alloy "Coloral" water bottles.
I got these water bottles by ebay auction. All with the cage for handle bar.
Sorry, but I don't know the shop that have "Coloral" bottles now.

Regards

投稿: さだぼん | 2010年4月26日 (月) 21時58分

Hi

I just found your fantastic blog and I too love classic bicycles, I ride a 1947 Humber Sports with a ABC Sturmey Archer drum brake. I'm now restoring a 1950s Royal Enfeild club bike with Cyclo Benelux gearing for a mate here in Niigata City and I saw that you have some nice alloy " Coloral " water bottles , are these available in Japan ? and if so where could I buy them and how much do they cost. I really like the handle bar cage as it's a nice match for a classic club bike.

Cheers Don
3speedtouringinjapan

Ps I'm sorry that I can't type Japanese

投稿: Don Speden | 2010年4月26日 (月) 18時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« TA ウォーターボトル | トップページ | 鯖街道(花背峠、佐々里峠、五波峠) »