« Simplex "JUY 53" 1952 | トップページ | 谷根千ポタリング »

2010年1月31日 (日)

西上州 塩ノ沢峠(1020m)

2010_0131_033 この土日は3月並の陽気が続くとあって、1000m級の峠道でも凍結の心配はないだろう・・・ということで思い切って出かけてきました。

2010_0131_001 最寄りのJR立川駅から八高線にガタゴト揺られて2時間近く。 到着したのは今日の出発点となる児玉駅です。

八高線の駅にはこのような風情の駅舎が多く、好きな路線のひとつです。

 

 

2010_0131_005 今日のコースは最終目標の峠までほとんどずっと登り基調が続くのですが、特にこの神流(かんな)湖沿いの道は疲れます。

それにしても毒々しいまでの緑色の湖面がなんだか不気味ですね。

 

2010_0131_006 その緑色が急に白く変わったので、んっ?と覗いてみると・・・、なんと川が全面にわたり凍りついていました。

う~ん、峠は大丈夫かなぁ・・・? 

 

 

2010_0131_008 神流川の真ん中にドカッと腰をおろした「丸岩」と呼ばれる巨岩。

岩のてっぺんには小さな祠が祭ってありました。

 

 

2010_0131_009 ずっと神流川に沿ったR462の単調な風景にそろそろ飽きてきた頃、神流町のおとなりの上野村に入ります。

 

 

 

2010_0131_010 ロードバイク乗りの方たちはきっとR299をまっすぐ快走されるのでしょうが、ランドナー乗りの方ならぜひR299から脇道に入ってこの村の町並みや人にぜひ触れてみてほしいですね。

 

 

2010_0131_011 沿道の住民だけでなく、友達と自転車で連れ立った中学生と思しき子たちまでが、見知らぬよそ者、しかもニッカボッカはいて自転車でウロウロしているオッサン(笑)に「こんにちは!」と挨拶してくれる・・・、そんな今じゃ誰もが忘れてしまったような素朴なふれあいを体験することが出来るんです。

 

2010_0131_012 おまけにこんな懐かしいホーロー看板まで(笑)

ところでこの看板の人って、誰でしたっけ?

 

 

 

2010_0131_013 さらに路地を進むと、「旧黒沢家住宅」。

 

 

 

 

2010_0131_016 写真をクリック(拡大)して屋根に注目してみてください。

無数の石がびっしりと隙間無く並べられているのに驚かされました。
瓦じゃダメなんでしょうかね?

 

 

2010_0131_020 さて、旧黒沢家住宅を過ぎるとほどなく塩ノ沢峠に向けた県道45号線への分岐にぶつかります。

R299をこのまま真っ直ぐ進むと、十石峠に至るのですが現在は冬期閉鎖中で、これ以上進むことは出来ません。

一方、右へ曲がる県道45号線は特に閉鎖されている様子もないので、いよいよ塩ノ沢峠へアタック開始です。

2010_0131_023 3月並の陽気が続いたとは言っても、やはり峠道。

ご覧のように道路全面が凍結している箇所もあり、やはり注意が必要ですね。
それに天気予報どおり、西の空からだんだんと曇ってきて陽もかげってきました。

 

2010_0131_026 入口から頂上まで約8kmと距離はあるものの、勾配はさほどではありません。
42Tのインナーギアで特に苦しむこともなく登りきりました。

頂上は、御荷鉾スーパー林道(冬期閉鎖中)との分岐の他、このようなトンネル「塩乃澤隧道」がありますが、眺望はききません。

 

2010_0131_032 頂上から少し下ったところで、このように北側の眺望スポットに出くわしました。

 

 

 

2010_0131_036_2 このノコギリのような稜線を見ると、さすがに群馬の山々という感じがします。

 

 

 

2010_0131_035 少し目を左に向けてみると・・・。

写真では判然としませんが、肉眼ではハッキリと確認できました。 冠雪の浅間山です(だと思います、笑)。

 

 

