« JOS 431C/FCD/FU | トップページ | 英国 Terry's Handlebar Watch Clip 1930/50s »

2009年7月19日 (日)

志賀坂峠 八丁峠(1240m)

2009_0719_034 「午後からにわか雨」との予報でしたが、思い切って走ってきて良かったです。

2009_0719_001 朝8時52分、西武秩父駅に降り立ちました。
今日の目標は志賀坂峠と八丁峠です。
石灰岩の荒々しい岩肌ががむき出しの二子山も楽しみのひとつです。

小鹿野町。 旧街道の名残でしょうか、古めかしい旅館がありました。

 

2009_0719_006 旅館のお隣にはこんなお醤油屋さんが・・・。

 

 

 

 

2009_0719_010 山の中の国道299号をひたすら走ります。

志賀坂峠まであと5kmというこのあたりからようやく峠らしい勾配が。
上のほうに見えるガードレール。 ハァ、とため息です(笑)

 

 

2009_0719_011 えっちらおっちら登っていると、いよいよ右手に二子山(西岳)の姿が見えてきました。

瑞垣山ほどのインパクトはありませんが、結構迫力はありますね。

 

 

2009_0719_014 ずいぶん時間がかかったようですが、ようやく先ほど見たガードレールに到着です。
今度はここから来た道を見下ろします。 爽快ですね!

 

 

 

2009_0719_016 ようやく志賀坂峠頂上のトンネルに到着。 ごくありふれた普通のトンネルです。 眺望もさしてよくもありません。
それ以上に、轟音を撒き散らす二輪集団の往来の多いこと!
定峰峠以上です。 登坂時から気になっていましたが麓の集落の中を平気でバリバリ走りまくるハーレー集団など迷惑以外の何ものでもありませんね。

 

2009_0719_020 さて、志賀坂峠トンネルの手前を左折すると、林道金山志賀線の起点です。
今日のメインはここからなのですが、志賀坂で脚を使い切ってもうヘロヘロです(笑)

 

 

2009_0719_022 登り始めてほどなく日本武尊伝説が残る両神山(りょうかみさん、1723m)の姿がうかがえます。

 

 

 

2009_0719_025 さらには二子山(1165m)の全容が目の前に。

 

 

 

 

2009_0719_039 フラフラとチカラ無く登っていきます。

途中、休憩がてら自分撮り(笑)

 

 

 

2009_0719_042 八丁峠トンネルに到着です。 さっきまで見上げていた二子山を見下ろすところまで標高をかせいだわけですね(1240m)

 

 

 

2009_0719_045 そしてこれが八丁峠トンネル。
事前に調べたブログ等では「電灯が無く真っ暗闇」とのことだったので怖いながらも楽しみだったのですが、着いてみたら何と・・・。

 

 

 

 

 

2009_0719_047 ご覧の通り、黄色いナトリウム灯がキラキラと・・・(笑)

無灯火でも問題ないくらいの明るさでした。
しかし結構な登り勾配なので、サーッと走りぬけて、というわけにはいきません。

 

 

2009_0719_049_2 900m近い長さの八丁峠トンネルをくぐり終え、ダウンヒルを楽しんでいるとご覧のような廃墟群が現れます。
廃墟マニアにはつとに有名な日窒鉱山秩父事業所です。

 

 

 

2009_0719_051 そこかしこの施設跡がすでに立ち入り禁止となっているため、林道沿いの建物だけの見学にとどまりましたが、どれも往時のにぎやかな「鉱山村」を偲ばせるものでした。

これは共同浴場ですね。

 

 

2009_0719_054 事業所の全容です。

音も聞こえましたし、一部の施設からは煙ものぼっていたので休日の今日も操業中だったのでしょうか。 でも人影は見当たりませんでした。

 

 

2009_0719_055 こちらの郵便局はまだ現役で運営されています。

 

 

 

 

2009_0719_060 郵便局を過ぎるとすぐに雁掛トンネルが現れます。

このトンネルは正真正銘「真っ暗闇」です!

 

 

 

2009_0719_058 ストロボをつけてトンネル内を撮ってみると・・・。

見事な素堀りです。
このトンネルではJOSのヘッドライトもWONDERのバッテリーライトもまったく意味をなしません(笑)
路面の状況は「問題ないはず」と信じ、前方出口のかすかな光を頼りに平衡感覚をフル動員して、ひた走るのみ。

 

2009_0719_061 こちらは雁掛トンネルの入口左手に掘られていたトンネル。 おそらく鉱山採掘のために掘られたものでしょう。

 

 

 

2009_0719_063 素掘りの天井からピチャピチャと落ちてくる冷たい雫を背中に受けて約400mをヒヤヒヤ走り抜けると、紅葉のメッカ、中津峡。

交通量が極めて少なく、快適なダウンヒルが楽しめました。

 

 

2009_0719_065 当初は西武秩父駅まで戻る予定でしたが、さすがに疲れ切ってしまい、秩父鉄道三峰口駅で電車の人となりました・・・。

 

 

 

2009_0719_069 で、西武秩父からは特急でまったり(笑)

 

 

 

 

本日の走行距離80km。
いよいよ夏休みシーズンに突入です。 自転車関連雑誌には、旅のプラン特集が目白押しですね。
やはりカラッと涼しい信州の峠や高原ははずせないのですが、アレもコレも・・・とつい目移りしてしまいます(笑)
思い出に残るツーリングに出かけたいものですね。

 

 

|

« JOS 431C/FCD/FU | トップページ | 英国 Terry's Handlebar Watch Clip 1930/50s »

サイクリング」カテゴリの記事

コメント

SHさん

秩父にはこれから走りたい峠がまだまだ沢山あります。
峠を越えた集落のちょっとした裏道の雰囲気が良さそうですね。
また佐渡島に行ってこられたのですか!
では土産話を聞かせてもらいながら一杯やりましょう。
ションベン横丁あたりでいかがですか?(笑)
また連絡くださいね。

投稿: さだぼん | 2009年7月25日 (土) 22時52分

今日わ! 299号は、トンネルを抜けると19年前に日航機事故のあった群馬県上野村に出ますね。二子山は、35年前に岩登りで通いました。八ヶ岳の友人の遺した山小屋に通うルートです。二子は岩登りのゲレンデでは、関東唯一の場所です。黒澤映画かマカロニウエスタンに出てくる様な日チィ鉱山にもいったんですか。 
17日から22日まで又佐渡島に行ってきました。
2日は嵐、2日は晴れでよかったです。佐渡島の中央にドンデン山(1000M)からの眺めは最高でした。
浜名湖か御前崎に行こうと思ってます。その内、飲みたいです。

投稿: SH | 2009年7月24日 (金) 11時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« JOS 431C/FCD/FU | トップページ | 英国 Terry's Handlebar Watch Clip 1930/50s »