« フェルメール Vermeer | トップページ | 英国 Sturmey Archer "AW" 1951 »

2008年10月 4日 (土)

小野路

2008_10040010 汗ばむ陽気に包まれた土曜日、さすがにジッとしていられずお昼ごはんを食べた後、小野路周辺をポタリングしてみようとプジョー・パシフィック18にまたがりました。

2008_10040007 家からのんびり走って小一時間。 現在の鎌倉街道を南進したバス停「別所」を右に折れるとすぐにこのような里山風景が現れます。

 

 

 

「布田道」と書かれた道しるべに沿って走るとほどなく現れたのがタイトル写真の切り通しです。 新撰組の近藤勇もこの布田道を通った、と案内板に書かれていました。

2008_10040012 その後まもなく鎌倉古道との合流点に到着です。 子育て地蔵に一礼したら右の鎌倉古道を進みます。

 

 

 

2008_10040015 鎌倉古道といわれているこの道、このように極めて狭く、落ち葉の下はツルツルの粘土層なのでタイヤが滑って走れません(MTBなら難なく走れるところでしょうが・・・)

 

 

 

2008_10040016 鎌倉古道を走り抜けると、今度は小野路交差点を経て小野路城址あたりを訪ねてみたかったのですが、どこをどう間違えたのか、小山田まで抜けてしまいました。

家に帰って調べると図師からふたたび小野路城址へ向かえる道があったようですが、地図ももたずに飛び出してきた僕に分かろうはずもありません(笑)

 

2008_10040022

田んぼでは稲刈りの真っ最中。

 

 

 

 

2008_10040028 結局、図師から小野神社を経由してふたたび小野路交差点に舞い戻ってきました。

写真はこのあたりで唯一、小野路宿の名残を残す「小島資料館」。

 

 

2008_10040042 最後は一本杉公園でひと息いれて家路につくことに。

 

 

 

 

古道を含む散策路が縦横に走っている小野路エリア。 リュックを背負って散策を楽しむ中高年の方が何人もいらっしゃいました。 次回はちゃんと地図をもって行きそびれた小野路城址あたりを再び訪ねてみたいと思います。 それにしても、多摩ニュータウンの開発でその姿を失った里山も多いと聞きますが、このように残された貴重な風景は大切に残したいものですね。

 

 

|

« フェルメール Vermeer | トップページ | 英国 Sturmey Archer "AW" 1951 »

サイクリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フェルメール Vermeer | トップページ | 英国 Sturmey Archer "AW" 1951 »