2010_0131_046 1000m級の峠もダウンヒルはあっという間。

予定より30分早く下仁田の町へ降りてきました。
ここは写真に見えるとおり、下仁田駅前の「中央通り」。

実はこの通りに餃子が美味しい「東陽軒」なる中華料理屋があるということをネットで下調べしておいたのですが、残念ながら「準備中」でした・・・

2010_0131_047 仕方ないので、さっさと帰ることに。

 

 

 

 

2010_0131_050 外はやはり寒いので、駅の待合コーナーで自転車の袋詰め作業をやることにしました。

早く着いたとはいえ、1時間に2本しか走っていないローカル線です。
次の電車が入るまで缶ビールでホッと・・・(笑)

 

2010_0131_054 16時20分の電車に乗り込む当初予定が少し早まって15時52分の電車に。 実はこの電車、いわゆる「サイクルトレイン」で、自転車をそのまま持ち込むことが可能なんです。
でも、次の乗換駅の高崎駅構内で輪行作業をするわけにもいきません。

 

一本早い電車に乗り込んだものの、高崎でのJR八高線への乗り換えに1時間待ち!ということが判明したため、高崎から大宮まで新幹線でショートカットすることに。
2300円の特急料金が想定外の出費となりましたが、予定より2時間近くも早く帰れたので良しとしましょうか。
本日の走行距離、87km。 コースを以下に掲載しましたのでご参照ください。

 

 

|

« Simplex "JUY 53" 1952 | トップページ | 谷根千ポタリング »

サイクリング」カテゴリの記事

コメント

通りがかりのおじさん

ナイスな情報、ありがとうございます。
炭ラーメンにしても、エイトにしても走った道の途中にあったんですね。
出かける前に聞いておけばよかったなぁ~
あんな小さな町にも隠れたグルメって意外にあるものなのですね!
またいろいろ教えてくださいね。

投稿: さだぼん | 2010年2月24日 (水) 22時30分

下仁田には「エイト」という名前の中華屋さんもあり、ここもお勧めです。
名物はカツ丼ですが、卵でとじていません。
どんなものかは、現物でご確認ください。
塩ノ沢峠は車も通らず静かですし、みかぼ林道に抜ける道としても活用できますね。
あ、それから南牧村の名物は「炭入りラーメン」で、これもなかなかの味です。

投稿: 通りがかりのおじさん | 2010年2月24日 (水) 13時37分

ありがとうございます。
東京に行った時に寄ってみます。(VELOCRAFT)
私は地元の山々を自転車で行ったり、
登山をしたりと自然と遊んでます。
昨年暮れに腰を痛め現在はリハビリ登山と称し
低山を中心に散策しています。
体調が回復したら自転車に乗り換え
リハビリサイクリングを再開します。
今後もHPを拝見させて貰います。

投稿: ひげおやじ | 2010年2月 7日 (日) 17時29分

ひげおやじ さん

自転車の楽しみは多岐にわたりますね。
サイクリングはもちろん、メカいじりやパーツ収集、カメラ、スケッチ、それにコスプレ(笑)などなど・・・。
ニッカボッカも登山用品店でも見かけなくなりました。
私は吉祥寺の自転車屋、VELOCRAFTさんで購入しました。
ロードレーサーに乗るときは革底のサイクリング専用靴ですが、峠に出かける時は黒いスニーカーで走ることも多いです。
押し上げや歩きの場合、硬い革底は逆にツライし痛んでしまいますからね。

投稿: さだぼん | 2010年2月 4日 (木) 22時20分

塩ノ沢峠にてすれ違いました。(こちらは車)
レトロなスタイルが最高でしたよ。
私も今シーズンはレトロスタイルにて
ツーリングを楽しみたいと思ってます。
ニッカやシューズはどこで購入したのでしょうか?教えて下さい。

投稿: ひげおやじ | 2010年2月 4日 (木) 08時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Simplex "JUY 53" 1952 | トップページ | 谷根千ポタリング »