« 英国 DUNLOP "ROADSTER" 26×1 3/8 | トップページ | R.O.Harrison その② ブレーキまわり »

2009年10月 4日 (日)

固定ギア ポタリング

2009_1004_006 R.O.Harrisonで体験する生まれてはじめての「固定」。 シェイクダウンで走った多摩川サイクリングロードと違い、アップもダウンもある"公道"は緊張の連続です(笑)

2009_1004_008 奥多摩街道を青梅まで、そこから成木街道~小曽木街道~岩蔵街道~青梅街道を経て狭山湖へ。
途中、ちょっとした登坂が何ヶ所かありましたが、そこは「内装3段変速付き固定」の"ASC"、特に問題も無くクリアです。
しかし、ダウンヒルが問題です。 「バックを踏む」ことで制御可能な程度のダウンヒルなら良いのですが、そのうちケイデンスが追いつかなくなってしまい、前後ブレーキに頼ることになります。
つまり、せっかくのダウンヒルをブレーキがけながらヨチヨチ下る様はあまり格好いいものじゃないですね(笑)

2009_1004_007 さて、狭山湖に到着して、途中で買ったアンパンを頬張り、ベンチで横になって雲の流れを眺めているうち、気持ちよくなってついウトウト・・・。

目を覚ますと、慣れない「固定」による緊張感と、デッドストック下ろしたての「Mansfield」サドルで少々痛かったお尻の具合とが少し和らいだようです。

 

2009_1004_009 狭山湖を後にしたところで、ふと横を見るとたわわに実った大きな柿の木がありました。 枝々を見るとすでにかなりの実を落としてしまった様子ですが、それでもまだ多くの実が。 あまり美味しそうではありませんが・・・(笑)

 

 

 

 

 

2009_1004_012 狭山湖の出入り口付近のレストランで見かけました。
リアルの世界で42Bタイヤを履いたツーリング車など最近めっきり見なかったのでついパチリ。

 

 

 

「バックを踏む」というのは固定ギア車に乗る妙味のひとつなのでしょう。 実際にやってみるとことのほか楽しいものです。 でも、調子に乗って何度も繰り返していると確実に「膝に来ます」ね(笑)
一年でも、一日でも長く自転車に乗り続けたい、と願う中年サイクリストのひとりとして、あまり無理は出来ないなと感じました。 本日の走行距離54km。

 

 

|

« 英国 DUNLOP "ROADSTER" 26×1 3/8 | トップページ | R.O.Harrison その② ブレーキまわり »

サイクリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 英国 DUNLOP "ROADSTER" 26×1 3/8 | トップページ | R.O.Harrison その② ブレーキまわり »