« 英国 Sturmey Archer "ASC" 1950 | トップページ | 旧塩尻峠 高ボッチ山(1664m) »

2009年6月 7日 (日)

横沢小机林道 梅野木峠(630m)

2009_0607_017 クラシックバイシクルの掲示板「RRCB」でUGの兄♭♭♭さん達ご一行が紀伊半島の矢ノ川(やのこ)峠に行かれた様子を拝見し、近場でよいからダートの峠を走ってみたくなりました。

2009_0607_002 武蔵五日市方面へ向かう途中で立ち寄った大悲願寺。
1191年に源頼朝の命で建立されたといいます。 現存する仁王門は1859年に再建されたものですが、それでも左右に配された仁王像とともに大変な風格を示しています。

 

 

2009_0607_004 仁王門に立ってふと見上げるとこのようなすばらしい天井絵が。
これほどの優れた文化財が普段サイクリングで行き来する五日市街道のすぐそばにあるとは知りませんでした。

 

 

2009_0607_009 さて今日の目的のひとつ、横沢小机林道は大悲願寺の少し手前のここが起点です。

 

 

 

2009_0607_010 石の道しるべには「右 大久野青梅」とあります。
五日市から青梅へ抜ける街道として古くから存在したのでしょうか。

 

 

 

2009_0607_012 ほどなく、このような里山風景が広がります。

たまたま残った里山ではなく、多くの人たちの運動と努力によって大切に「残された」里山であると聞きます。 東京ではもはやここと多摩丘陵の一部でしかこのような風景を目にすることは出来ないのでしょうか。

 

2009_0607_013 地元小学校の子供たちが作った案内板に心癒されます。

 

 

 

 

2009_0607_015 ところがさらに踏み込んでいくと、タイトル写真でもお分かりいただけるとおり、ダートとは言え、大きな石ころと土石流で深く刻み込まれた路面のため、ハンドルを取られっ放しであやうく転倒しそうな場面も。

ここはおとなしく押し歩きとなりました。

 

2009_0607_018_2 さしたる標高はないものの、このようなヘアピンカーブで高度をかせいでいきます。

 

 

 

2009_0607_020 距離にしてわずか2kmの横沢小机林道のダート押し歩きを楽しんだあとは、梅野木峠を目指します。

途中、肝要の里でみかけた、風情ある建物にて。

 

 

2009_0607_023 さて温泉施設「つるつる温泉」あたりまでは平井川のせせらぎを聞きながらのんびりした登坂を楽しんでいましたが、温泉の手前辺りから急に勾配が変わります。
途中、多少緩む箇所があるものの、平均11~12%といったところでしょうか。

 

 

2009_0607_024 もうこのあたりになると写真撮影を口実に、自転車を降りることがたびたび・・・(笑)

で、峠頂上の数百m手前でとうとうギブアップ・・・。 押し歩きです。 しかもペダル踏むのに売り切れた脚は押し歩きさえ拒否しているかのよう・・・(笑)

 

2009_0607_030 で、ようやくたどり着いた頂上。 眺望はその苦労に十分応えてくれるものでした。

ここでオニギリをパクつき、例によってアルコールバーナーでコーヒーを淹れました。

 

 

2009_0607_031 ひっそりと隠れた場所に立っていた峠の石碑。

ここが「梅野木峠」という名前だったことも、これを見てはじめて知りました(笑)

 

 

2009_0607_032 頂上を目指しているときから、僕を追い抜いていたローディや四輪が引き返してきたのはこれのせいだったのですね。

軍畑駅方面への下り道にこのようなゲートが。 でも自転車なら平気なはず、とこの道を下ることに。

 

2009_0607_033 途中、路面が苔むした箇所もあり注意が必要ですが十分乗車可能でしたよ。

そして林道終点もこのようにゲートで閉ざされていました。
どうりで登ってくるローディもいないわけだ・・・。

 

 

2009_0607_034 ゲートの反対側にはこのような注意書きがありました。

一般的な建前が書かれているだけだな、と左側の小さな注意書きをよく読むと・・・

 

 

2009_0607_035 なんと、そういうことだったのか・・・と愕然とさせられました。

自転車で各所の峠を走るたびに目に付くのが「不法投棄禁止」と書いた黄色い看板です。 不法投棄者と行政のいたちごっこは何とかならないのか、と日頃考えさせられるものがありましたが、それがために通行禁止の措置に及ばざるを得なかったとは、林道や峠を愛する者のひとりとして残念でなりません。

 

峠の名前がやっとわかったので、帰宅後ネットで「梅野木峠」を検索してみると、やはり皆さん「激坂」との評価で一致してるようです(笑)
京都北山花背峠が登れれば日本中の峠は・・・、なんて世の中甘くはないですね(笑)
本日の走行距離(含、押し歩き区間) 65km。

 

 

|

« 英国 Sturmey Archer "ASC" 1950 | トップページ | 旧塩尻峠 高ボッチ山(1664m) »

サイクリング」カテゴリの記事

コメント

いわのさん、こんにちは

私のロードレーサーは英国車を除くと、プジョーの72年製PX-10なんですが、イマドキのロードバイク買ったらもっと早く走れるのかなぁ・・・なんて(笑)
もっとも私はどんな車種にまたがったところで走り方は皆同じ(笑) 猫に小判ってヤツです。

投稿: さだぼん | 2009年6月13日 (土) 15時23分

自宅が小平なので奥多摩、奥武蔵を中心に走っております。
いまどきのロードレーサーがメインですので峠中心です。
現在、TOEIのスポルティーフとALPSクイックエースをレストアしています。

投稿: いわの | 2009年6月12日 (金) 07時24分

いわのさん

私は初めてでしたが「横沢入」との通称で結構有名みたいです、この里山。
MTBだと楽しめるのかもしれませんね、32Bだとチトつらいかな・・・。
風張峠、雪景色の時期に行って以来です。気持ちのよい峠ですよね。眺望も雄大ですし。
ぜひまた行きたいと思っています。
いわのさんは、やはり奥多摩が多いのですか?

投稿: さだぼん | 2009年6月11日 (木) 20時08分

こんにちは~
日曜日は、私も武蔵五日市経由で風張峠まで出かけていました。
武蔵五日市の途中にこんな林道があったんですねー

投稿: いわの | 2009年6月11日 (木) 15時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 英国 Sturmey Archer "ASC" 1950 | トップページ | 旧塩尻峠 高ボッチ山(1664m) »