« 英国 R O Harrison "The Super Circuit" 1948 | トップページ | 英国 British Hub "Airlite" »

2008年9月 7日 (日)

料理人

Ryorinin 共感を覚えることも多々あり、時々拝見させてもらっているブログ「aki's STOCKTAKING」で以前紹介されていた「料理人」(ハリー・クレッシング著、ハヤカワ文庫、ISBN4-15-040011-3)を読んでみました。 面白かったので当ブログでもあらためて紹介するものです。

この本は何と言ってもこの表紙の装丁が内容をとてもよく表していると思います。黒装束に包まれた痩せっぽちの料理人。 でもその手には刃渡り8インチ以上あろうと思われる包丁が。 刃先が料理の素材だけに向けられているとは思えない印象を受けるのは読了した僕だけでしょうか。

2008_09070010 ところで今回、この本を手にしてとても気持ちよかったことがあります。 購入にあたってはいつものとおりまずamazon.co.jpで検索。 新古本が1円(別途送料340円)で売られていたので即注文。 届いた本は左写真のとおりキレイにハトロン紙でカバーされていました。

 

 

たった1円の商品とはいえ、このように1冊1冊を大切に扱っている古書店の愛情が伝わるようで大変気持ちよく読むことが出来ました。 お送りくださった大阪の「雪加書店」さんにお礼申し上げたい気持ちです。

 

 

|

« 英国 R O Harrison "The Super Circuit" 1948 | トップページ | 英国 British Hub "Airlite" »

それ以外のこと」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。