« 英国 LUCAS "King of the Road" #79FB 1930s | トップページ | T.A. "Professionnel" Crank Set 1960s »

2009年12月 6日 (日)

伊佐沼バヴァルダージュ

2009_1206_027 つい4日前に新宿の居酒屋で「忘年会」と称して集まったばかりなのに、また同じメンバーで木漏れ日の射す伊佐沼公園で自転車談義を楽しみました。

2009_1206_010 朝、7時半過ぎにSUNBEAMにまたがって家を出発です。
目指すは伊佐沼バヴァルダージュが開催される埼玉・川越。

途中、狭山湖で朝の美しい富士山にしばし見とれてしまいました。

 

2009_1206_012 おまけにこの湖周辺の紅葉がこんなにきれいだとは今まで知りませんでした。

 

 

 

2009_1206_013 所沢から川越まで一直線につなぐ道路もあるのですが、今日は大きく迂回して入間川サイクリングロード経由で川越入りすることに。

ところが入間川の橋を渡った途端、この濃霧です。
つい先ほどまであんな青空だったのに、メガネはもちろん、コートも自転車もすっかり水滴に包まれてしまいます。

 

2009_1206_024 2時間半かけてようやく到着した伊佐沼公園。

伊佐沼バヴァルダージュとは、こじんまりとした自転車関連のフリーマーケット。
バヴァルダージュとはフランス語で他愛の無い無駄話という意味だそうです。
確かに、いくつか出店者はいるものの、積極的に売る気もないようですし(笑)、参加者もモノを買いに来ているというよりもただ仲間とのおしゃべりだけが目的のような・・・、それが証拠に買い物などそっちのけ。 会場に姿をみせるや、いきなりコンロに鍋に・・・とそこかしこで宴会?の準備が始まります。

2009_1206_028 英国車グループはわずか3人ですが、woods_valveさんがご用意くださったケーキと紅茶で「バヴァルダージュ」を楽しみました。

左写真はwoods_valveさんの"Royal Sunbeam"。
シリアルナンバーから推定するに、1932~33年製と思われます。

 

2009_1206_015 km/hさんが乗ってこられたのは、人気の名門ビルダー、"Ephgrave"です。 こちらは50年代製でしょうか。

絹自転車製作所で再塗装されたというとてもきれいなメタリックブルーとホワイトの胴抜き塗装が印象的でした。

 

 

昼食をはさみ、約4時間に渡る「バヴァルダージュ」ののち、新年会での再会を約束してそれぞれ帰途に。
僕は自宅までの最短コースをこれまた大きく迂回することになるのですが、荒川サイクリングロードを利用してのんびり・・・。 しかし帰り着く頃にはすでに日は暮れて真っ暗。 昨日の記事に書いた「LUCAS」のバッテリーランプがさっそく役に立ったのは言うまでもありません。

本日の走行距離約78km。 車重20kg近くある、まるで鉄下駄同然のSUNBEAMを転がすにはちょっときつい距離でした(笑)

2009_1206_030_2

|

« 英国 LUCAS "King of the Road" #79FB 1930s | トップページ | T.A. "Professionnel" Crank Set 1960s »

サイクリング」カテゴリの記事

コメント

woods-valveさん

狭山湖、きれいでしょ!
家からわずか8kmの距離なのに、この時期に訪ねて紅葉に接したのは実は今回が初めてでした。
伊佐沼は・・・、フリマを期待して行くところではありませんね(笑)
さて次回は何を企画しましょうか。

投稿: さだぼん | 2009年12月 7日 (月) 23時00分

お疲れ様でした。
狭山湖はたしかに綺麗ですね。富士山が湖面に写るほどですね。
「伊佐沼バヴァルダージュ」自体はちょっと???

また次回のイベント考えましょ。

投稿: wv | 2009年12月 7日 (月) 21時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 英国 LUCAS "King of the Road" #79FB 1930s | トップページ | T.A. "Professionnel" Crank Set 1960s »