« Michael Jackson "THIS IS IT" | トップページ | Simplex Type "39" & "Grand Tourisme" 1940s »

2009年11月 3日 (火)

丹波渓谷 柳沢峠(1427m)

2009_1103_031 4日前に行った増富クリスタルラインが木々の彩りを楽しむ紅葉だったとすれば、今日の大菩薩ラインは燃え上がる山々が次々に展開する紅葉の大パノラマでした。

2009_1103_054 そして燃え上がる山々の向こうにそびえ立つ冠雪の霊峰富士。 まさに絶景に継ぐ絶景でした。

2009_1103_001 朝8時半、JR奥多摩駅に降り立ちます。
こちら方面へはいつも家から約40kmの道のりを自走してくるのですが、今日はあとに控える柳沢峠に備えてショートカットです。

 

 

2009_1103_002 奥多摩湖では銀杏だけが先行していますが紅葉まではもうしばらく、といったところでしょうか。

 

 

 

2009_1103_004 奥多摩湖を過ぎると、青梅街道は「大菩薩ライン」となります。

すでに山全体が赤や黄色に染まっていて・・・、これから向かう丹波渓谷(たば・けいこく)への期待もおのずと膨らんできます。

 

 

2009_1103_007 丹波渓谷です。

日照の関係で路面付近が陰になっていますが、逆にコントラストの妙を楽しめるのではないでしょうか。

 

 

2009_1103_019 まさに渓谷の名に相応しい深い谷の渓流が豪快な音とともに流れています。

 

 

 

2009_1103_026 少し脇道に入った渓流上の橋の上で、ちょっと早めのお昼とすることに。

 

 

 

2009_1103_027 この先も山々の紅葉パノラマがさらに続きます。

 

 

 

 

2009_1103_035 先日の増富クリスタルライン同様、ちょっと走っては写真、ちょっと走っては・・・なので、一向に距離が稼げません。
でもそんなことは織り込み済み。
時間はたっぷり余裕を見てありますから。

 

 

 

 

 

2009_1103_044 ゆるやかだった勾配も徐々に厳しくなってきます。 このあたりになると木々の様相もかなり変化してきますね。

実はちょうど一年前の11月2日にこのコースをPEUGEOT PX-10で走りました(当時の記事はこちら)。
あのときはインナー39Tでひぃひぃ言いながら峠を攻めて(というか攻められて)おりましたが、今日はインナー26TのTOEIランドナーですから、ふぅふぅ・・・くらいで登れたかな?(笑)

2009_1103_045 峠手前の山の様子。

昨年はオレンジ一色でしたが、今年は落葉がかなり進んでいるのがよくわかります。

 

 

2009_1103_046 そしていよいよ峠頂上です。

この頂の向こうに何が見えるのかわかっているだけになおさら期待に胸がふくらみます。

 

 

2009_1103_051 果たせるかな、期待どおりの雄姿を見せてくれました。

カメラのレンズを通すとこのように小さく写ってしまうのですが、実際に肉眼に写る富士山は冒頭の写真どおりです。

 

 

2009_1103_058 あとは塩山までの約18kmの快適なダウンヒルを飛ばすだけなのですが、あれだけ汗だくだった身体は峠頂上での小休止ですっかり冷えてしまい、それどころか両手の指先がすっかりかじかんでしまって・・・。

せっかくの雄大な紅葉の山々を撮影しようにもガタガタ震える指先でシャッター押すのも一苦労・・・(笑)

もう、メッシュの指切りグローブじゃダメですね、この時期。

2009_1103_060 大菩薩ラインのフィナーレです。

いくつものループ橋を旋回するたびに、紅葉パノラマが眼前に・・・。

止まりたいところで止まって撮影できるのは自転車ならではなのでしょう。

 

2009_1103_061 すっかり凍えてしまった身体を温めてくれたのは、JR塩山駅前の食堂で食べたこのほうとう。 美味かったですよ。

この後、時間に余裕もあったので約1時間半の各駅停車の旅を楽しんで帰ることに・・・。
シート下の暖房のおかげで湯上りのように温まった身体で飲む冷たい缶ビールはまた格別でした(笑) 

 

本日の走行距離約58km。 4日前に走ったクリスタルラインで今年の紅葉は大満足だったはずなのに、欲張って出かけた大菩薩ラインが予想以上の大迫力でした。
いずれも来年以降の紅葉シーズン定番コースになりそうです。

 

 

|

« Michael Jackson "THIS IS IT" | トップページ | Simplex Type "39" & "Grand Tourisme" 1940s »

サイクリング」カテゴリの記事

コメント

new map 期待してます。(゚ー゚)

投稿: | 2009年11月 5日 (木) 04時07分

ALPS-Kさん

なるほど、地図も一緒に掲載した方がこのブログを見る方にとってより臨場感を楽しんでいただけるのかもしれませんね。
次回のツーリングレポートからちょっと工夫してみることにします。
自転車ってパーツ間の相性も含め、トータルとしての完成度ってあるように思います。
たったひとつのパーツを入れ替えただけで全体のバランス(機能性も見た目も)が崩れてしまうこともある・・・、これもまた自転車いじりの妙味なのかもしれませんが。

投稿: さだぼん | 2009年11月 4日 (水) 20時27分

beer googleの地図を片手に、いつも見させてもらっています。2度目の紅葉ですか・・。懐かしい地名が出てきたので、書き込みさせて頂きました。ルートの地図が一緒に載っかていると、見やすいのに等と勝手なことを考えながら見させて頂いております。私はと言えば、最近自転車さぼり気味です。良いギアが、手に入ったので、換装・・・。あ~あ、ディレーラーの交換も必要なんだ。今、調子良いし調子悪くなってから、考えようか・・と。紅葉も見に行かないと・・。近場で・・。

投稿: ALPS-K | 2009年11月 4日 (水) 01時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Michael Jackson "THIS IS IT" | トップページ | Simplex Type "39" & "Grand Tourisme" 1940s »