« 革サドル | トップページ | Lou Reed »

2007年11月18日 (日)

名栗湖

先月の奥日光以来、約1ヶ月ぶりのサイクリングに出かけました。目標は飯能の先、名栗湖です。

朝9:30に家を出て、いつもの通り五日市街道を西へ、そして日産村山工場跡をすり抜けて青梅街道へ。八高線沿いに飯能駅へ到着したのが10:50でした。

200711181131000 旧街道の名残でしょうか。県道70号を走っていると、ところどころにこのような石仏を見ることが出来ます。

 

 

 

200711181136001 これもまた趣きのある石灯篭ですね。

 

 

 

 

200711181213000 県道70号から県道53号をさらに北上すると、このような古めかしい郵便局が建っていました。この隣に現在の窓口が設置されており、今は使用されていないようです(帰宅後調べてみたら昭和4年の建築だそうです)。

 

 

200711181239000 ようやく今日の目的地、名栗湖に到着しました。しかし、県道から左折した途端、10%以上はあろうかと思われる急坂が待ち受けており、距離は短かったものの汗びっしょりになって立ちこぎの末、なんとか到着することが出来ました。

碑には昭和60年と記されていました。ちょうど僕が会社に入社した年ですね。比較的まだ若い人造湖のようです。

 

200711181228002 埼玉県内では紅葉の名所のひとつのようですが、残念ながらまだ早かったようです。

湖を一周しようかと思ったのですが、道路が途中で崩落しているとかで全面通行止めとなっていました。

 

 

ところで今年の春、会社の同僚が「Cafe shopを始める」と言って退職したのですが、そのお店がこの近くと聞いていましたので、様子を伺ってみることに・・・(笑) ここから約1kmのところにほぼ完成間近の黄色い外壁の洒落たCafeを見つけることが出来ましたが、あいにく工事関係者も誰も不在で会うことは叶いませんでした。12月オープンと看板に書かれていました。うまくいくといいですね。

200711181308000 さて、日が暮れるのも早いので家路につくことにしましょう。これは今回のコースを設定する際、是非見てみたいと思っていた「名栗川橋」です。

大正13年(1924)に架けられた橋ですが、コンクリート造りながら何とも懐かしい風情を漂わせていますね。埼玉県の有形文化財だそうです。あちらから、こちらから・・・と写真を撮りまくりました。

200711181316000 そしてもうひとつ、名栗の名物?というと・・・。この「庚申の水」でしょうか。道端にこのような水場があります。

車1台につき100円、と書かれていましたが、自転車の僕はとりあえず手をゆすいでひと口だけ喉を潤させていただきました。「まろやかな・・・」とのことですが、そう言われるとそうかも・・・(笑)

 

200711181344000 同じ道を辿るのも面白くないので、原市場から右折し、山王峠を越えて帰ることにしました。

この峠には「10%」との黄色い標識が出ており、またまた汗をかきかき登りました。でも距離が短くて助かりました・・・。

 

200711181419000 ところが山王峠を越えるとまた坂が・・・。

大した勾配でもなかったのでホッとしましたが、頂上付近に写真のような「笹仁田峠」との標識が。この標識、歩行者でも気づく人はなかなかいないのでは、と思えるほどひっそりと雑草に混じって佇んでいました。

 

 

総行程80kmながら約1ヶ月ぶりということもあり、また結構な峠に出くわしたこともあり、今日は疲れました・・・(笑)

実は一昨日、1泊2日で受検した人間ドックの体力測定で、持久力が大幅にポイントアップしており、体力年齢も昨年より1歳(ということは実年齢より2歳!)若返っていたことから気を良くしていたのですが、やはりこまめに継続しないとダメですね(笑)

でも、ことさら「運動しているんだ」ということをほとんど意識せず、景色や風物を楽しんでいるだけで、結果的にいい運動が出来たことになっているサイクリングって、やっぱりいいものですね!

 

|

« 革サドル | トップページ | Lou Reed »

サイクリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 革サドル | トップページ | Lou Reed »